授乳・母乳・ミルク 生後0ヵ月~12ヵ月 育児の悩み・疑問

乳腺炎を救った「桶谷式母乳マッサージ」体験談

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

筆者の下の子が2カ月になったころ、乳腺炎になってしまいました。

悪寒、発熱、嘔吐、関節の痛みを感じ、何かウイルス性の風邪にかかったのかと思ったのですが、おっぱいを見ると赤くなっている。。。これはもしや乳腺炎では!?

と思い、乳腺炎になったことのある友達に相談をしたら「桶谷(おけたに)式母乳マッサージ」を紹介してもらいました。

ではその「桶谷式母乳マッサージ」とは何でしょうか?



痛くないマッサージ!

創始者の桶谷そとみ先生が考案された母乳マッサージです。

乳腺炎になるとよくしこりがある部分をゴリゴリやって痛いなんて聞きますが、桶谷式では乳房の基低部(おっぱいの底辺)の伸展性をよくしておっぱいをスムーズに出すマッサージ(おっぱいを体からはがすような感じです)で、痛みを伴いません。

乳腺炎への対処だけでなく、母乳の出が悪い方、よすぎる方、良質な母乳を出したい方、断乳など、母乳の悩みを解決してくれます。

きちんとした手技をもつ方によるマッサージ

桶谷式マッサージは誰でもできるわけではなく、きちんとした認定を受けた方がしてくれます。

母乳の仕組み、おっぱいの構造を知り尽くしているので、むやみやたらにマッサージはしません。また、助産師の資格を持っているので、ママ達はとても安心できます。

全国300か所にある!

全国300か所(毎年増えています)にあるので、気軽に通えます。万が一の時のためにご自身のお住まいの地域を検索してチェックしておくことをおススメします。

乳腺炎になったら桶谷式じゃなきゃだめ?

いえ、ダメというわけではありません。外来で診察を受け、抗生物質などを処方してもらうこともできます。
でもその場合は、母乳をあげることはできなくなり、薬を飲んでいる間は断乳となります

また、出産した産科で助産師さんにマッサージをしてもらうことも可能ですが、すべての人にきちんとした知識があるとは限らないようです。

ご自身に合った選択をするのが一番かと思います。

桶谷式母乳マッサージ体験談

これは筆者が実際体験して感じたことです。結果から述べれば、桶谷式母乳マッサージに出会って本当によかったです!

すぐにマッサージをしてくれた

乳腺炎の症状に苦しみ、それはもうすがる思いで電話をかけました。すると、「今日○時なら空いているからすぐに来なさい!」とのこと。

夜遅くてもやっているんだなと思ったら、それは間違い!時間外なのに受け付けてくれたのです。

やはり乳腺炎は放っておけばおくほど、悪化するものですので、早めにマッサージを受けられてよかったです(先生に感謝ですね)。



定期的にメンテナンスする方がよい

筆者は最初3日間くらい続けて通い、その後1週間、2週間と徐々に時間をあけて、最終的には1カ月間隔で通っています。

なぜ1カ月間隔で通っているのかというと、メンテナンスです。また乳腺炎にならないように、予防の意味も込めて通っています。

もう二度とあの苦しみは味わいたくないですから。乳頭に「白斑」ができているときは「こっちのおっぱいのここら辺が詰まってきているから気をつけてね」と教えてくれるので、注意して授乳をすることができます。

予約でいっぱい!!

お子さんをお持ちの方は「桶谷式」というマッサージがあることを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

それくらい浸透しているマッサージですので、はやり人気で、常に予約がいっぱいの状態です。

筆者が通っているところは2週間先まで予約で埋まっている状態です。

急な乳腺炎などはそれ以外でも受け付けてくれるようですが、確実ではありません。

おっぱいの悩みを解決してくれる桶谷式母乳マッサージ

個人個人で母乳の出は違うものです。母乳の出が悪い人、母乳は出るのに赤ちゃんが飲んでくれないという人、いろいろな人が通っています。

桶谷式母乳マッサージは「母乳育児相談室」という名前が付いているのですが、その名の通り、母乳以外でも育児の相談にも乗ってくるので、ママにとってとても心強い味方になってくれますよ!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします