旦那

家事と育児を手伝ってくれる旦那が与える5つのメリット!手伝ってもらうポイントは?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

今は「イクメン」なんて言葉がはやっていますが、本当に育児に参加してくれる旦那はありがたいものです。

さらに、家事にまで参加してくれたら、ママとしても最高ですよね。

そこで、家事にも育児にも積極的に参加して手伝ってくれるとどれだけのメリットがあるのか筆者の体験談も踏まえながらお話したいと思います。



ママのイライラが激減!

子育てに家事にママはゆっくり休む暇もなく動いています。

自分の思うように毎日が過ぎていかないママはちょっとしたことでイライラしがちです。

そんな中、パパから「食器洗うよ」と一言言われてみるとどうでしょうか?

ママとしては「ほんとに!?」とうれしい気持ちになりますよね。イライラが吹っ飛んで行ってしまいます。

【関連記事】
世の旦那様へ!妊娠中の家事で手伝って欲しい事6選

少しのミスは許してあげて

家事のスペシャリストのママからしてみれば、パパが手伝ってくれる家事はなんだかパーフェクトには見えないかもしれません。

いつもの自分がやっているやり方と違ったりするかもしれません。

でもそこは目をつぶってあげてください

下手にケチをつけてしまうと、次からやってもらえなくなるかもしれませんからね。

直してほしいところは機嫌のいいときに言う

なにか気付いた点があれば、お互い機嫌のいいときに「それは~やってほしいな」と言ってみるのもありですね。

※お互いというのがミソです。どっちかがイライラしていると言葉にトゲが出てきてしまいますから(笑)

子どもがパパ好きになる

「お風呂にいれる」、「オムツを換える」、「遊んでくれる」など育児を手伝ってくれるのもママにとっては助かります。

普段仕事でいないパパですので子どもたちもパパが相手をしてくれることで特別感を味わえます。

また、「パパ大好きっ子」になることも間違いなしです!

子どもにとってパパは特別

悔しいけれど、子どもにとってパパって特別なんです。

筆者の子どもはパパが帰ってくると玄関に走ってお出迎えに行きます。

それくらいパパって特別なんですよね。

そんなパパが一緒にお風呂に入ってくれる、遊んでくれたら子どもにとって最高です。



休日が充実できる

休日は家族みんなでお出かけすることが多いですよね。

でも、いつものようにママがすべての家事をしていたら、家を出る時間も遅くなってしまいます。

たとえば、ママが洗濯物を干しているときに、食器を洗ってくれたり、子どもたちの着替えをしてくれると、時間が短縮できてお家を出る時間が早くなります。

そうすれば遊ぶ時間もおのずと増えますので、家族みんながハッピーになれますよね。

【関連記事】
家事は家電に任せる時代!?最新家電が主婦の時間を2時間30分も増やしてくれる

出発時間を決めるのもアリ!

前日にでも出発時間を決めておけば、それに向かって協力して家事をすすめられるかもしれません。

筆者はそのようにして家事を分担して休日を充実して過ごせるよう、前日に大体の行動をパパに伝えておきます。そうすると楽ですよ!

パパが家事を手伝うと良い!という研究結果も!?

海外では、パパが家事を手伝っている家庭の子ども(特に女の子)は将来野心家になり、人生に好影響を与えるという研究結果が出ているようです。

子どもは親の背中を見て育っているんですね。

パパには言葉で伝えることが大切

うちの旦那は手伝ってくれない!なんて思っているママも多いと思います。

でも、本当に男の人って鈍感なんです。

こっちが態度で示しても気づかないことなんて普通かもしれません。

そんな時は、こちらの意思を言葉で伝えてみましょう。

「食器洗ってもらってもいい?」「子どもたちお風呂にいれてもらってもいい?」など言葉にすることによりパパも動いてくれますよ。

「ありがとう」は忘れずに!

手伝ってくれたときは、ママも素直に「ありがとう」を言葉で伝えましょう。

ありがとうと言われて嫌な思いをする人はいないですよね。

感謝の言葉をもらうと「またやろう」というふうに思えますので、きちんと伝えましょう。

パパが家事・育児をしてくれると本当に助かる!

家事・育児は旦那さんが思っているより本当に大変です。

それをひとつでもパパがしてくれるだけでママはかなり助かります。

筆者の旦那も最初はあまり手伝ってくれる人ではありませんでした。

仕事から帰ってくれば、テレビ見てグータラしてるタイプだったのです。

でも少しずつ家事・育児をしてくれるようになって、今ではこちらから何も言わなくてもすすんでしてくれます。

そうするためには結局はママがパパをうまく動かさなきゃいけないんですよね(笑)頑張れママ!

【関連記事】
あなたはもうパパなのよ!父親の自覚を旦那に持たせる5つのテク


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします