子供の教育・成長・遊び

ひなまつりの由来ってなに?大人が理解して子供に分かりやすく伝えよう!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

「ひなまつりってな~に?」って子供に聞かれたらうまく答えられますか?

3月3日は、桃の節句。女の子のいる家庭では、お雛様を飾り、ちらし寿司などを作って娘の成長をお祝いしますよね。

初節句となれば、おじいちゃんやおばあちゃんも一緒に、孫の成長をお祝いしてもらうことも多いかと思います。

そのひなまつりについて、子供に「ひなまつりってな~に?」と聞かれたら、答えられますか?



ひなまつりの由来

そもそも、ひなまつりはいつ、どのように誕生したものなのでしょうか。

ひなまつりのはじまり

ひなまつりのはじまり、実は定かではないようです。

平安時代の京都ですでに「雛あそび」と言う名で、貴族の女の子の遊び事として行われており、この当時はまだお祝い事のような行事ではありませんでした。

しかし、この時代には川へ紙を流す「流し雛」として雛人形は災厄除けや守り雛として祀られていました。

雛あそびからひなまつりへ

室町時代になり、雛人形は流すものから飾るものへ変わり、江戸時代になると、女の子の人形あそびと節句が結びつきその後「ひなまつり」はひとつの行事になりました。

雛人形は身代わり?

平安時代に水に流して厄を祓っていたように、その後も雛人形は一生の災厄を身代わりさせるという意味合いが強くなり、嫁入り道具のひとつとして数えられていました。

嫁入り道具として娘の災いを引き受け、娘を幸せにしてくれる雛人形は次第に現代のひな人形のような華やかなものへと変わっていきました。

雛人形をわが子へ

自分が産まれた時に買ってもらった立派な雛人形をわが娘へ受け継ぎたいと思うこともありますよね。

けれど、身代わりといった意味では、自分の雛人形は自分の身代わりであって娘の身代わりにはならないのです。

ひなまつりの食事

ひなまつりには、ひなあられや白酒、はまぐりのお吸い物にちらし寿司などの食べ物が浮かびますよね。

食べ物にもそれぞれ意味があるのを知っていましたか?

ひなあられ

ひなあられって、3種類の色がありますよね。

白は、「大地のエネルギー」桃色は、「生命のエネルギー」緑は「木々のエネルギー」を持っていて、ひなあられを食べることで自然のエネルギーを体内に取り込み、健やかに成長できますようにという願いが込められています。



白酒

もともとは、桃の花びらを漬けた「桃花酒」と言うものが飲まれていたと言われています。

桃は邪気を祓い気力や体力を充実してくれると言う薬酒として飲まれます。

はまぐりのお吸い物

昔から二枚貝は「姫様」を意味し、特にはまぐりは2枚の貝がピッタリと合いほかの貝とは合いません。

ここから、女の美徳や幸せを願う意味を込められています。

ちらし寿司

ちらし寿司には、寿司自体にお祝いの席で食べる縁起のいいものという意味があるのに加え、具材にもそれぞれ意味があります。

海老

腰が長るまで丈夫でと言う「長寿」の願いを込めて。

赤には魔除け、海老は脱皮を繰り返すことから出世祈願の意味もあります。

ハス

穴から先を見通せることから「先の見通しがきく」と言う意味があります。

仕事がうまくいくように「健康でまめに働く」と言う願いを込めて。

ひなまつりってな~に?

さて、それでは子供に「ひなまつりってな~に?」と聞かれた時はどうやって答えましょうか?

今までの話をまとめてうまく子供に伝えましょう!

わかりやすくが大事

子供に「平安時代に~」なんて言ってもきっとよくわからないので、簡単に教えてあげましょう。

「ひなまつりってね、○○ちゃんが元気でいられますようにって願ってお祝いする行事で、お雛様には○○ちゃんを守ってくれるステキな力があるんだよ。それから、食べ物にもひとつひとつ願いが込められてるからしっかり食べて大きくなろうね。」

で、どうでしょうか。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします