女性の健康

松浦亜弥も患った女性の10人に1人は抱える病気「子宮内膜症」ってどんな病気?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

「子宮内膜症」という病気を聞いたことがありますか?最近では松浦亜弥さんがなったことで知っている人もいるかと思います。

今回は子宮内膜症がどのような病気なのか詳しくみていきたいと思います。



「子宮内膜症」ってどんな病気?

子宮内膜症とは、子宮内腔にしか存在しないはずの子宮内膜や子宮内膜様の組織が、子宮以外の場所にできる病気です。

あるべき場所ではないところにも子宮内膜が認められるような病気である、ということです。子宮内膜症は不妊症の原因にもなりうるので注意が必要です。

10人に1人が発症

20代から40代の女性を中心に急激に増えており、およそ女性の10人に1人が、子宮内膜症があると考えられています

そして、妊娠したことのない女性に多いことも知られています。

原因は?

では、子宮内膜症の原因は何なのでしょうか。実ははっきりとした原因はわかっていません。

しかし、有力な仮説は、月経時に剥がれ落ちた子宮内膜の一部が、卵管を逆走して卵巣や腹部臓器に達して増殖し、そのまま根付いてしまうという説が最も有力視されています。

その他に生まれつきという説や、腹膜になるはずの組織が子宮内膜と似た組織に変化して子宮内膜症になるなどいろいろな説があります。

どういう人がなりやすいの?

子宮内膜症になりやすい年齢は20代~40代の女性であると言われています。

また、月経周期が短く、月経の期間が長い人のほうが子宮内膜症になりやすいともいわれています。

他にも遺伝的な要素もあるともいわれています。ストレスの多い人などが子宮内膜症になりやすいというデータや、妊娠出産経験の多い人に子宮内膜症が少ないというデータがあります。

一般の人は5-10%の頻度でみられるのに対し、不妊症では20-30%にみられ、不妊の原因のひとつと考えられています。

しかし、閉経を迎えると卵巣からのホルモン分泌がなくなり、子宮内膜症の症状も治まってきます。



どんな症状になるの?

子宮内膜症になった場合、どのような症状が出るのでしょうか。早期発見し対処できるようにしておきましょう。

月経痛がポイント

子宮内膜症は、全く症状のない人から、「急性腹症」といって開腹手術が必要な激しい腹痛が起こる人まで症状は様々です。

しかし、一番わかりやすく、自覚症状で最も頻度の高いものが、月経痛です。それも、痛い時もあれば楽な時もある、いうのではなく、

月経の回数を重ねるごとにだんだん痛みがひどくなるのが特徴です。

下腹部の痛みや腰痛がひどくなり、それまで飲んでいた鎮痛薬が効かなくなった、あるいは月経時の出血が多くなり、今までのナプキンでは間に合わなくなったという人もいます。

月経期間中に排便時の痛みや下痢があったり、頭痛や吐き気、嘔吐、発熱などが起こることもあります。

こうした症状が月経時以外に起こるようになったら、ある程度内膜症が進んでいる可能性が高くなります。

そのほかの症状

月経痛以外の症状としては、月経時以外の下腹部痛、腰痛、性交痛、排便痛が主な症状です。他にも不妊症による痛みも症状の一つです。

こうした症状は、子宮内膜症の病巣の位置や進行の程度を知る手がかりにもなりますから、恥ずかしがらないできちんと医師に伝えましょう。

早期発見をして対処しよう

先にあげた症状が出た場合は、放置せずに早めにお医者さんにいって診断を受けましょう。

自己判断をしたり、放置しておくことはやめ、なるべく早く婦人科を受診したほうが良いでしょう。

早期発見は、病気の進行を抑えたり、症状を軽減することに効果的です。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします