兄弟・姉妹 育児あるある

2人目育児あるある5つ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

1人目とは違って、いろいろな経験や知識があるので2人目は育てやすいなんて言いますよね。

確かに、ママとしての経験も積んでいるし、何かとやりやすいのかも!そんな2人目育児ですが、いろいろなママたちが感じている「2人目育児あるある」をご紹介したいと思います。

2人目育児を経験された方は「あぁ!分かる!」、これから経験する予定の方「こうなるのか~」と思うと思いますよ!



写真の数に違いが出る

初めての子は、毎日が初めてづくしでとにかくパシャパシャ写真を撮っていませんでしたか?特に今は携帯で気軽に撮れるので結構な写真の量になっていると思います。

2人目はというと、やはり写真が少なくなってしまうんですよね。もちろん写真は撮りたいんです!

だけど、そのようなことを考えている暇がない!そして、手元に携帯がない!取り逃がすということの繰り返しです。こればっかりは2人目の宿命ともいえるのでしょうか?

写真をできるだけ残すために

筆者はできるだけ思い出として残せるように、携帯のアプリで月に1冊アルバムを制作していました。



基本的におさがり

1人目でほとんどのものがそろっているのでやはり2人目はほとんどがお下がりになってしまいます。洋服もそうですが、育児用品なども基本はお下がりですね。

劣化していれば買い換えることもあるかもしれませんが、多少の傷などでは買い換えないことがほとんどでしょう。

性別が違っても洋服はお下がりを使う人がほとんど

2人目が同じ性別の場合はお洋服ができますが、性別が違うとお下がりはできないんじゃないかと思う人も多いですが、実は結構お下がりきせちゃってます(笑)。

肌着、パジャマは見えないものなので、気にせずに着せている人がほとんどですね。

下の子は背中でおんぶの時間が長い

初めての子の場合、その子だけに時間を費やせるので、多少いろいろなこと(家事、食事など)の時間が押してもなんてことはなかったのですが、2人いると、赤ちゃんに構いっきりになっていられなく、寝かしつける時間も惜しくなるので自然と2人目をおんぶして家事をすることが多くなります。

おんぶをしていればスムーズに家事ができる

おんぶだと両手が空くので、その状態で家事がサクサク進みます。また、心地よい揺れなのか、おんぶされている方もすぐに寝ちゃいますよ。

下の子はいろんなデビューが早い

上の子の行動に合わせることが多いので、外出、食べ物(とくにおやつ)、病気などいろいろなデビューが多くなります。初めての子はいろいろと神経質になっていたのが、2人目はいい意味で「適当」になっていきますね。

下の子はどうしても病気にかかりやすい

特に上の子が幼稚園や小学生だと、ウイルスを持って帰ってきやすいので、下の子も病気デビューが早かったりします。また、上の子の用事でいろいろと外に行かなければならないので、それも理由の一つですね。

上の子の成長に感心する

赤ちゃんの成長ばかり気に留めやすいですが、ふとした瞬間に上の子がとても成長していることに気が付きます。ママが忙しくしているときに、下の子をあやしていてくれたり、気にとめていてくれたりすると、ママとしてはちょっとうるうるしてしまいます。ママが下の子に接している姿をよく見ている証拠ですね。

上の子も大事にしないといけない

ママはどうしても下の子のお世話を優先しがちですが、上の子だってママを必要としています。できる限り上の子にも目を配ってあげてくださいね。

なんにせよ2人とも可愛いのは間違いない!

ここまであげてきた「2人目育児あるある」をまとめると、どうしても2人目は適当になってしまう傾向がありますが、上の子も下の子もどちらも可愛いのは間違いない!ということだけは声を大にして言いたいです(笑)

ママはどちらも同じように愛しています。ママが育児に慣れたからこその「2人目育児あるある」なのかもしれませんね!(と筆者は自分に言い聞かせています。)


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします