命名・名前

9月生まれにピッタリな男の子の名前459個集めてみた

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

夏から秋に移行する時期である9月。

残暑が厳しく30度を超える日も少なくありませんが、中旬~下旬にかけては、秋らしい自然の空気を肌で感じられるようになります。

9月出産予定のママは、夏の暑い時期に妊娠後期を過ごすことになりますね。

夏は暑さのために薄着をしたり、冷たいものを飲んだりと体が冷えやすいものです。

冷え対策を万全に、元気な赤ちゃんを産んでくださいね!では、9月生まれにピッタリな男の子の名前、ご紹介します!



9月の呼び名から付ける名前

9月の陰暦には『長月』や『夜長月』があります。

暑さも和らぎ、日の入りが早くなる秋の夜を穏かに過ごす、そんな秋を想像しながら男の子の名前を考えてみました。

『九』を使う名前(14)

葉九(はく)、羽九亜(はくあ)、穏九(しずく・やすき)、九穏(くおん)、和九(わく)、泰九(やすく)、九和(かず・かずわ)、平九(はるく)、九等玖(くらく)、蔵九(くらく)、九楽(くら・くらく)、

9月の異名から考える(144)

● 長月・夜長月より…長(つかさ・たける・ひさし・まさる・たけし)、長月(たつき・おづき・ひつき)、長夜(たけや・ひさや・まさや・みちや)、夜長(よたけ)、夜月(やづき・よづき)

● 玄月より…玄月(くろき・くづき)、玄(けん・げん・はじめ・ひかる・ふかし)、玄人(げんと・けんと・はると・ひろと)、玄趣(けんそう・ひろとし・のりとし・はるとし)、玄実(はるみ・ひろみ)

● 色取月より…取色(しゅき・しゅいろ)、色取(しきと・いろと)、取羽(しゅう)、取月(とづき・しづき)

● 菊月・菊開月・菊見月より…菊月(きづき・あづき・ひづき)、開菊(ひらき・かいき・あき)、菊開人(ひらと)、菊介(きすけ・あきすけ・ひすけ)、見菊飛(みきと)、菊開(ひらく)

● 晩秋・暮秋より…晩秋(かげあき)、暮秋(くれあき)、秋暮(しゅうく・しゅうほ・ときほ・あきほ)、暮晩(くれお)、秋晩(あきお・ときお)、暮人(くれと)

● 濃染月・木染月より…濃(あつし・じょう)、濃染(のう)、染月(しづき・そうき)、染木(せんき)

● 詠月より…詠月(よづき)、詠須月(えいすけ)、詠良(うたら)、詠(うた)、詠一(えいいち)、詠馬(えま・えいま)、詠李(えいり)、詠優(えいゆう)、詠成(えいせい)、流詠(える)、詠斗(えいと)

● 季秋より…季秋(きあ・ときあき・きあき・きあ・ひであき・としあき・きしゅう)、秋季(あきとき・あきひで・あきとし・あき)、秋(おさむ・あきら・あき・みのる・しゅう)、秋海季(しゅうき)、秋季良(あきら)

● 霜辰より…霜辰(そうた・ししん)、辰(しん)、辰霜(しんじ・たつし)、霜秋(そあ)、秋辰(しゅうた)

● 末秋より…秋末(あきま・あきすえ)、末秋(ひろし・ひでし)

● 涼秋より…涼秋(りょうあ・りょうや・りょう・りき)、秋涼(あきり・りょう・りょうすけ・あき)、涼季秋(りきあ)、涼登秋(りとあ)、秋涼人(あまと・ききと)

● 梢の秋より…梢太(しょうた)、梢秋(しょうき)、秋梢(しょう)

● 紅樹より…紅樹(こうき・こうじゅ)、樹紅(きいろ・じゅい)、紅太(こうた)、空紅秋(あくあ)、高紅(たく・こう)、紅矢(こうや)

● 凄辰より…凄辰(せいしん・せいた)、凄也(せいや)、凄大(せいた)、泰凄(たいせい)、斐凄(ひさむ)、維凄(いさむ)

● 彩る月より…彩月(あやき・あき)、彩秋(さいき・さいあ)、彩斗(あやと)

9月の『風物詩』から付ける名前

9月の風物詩はお月見だけではありません。

秋を感じる風物詩から、男の子の名前を考えてみました!

9月の風物詩を使って(29)

● 動物愛護週間より…護(まもる)、絆人(はんと)、愛護(あいご)、愛絆(あいき)、動愛(いつあ)

● 栗より…栗人(りつと)、亜栗(あぐり・あくり)、栗秋(くりあ・りつあ)、栗太郎(りつたろう)、想栗(そうり)、真栗(しんり)

● 稲刈より…稲矢(とうや)、稲成(とうせい)、稲里(いなり)、早稲(さいね)、亜稲(あいね)、稲史(とうし)

● 秋雨前線…長雨生(なうき)、雨季良(うきら)、秋雨(しゅう)

● お彼岸より…萩(しゅう)、萩真(しゅうま)、彼方(かなた)、彼芽(かなめ)、陽彼(はるか)、南岸(なぎし)、岸夜人(きよと)



9月の『イメージ』から付ける名前

9月は秋分の日がありますね。

太陽が秋分点に達すと、昼夜の長さがほぼ等しくなります。徐々に夜が長くなり、秋の夜長を楽しむ時期がやってきます。

秋らしいきれいな季語などを使い、秋を表す名前を考えてみました。

『秋』を使った名前(32)

碧秋(あおと)、秋生(あき・しゅうき)、秋高(あきたか)、秋人(しゅうと・あきと)、深秋(みあき)、龍秋(りゅうと・たつあき)、結秋(ゆいと)、秋悟(しゅうご)、秋平(しゅうへい)、秋飛(しゅうと・あきと)、秋太郎(しゅうたろう)、秋星(しゅうせい・あきほ)、秋治(しゅうじ・あきはる)、秋馬(しゅうま)、陸秋(りくと)、飛秋(とあ・ひあ)、秋(しょうと)、州秋(しゅうき)、友秋(ゆうと・ともあき)、優秋(まさとゆうと)、秋介(しゅうすけ)、秋矢(しゅうや)、秋海(しゅう)

9月の季語を使った名前(26)

仲秋(なかと)、秋夜(あきよ・しゅうや)、薄(すすき)、桔梗(ききょう)、桔平(きっぺい)、薄希(すすき・すずき)、萩(しゅう)、観月(みつき)、秋海(あきみ・しゅう)、秋刀(あきと・しゅうと)、秋水(あきみ)、梗介(きょうすけ)、千草(ちぐさ)、夕月(ゆづき)、竹実(たけみ)、爽(そう)、立待(りつま)、初潮(うしお)、秋燈(あきと・しゅうと)、朔(さく)、水澄(すいき)
 
 
(なお、秋生まれにちなんだ名前に関しては、「秋生まれの男の子に「秋を感じさせる」かっこいい名前200個集めてみた」でも、詳しく紹介しています。)

9月に旬を迎える『植物・果物』から付ける名前

9月に花を咲かせる植物や旬を迎える野菜などを集めてみました。

9月を代表する植物より(53)

● 金木犀より…秋金(あかね・あきかね)、秋木羅(あきら)、金犀(きせい)、犀樹(さいき)、犀矢(せいや)、大犀(たいせい)

● 花虎ノ尾より…虎ノ介(とらのすけ)、花虎(はるとら)、虎々(たけとら)、虎龍(こりゅう)、秋虎(あきとら)、虎優(こう)、虎雅(こうが)

9月に旬を迎える野菜より(39)

● 南瓜より…南瓜(よしか・みなか)、南瓜人(なかと)、瓜南(かなん)

● 里芋より…里瑠(さとる)、里(さとし)、真芋(まさと)、来芋(こう)、優芋(ゆう)、芋味(うみ)

● 蓮根より…蓮(れん・はす)、根樹(もとき)、蓮根(はすね)、一根(かずね)、根秋(こあ)、根茂(こすも)、根宇谷(こうや)

● 人参より…参(まいる・しん)、参人(さんと・みつと)、参瑠(みつる)、参治(しんじ)、人成(ひとなり)、実人(みひと)、人(ひとし)、人々(きよと)

● 胡麻より…胡麻(こあ・こあさ)、大胡(だいご・まさと)、優胡(ゆうご)、胡大(ごだい)、胡矢(こうや)、麻登(あさと)、麻陽(まひろ)、陽麻(はるま)、麻郷(まさと

9月に旬を迎える果物より(28)

● 葡萄より…秋葡(あきほ)、菖葡(しょうぶ)、萄矢(とうや)、萄馬(とうま)、秋萄(しゅうと)、南萄(みなと)、秋萄(あきと・しゅうと)、葡瑠(ほたる)、葡雅(ほうが)

● 和梨より…日和(にちまさ・ひとし)、梨一(りいち)、生梨(しょうり)、希梨矢(きりや)、梨和(りちか)、和(やまと・ひとし・やすし・やわら・あつし)、和実(かずみ・ますみ・まさみ・ともみ・たかみ)、果和(はたやす・はたとし)
 
 
(ちなみに、花にちなんだ名前に関しても「誕生月の花言葉から考える男の子の名前!1月~12月まで各月ごと解説」や、「男の子でも使える「花の名前」を使った素敵な名前100選」で、紹介しています。)

9月の夜空から付ける名前

9月の行事にある『お月見』。

十五夜にはきれいな満月が見られますね。ここでは、月にまつわる男の子の名前をご紹介します。

『月』を使った名前(38)

月輝(つき)、色月(いつき)、楽月(もとき)、満月(みつき・みづき)、希月(きづき)、月空(つきあ・つき)、空月(あづき・あつき)、星月(せづき)、月飛(つきと)、優月(ゆづき・ゆうき)、陽月(はるき・ひろき)、弓月(ゆづき・ゆいき)、結月(ゆづき・ゆうき)、悠月(ゆうき)、月羅(きら)、発月希(はつき)、秋月人(あきと)、新月(にづき・しづき・あらき)、樹月(きづき・じゅき)、満月(みづき・みつき・まづき)、月(るな)、月人(つきと・るなと)、月神(しん)、月神人(きしと)

『お月見』にまつわる名前(24)

中秋(なかあき)、満晩(みちかげ)、宵(しょう)、宵夜(しょうや)、薄(すすき・いたる)、穫(みのる)、供穫(ともえ)、薄供(はく)、初稲(ういと・はつほ)、穂黄(ほおう)、衣被(いおう)、宇多(うた)、収祝(しゅう)、収祭(しゅうま)、供穀(ともより・ともよし)、東昇(とうしょう・あきのり)、明照(あきてる)、望(のぞむ・のぞみ)、澄空(きよあ)

季節を感じる名前のメリット

命名には様々な方法があります。

どのような観点からの名付けが良いか悪いか、ということはありません。

どのような方法でも、パパとママの愛情が込められていること、それが素敵な名前であると言えますね。

では、季節を感じる名前を付けることには、どのようなメリットがあるのでしょう!?

生まれたその瞬間の思い出を…

生まれ月にちなんだ名前を付けると、

「○○ちゃんが産まれたときは秋風が冷たくてね…」
「大きなお腹でお月見をしたのよ」
「○○の花がきれいに咲いていて…」

など、妊娠中または名前を考えていたその瞬間の思い出を表すことにもつながります。

簡単に決めることができず、悩むママはとても多いでしょう。

そのためにも、出産予定日にちなんだ名前の候補を、異なるパターンでいくつか考えておくことも、季節感を出す命名のコツのひとつです!

将来、子どもが大きくなったときに、名付けの由来について一緒に楽しくお話できる日を楽しみに、素敵な名前を考えてあげてくださいね!


この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします