仕事 兼業主婦

兼業主婦必見!パートの合格率を上げるコツ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

今まで専業主婦として頑張ってきたけど、働こうかと悩まれているみなさん。仕事を探しているけど、自分にあった仕事がみつからない。

やっと自分にあった仕事だと思って面接に行ったらいい返事がもらえなかった。と悩んでいる方いませんか?

私はパートで仕事をするようになって11年目です。家の事情で仕事はいくつか変わってきましたが、面接で不採用されることはありません。

そんな私の合格率アップの秘訣をみなさんにこっそり教えちゃいます。



仕事探しの前に

みなさんは、どういう風に仕事を探されていますか?毎日求人サイトには、びっくりするぐらいたくさんの求人が掲載されています。

その中には、自分がやってみたいなと思う仕事や、今までの経験が生かせる仕事はありませんか?

私が、仕事を探すときにこんな方法で探します。

自分に合う仕事を探す前に・・・・

仕事をするにあたって、自分に合う仕事を探したいと考えがちですが、パートで働く場合は別の視点が必要です。

一番は働ける時間には制限があるということです。独身時代のように、会社に泊まり込んでの仕事は難しいですよね。

もし、あなたが徹夜仕事だってできる!!って周りの環境が整っているなら、ぜひ正社員への道を推したいです。

具体的に、働くために作れる時間は自分にとって何時から何時なのかを考える必要があります。

働くために作れる時間=勤務可能時間ではない

働くために作れる時間=勤務可能時間ではないところを注意しておかないといけません。

保育園に通っているお子さんがいる場合は、保育園への送迎、そして通勤時間も働くために作れる時間の中に含まないといけません。

面接で必ず聞かれるのは、勤務できる時間帯です。ここは、理由も含めてスラスラこたえなければいけない質問です。

なぜ、その時間帯が希望なのかを伝えるためには、自分で整理しておく必要があります。

あなたの条件に合う仕事はありません。

私が、自分のあった条件を入力して検索をかけると、たいてい「あなたの条件にあう仕事はありません」と表示されます。

もしくは、そんな遠いところとか、そんな深夜のパートは無理だよ・・・・っていう勤務先がでてきます。

ですが、私は自分の条件にあう場所でパート勤務ができています。家の事情で、転職を何度も繰り返していますが、面接を受けて採用をしてもらっています。

求人情報は、周りにあふれています

スーパーや会社の玄関に、ひっそりと求人募集広告が張り付けられていることはご存知ですか?

ずっと張り付けてあるから、いつでも募集しているわけではないと思われていませんか。

よく行くお店、自転車でいつも通り過ぎる会社、もし求人広告が張り付けられていたら、一度よくチェックしてみてください。

もし採用されたら、メリットはとても大きいですよ。通勤時間が短かくて働けるということです。

働ける時間は限られているのであれば、通勤時間は少ないほうが長く働くことができます。

パートで働くのであれば、時給ですから勤務時間が長いほうが給料もたくさんもらうことができます。

おすすめできないのはコレ

逆にこれはお勧めできないと思うことは、ママ友や近所の人に仕事を紹介してもらうこと。

これは、私の失敗談として読んでほしいのですが、一度ママ友から「いっしょに働かない?」と誘われて働いたことがありました。

専業主婦の頃には、数人のママ友と毎日公園や児童館などで、子どもを遊ばせながら過ごしていました。

私が一番先に、保育園に預けて働くことを決断して、そのママ友の輪から外れることになりました。

ママ友もとても楽しそうに働いているし、当時のママ友みんな同じところで働いてるよって言われて、またみんなにあえるし、仕事もできるならと転職をすることに。

仕事の内容も条件もよく考えずに働き始めたので、結局数か月しか働くことができずに、辞めることになりました。

友達と仕事の仲間は違うんだっていうことを勉強しました。これを機に、仕事を紹介したり、紹介してもらうことはやめようと思いました。

やりたい仕事よりもやれる仕事を探す

新卒であれば、自分の可能性が試せる仕事がイイ!!と胸を張って言ってもほほえましく感じますが、それは、仕事ができる時間が無限大にあるからです。

子育て、家事など、仕事以外に大切なことがある主婦のパートで大切なことは、地道にコツコツとやるという気持ちだとおもいます。

もちろん、主婦には主婦のプライドがあり、キラキラ輝けるような仕事がやりたいと思います。

初めから、エンジンを思いっきり噴かせて飛ばすと、いろんなところに影響がでてきます。

少しずつ、ステップアップして、いつかはキラキラ輝いて見える仕事ができていることが、私の目標です。



面接必勝法

ここで働きたいとおもう職場が見つかったら、働きたいということを、その職場にアピールするだけ!!

面接のアポイントがとれたら、ぜひやってほしいのが面接会場への下見。

かかる時間と、自転車など乗り物を使っていく場合は、置き場所の確認。

ココから入ってって指定を受けると思いますので、どの出入り口から入るのかも確認しておいたほうがいいです。

知っている場所なら特に、勘違いしてて遅刻すると大変です。

パートで働くときに、筆記テストがあるところもありますが、絶対あるのが面接

【筆記テストがあるところは、応募人数が多いからっていうところが多いみたいです】

たった数十分の面接で、自分のやる気を見せるにはどうしたらいいのでしょうか?

履歴書は必ず手書きで、丁寧に書きましょう

間違えてしまったら、いさぎよくボツにして、あたらしい用紙で書き直しましょう。

学歴・職歴を書く場合は、正しく書くようにしましょう。学歴などを書く欄は、一文字あけて書き始めるように統一すると綺麗にかけているように見えます。

あと気をつけたいのが、丸をつけるところ。文字にかからないように、すこし大きめの丸で囲むと綺麗に見えます。

履歴書を書く作業は、面倒なのですが、面接が終わって誰を採用しようかと、考えるときに見るのが履歴書です。

面接に行くときの服装は?

パートだし、普段着でもいいかと私は最初思ったのですが、母に面接ならスーツで行くべしといわれ、スーツで行くことにしました。

これが大正解!!遊びに行くんじゃないんだ、勝負に行くんだと自分自身に気合が入りましたし、少しの緊張感があったほうが私にはがんばれる要素となりました。

ちなみに、私の勝負服はグレーのパンツスーツです。

メイクは、派手にならずナチュラルメイクで、本当は美容院に事前に行ってカットをしておくほうがいいのかもしれませんが、あとでそうすればよかった…と思うことが多いです。

面接での受け答えのコツ

心がけたのは、少し声は張り気味で、私は早口なのでゆっくり話をする、面接官が質問されたら一呼吸おいてから話し出す。

この3つを心がけると、落ち着いて面接を受けられるのと、相手の話をしっかり聞いている印象が受けられます。

よく聞かれる質問で、勤務可能時間、志望動機です。勤務時間は、こちら側の事情を話して、希望を伝えるほうがいいと思います。

この時間以外には絶対無理っていう言い方ではなく、必要があればできるだけ要望には応じる努力はしますと伝えることもお忘れなく

こうして採用になった

仕事を始めてから、面接をしてくださった人に、なぜ採用したのか?とチャンスがあれば聞くようにしています。

たいてい、こういわれます。勤務時間が短いし、休み希望いっぱいあって正直悩んだが、真面目そうだったから採用しようと思った。

実際に、面接でこの勤務希望では採用は難しいと直球で言われたこともあります。

さすがに、その時は無理だったなとおもっていたら、あとから会社見学に来てもらえないかと言われ、採用になりました。

真面目そうに見えるということが、仕事をつかむポイントに私はなっています。

パート仲間になろうとしているあなたへ

いかがでしたか?仕事を探しているときは、私はいつも焦っているし、不安でいっぱいです。

わがままだと思われる勤務希望を話すときは、いつだって胸がバクバクしていて、わがままだといわれたらどうしようと思っています。

資格があるわけじゃないし、体力に自信があるわけじゃない私ですが、一生懸命仕事を頑張ろうという気持ちで面接に挑戦しています。

あなたの周りにも、あなたといっしょに働きたいと思っている職場がきっとあるとおもいます。私も応援しています。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします