産後

妊娠前より-3kgを達成した産後ダイエットの方法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0



産後ダイエットは6ヵ月までに!

出産したら体重も元通りになるかと思いきや、何ヵ月経ってもなかなか元に戻らない!こんなはずじゃなかったのに・・・!

そう嘆いているママさんも、少なくないのではないでしょうか?

産後6ヵ月以上経つと、なかなか痩せられません!

産後6ヵ月以上経過してしまうと、溜まった脂肪はどんどん落ちにくくなり、その後も痩せにくくなってしまいます。

産後4ヵ月にして、妊娠前より-3kgを達成!

かくいう私も、生後4ヵ月の子どもを育てる新米ママなのですが、 産後4ヵ月で妊娠前より-3kgのダイエットに成功し、現在もみるみる減り続けています。

その経験から、産後ダイエットのポイントをご紹介します。

妊娠中、体重はどれくらい増えるものなの?

そもそも妊娠中、体重はどれくらい増えるものなのか、ご存じでしょうか?

妊娠前の体重や体型によって個人差はありますが、やせ型の人で9~12kg、標準体型の人で7~12kg、肥満の人で5~7kgと言われています。

理想は+10kg未満!

個人差はありますが、体重増加は10kg未満に抑えることが理想です。

産後の体型回復のためにはもちろんですが、過度な体重増加は妊娠高血圧症候群や糖尿病などのリスクも高まるため、危険です。

個人差があるので、お医者様と相談したうえで体重管理をしましょう。



出産すれば自然と体重は減るのでは?

妊娠中にいくら体重が増えても、赤ちゃんを産んでしまえば体重は元に戻ると思っている人も多いようですが、残念ながら出産しても元通りにはなりません。
 

出産直後に自然と減るのは数kg程度!

出産時の赤ちゃんの体重は約3kg、それに加えて子宮や羊水、胎盤などの重さが約2kgといわれているため、合計5kgはすぐに減ると思っている方が多いようですね。

しかし実際は、 大きく広がった子宮もすぐには戻らないため、出産直後の体重減少はわずか数kg程度なのです・・・。

産後ダイエットのポイント

産後は慣れない育児に追われ、運動は愚か家事をするのもままならない日々が続きます。そんな中で、どうやってダイエットに取り組んだらいいのか・・・思い悩むのはまだ早いです。
 

産褥ニッパー・ガードルなどはなるべく早めに!

この便利な世の中、「履くだけでOK」「着けるだけでOK」といわれるものはどんどん利用していきましょう。

産褥ニッパーやガードルはなるべく早めに着けることが理想です。ぐらぐらと不安定になってしまった産後の骨盤を支える役目もしてくれます。入院中に助産師さんに正しい着け方を相談したうえで早めに使用を始めるのがおすすめです。

床上げ後は積極的に動くこと!

妊娠・出産後は運動不足になりがちです。赤ちゃんの1ヵ月検診が無事に終わったら、どんどん一緒にお外に出ましょう!

とはいえ産まれ月や地域によっては、寒い季節に外に出すのは不安・・・と産後何か月も家にこもってしまうママもいるようですね。

10月に出産した私は、1ヵ月検診以降、毎日子どもとお散歩しています!真冬でもお天気の良い日の日中は意外とそんなに寒くないので、家にこもらずどんどん運動することも産後ダイエットのポイントのひとつです。

妊娠中&産後の便秘対策にルイボスティー

妊娠中も出産後も、便秘に悩まされるママはとても多いようですね。とはいえ、便秘はダイエットの大敵!一刻も早く改善しなければなりません。

そこで、私が妊娠中から産後の今もずっと飲み続けているのがルイボスティーです。

ノンカフェインで腸内環境正常化!

ルイボスティーはノンカフェインなので、妊婦にとっても授乳中のママにとっても安心です。そのうえミネラルが豊富に含まれているため、腸内環境を整え、便秘対策にもなるといわれています。

母乳をあげていると痩せるって本当?

産後みるみる体重が落ちていった私ですが、やはり母乳の分泌はとても良く、なんと出産前からじわじわと溢れ出てくるほどでした!

妊娠中からおっぱいマッサージをしましょう!

正産期に入ったら、毎日お風呂の中でおっぱいマッサージをするのがおすすめです。母乳がしっかり出てくれれば、子どもの体重増加と反比例してみるみる痩せていきますよ!

妊娠中のおっぱいへの刺激は子宮を収縮させる恐れがあるため、お医者様に相談したうえで行いましょう!

一番大事なのは妊娠中の体重管理!

ダイエットのポイントをいくつか挙げてお話してきましたが、 やはり一番大事なのは妊娠中に体重を増やしすぎないことです!

体重増加をなるべく抑えて産後に備えましょう

標準体型の私ですが妊娠中の体重増加は、臨月の赤ちゃんの重さに子宮・羊水・胎盤などの重さを合わせて約5kgに、出産時の体力分1kgを上乗せした約6kgでした。

産後に限らず、 増えてしまった体重を元通りに戻すのは至難の業です。

体調を第一に考えながらも、産後に備えて産前からしっかりと体重管理を行うことが一番のポイントなのではないでしょうか。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします