子供の行事

こどもの日の由来ってなに?兜とこいのぼりはどちらが人気?誰が買う?予算は?飾る場所は?処分の方法は?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こどもの日に準備する兜やこいのぼり、初めて買う時の予算や、誰が買うのか、お役目が終わったものはどうしたらいいのか分からないことだらけですよね。

「五月人形どうする?」そんな話題が出たときに役立つ基本情報をご紹介します。



こどもの日の由来って?

元々は中国が季節の節目に行っていた長寿を願う厄払いでした。

厄払いに使っていた菖蒲が、日本に入って来たときに武士が重んずる「尚武(しょうぶ)」とかけられて、武家が中心になってお祝いするようになり、武家=男性色が強くなり、江戸時代ごろには男の子の節句に移り変わっていったんです。

男の子が生まれると端午の節句に「のぼり」を揚げる文化が根付き、それがのちの「こいのぼり」へと進化しています。五月人形は武家の兜から来ています。

尚武⇒軍事を尊ぶこと

男の子だけの行事なの?

実は端午の節句の時期にはもう一つ行事があったんです。それは「五月忌」の厄払いです。

五月は田植えが始まる月で豊穣の神を迎えるために女性は「五月忌」の汚れを祓うために厄払いの儀式を行っていました。

この行事と、菖蒲を使った厄払いの儀式が重なっていまの端午の節句になったと言われているので、女の子も実は関係あったんですよ。

こどもの日が休みになったのはいつから?

戦後、1948年に制定されており、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」趣旨が祝日法2条で掲げられています。

でも母への感謝は、母の日制定とともに独立してしまっていて、今では完全にこどもの健やかな成長を願う日になりましたね。



兜とこいのぼり、どっちを買う?

昔は庭がある家庭が多かったので、こいのぼりが良く見られました。

今もベランダサイズのこいのぼりがありますが、両隣との関係などもあり外に設置するのは難しくなってきた様です。

実際に、こどもの日の飾りは兜を買う派が多くなり、購入比率をみると「兜3:こいのぼり1」程になります。

兜でさえ、置く場所が無いという理由で購入しない家庭も多いんですよ。うちも例に漏れず、引越しが多いために置く場所が決められず、購入していません。

それぞれ予算はどのくらい?

今は置く場所が無いと言う理由で買わない家庭も多く、購入する家もコンパクトサイズを選ぶことが多くなりました。

そのため、兜なら予算5万~6万円代、こいのぼりなら室内やベランダサイズで4万円が目安になります。

兜を置く場所があって、ケースに入っていない中型サイズを選びたいと言う時は約10万円を予算にしてお店と相談してみましょう。

どこで買う?

パッと思いつくのはデパートの催事場、大きな会場での大展示販売会、後はトイザらスなどのおもちゃ屋さんでの購入です。

大きなものなので通販で購入したい方もいると思いますが、兜は実際に見てみないと造り等が分からないため、価格に見合うものを買うならお店で実物を見るのが一番です。

ネットで買うなら有名作家の正規品のみに絞るのがおすすめですよ。

五月人形は誰がいつ買うもの?

兜やこいのぼりの購入者は70%が祖父母になっており、祖父母から孫へ初節句の贈り物になることが多いんです。

ところで、「兜は嫁の両親が買うもの」と聞いたことがありませんか?

実は風習によって各地域で父方の両親が買う、母方の両親が買うとなんとなく決まっているところがあるんです。

しかし、地域によって考えたが全く異なるので、自分の出身地の風習で買ってもらえると思い込んでいると、ガッカリすることになるかもしれません。

買ってもらえたらラッキー!位に考えて置くのが一番です。

風習の違い、大まかに分けると?

関東では雛人形は女の子の節句だから女親繋がりで嫁の実家が購入し、五月人形は男親繋がりで夫の実家が購入する風習が強いです。

関西では初節句の準備は嫁の実家が準備するという風習が強くのこっています。

関東関西関係なく、雛人形は夫側の両親が買い、五月人形は嫁側の両親が買う風習があるところもあるので、津々浦々本当に様々です。

五月人形の処分の仕方

兜は、こどもの身代わりとなって我が子を守ってくれる、と言う意味を込めて購入されます。

その為、本来はこども一人に1つとされており、持ち主が大人になってお役目が終わった時には人形供養に出すのが基本です。

各地のお寺や神社で「人形供養」「人形感謝」と言う名前で年に数回行われています。

日本人形協会

近くの神社で行っていない時、人形供養に間に合わなかった時は日本人形協会で、代理供養を受付しています。

日本人形協会に送られた人形は、10月に開催される東京大神宮人形感謝祭にて供養された後、供養が終わりましたよ~と言うハガキで連絡を貰う流れです。

こいのぼりは寄付

兜と違って、こいのぼりは「鯉の滝登り」から出世をイメージして贈ることが多いため、子供が大人になっても処分せずに、寄付することが多いです。

自宅で飾ることは無くなったけれど、別の場所ではためくことで、これからも我が子の出世を願いたいと言う気持ちの現れですね。

ネットで探すと「こいのぼりの寄付」を募集しているところはたくさんあるので、是非探してみてください。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします