小学生・小学校 育児の悩み・疑問

自分の子どもがいじめに合ってた場合親はどうすべきか?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

小学校に上がり園生活とは違って、今まで見えていたものが見えなくなってきます。

友達同士で登下校したり、放課後遊んだり…。そこでどんなやり取りをしているのか全くわかりませんよね。

子どもから「今日〇〇なことがあったよ」と嫌な出来事を話してくれる子であれば、早い段階でいじめに気が付くことができますが、

親に心配をかけたくない、いじめられてるなんてかっこ悪くて言えないなどを理由に話してくれない子もいるでしょう。

話してくれない子でもSOSは出していますから見逃さないことが大切です。

いつもと何か違う…というような違和感をキャッチしましょう。



子どもがいじめに合っていることを早く気付くには

子どもがいじめに合っていることを気付くのは親の務めでもあります。

どんな小さなサインも見逃さずに「あれ?」と思うことを見つけてあげましょう。

そんな小さなサインには次のようなものがあります。当てはまるものがありましたら注意が必要ですね。

朝の支度が遅くなる

お子様が朝なかなか布団から起きてこなかったり、朝の準備に時間がかかるようになったり、身体的不調を訴えて休みたがったりする場合は「もしかして?」と考えても良さそうです。

また朝食を食べたがらなかったり、笑顔が減り無口になったりするのも、いじめを受けているサインかもしれません。

学校から帰ってきたら

学校から帰ってきたときの様子はどうですか?放課後友達と遊ばないで家にずっといたり、洋服が破れたり汚れたりしていませんか?

持ち物が汚れていたり壊れていたり、お金を異常に欲しがったりするのもいじめを受けているサインかもしれません。

夜、寝つきが悪くなったり、熟睡できていない様子も心に不安があるときに出やすいものです。



「もしかして?」と思ったら親ができること

もしいじめの小さなサインに気付いても、初めから無理に「学校で何か嫌なことがあるの?」と問い詰めるようなことをするのはやめましょう。

親としては実態を早く知りたい気持ちになってしまいますが、子どもはいじめを受けている関係で、誰が味方で敵なのかわからない状態になってしまっているかもしれません。

自分の親でさえ「いじめられている」と言えば「あんたが悪い」と言われるかもしれないと不安でいっぱいなのです。

言いだしやすい環境を作ってあげましょう

普段から色々な話をしているご家庭ではあまり心配しなくても大丈夫ですが、あまり会話をしないご家庭では子どもが言い出しにくい環境になっているかもしれません。

親が子供の話をきちんと聞いてあげている環境におかれていると、何かあったときにも子どもは相談しやすくなるのです。

またいつでも味方であることを常に話しておきましょう。親が敵か味方かわからないときには相談もできません。

何があっても守ってくれるという安心感を与えてあげることが大切です。

まずはその環境を整えてあげることが重要ですね。

子どもから相談されたら

言いだしやすい環境が作れると、子どもは学校での様子を打ち明けてくれるかもしれません。

まずは途中で口をはさむことのないように、頷きながら聞いてあげましょう。

されてしまったことは変えられない事実です。傷ついた子どもの気持ちになって「辛かったね」「教えてくれてありがとう」と寄り添ってあげてください。

これだけでも傷ついた子どもの気持ちは楽になるでしょう。

辛かった気持ちを受け止め、味方であることを伝えてあげましょう。

「そのくらいで?」と思わないで

話を聞いていて「そのくらいで?」と思うことも中には出てくるかもしれません。

そんなときでも「そのくらいで何言ってるの?」と責めることは避けてください。

人生経験豊富な親にとってみたら「そのくらい」でも子どもにとっては大きなことなのです。

「そのくらい」と言われてしまったら、子どもは何を話しても「そのくらい」と言われてしまうのではないかと思い、何も話さなくなってしまうかもしれません。

どうしたいか聞いてみて

子どもからいじめられている事実を聞いてしまったら、親としてはいじめた子やその親に怒鳴りこみたい気持ちになってしまいますよね。

でも冷静になることが大切です。まずはお子様にどうしたいのか聞いてあげましょう。一緒に解決していく姿勢をみせるのが大切です。

自分でいじめっ子にきちんと言うのか、自分で先生に相談するのか、親に先生に言ってほしいのか…子どもにどうしたい
のか聞くことで、同じようなことがあったときにはどうすればいいのか考える力が身に付きます。

いじめっ子に会ったら…無言の圧力を

子どもが受けているいじめを知って、相手の子どもに会う機会があっても、直接文句を言うことはまずやめておいた方がいいそうです。

どんなトラブルになるかわかりません。そんなときは無言の圧力がかなり効果的なんですよ。

無表情でその子にずっと視線を送り続けると、その子も「知られているんだ…」とわかります。

「何でも知っているのよ」と無言のアピールをすることで、子どもは恐れて何もしなくなるかもしれません。

さいごに

いかがでしたか?自分の子どもがいじめに合っていた場合…まずはきちんとご家庭での話しやすい環境を作り、早めにその事実に知ることが大切ですね。

その事実を知った上でいつでも味方でいること、一緒に解決していこうとお子様と話をしてみてください。

両親の思いを知っただけで安心し、辛い気持から少しでも解放されるかもしれませんね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします