1歳~3歳児

1歳9~11ヶ月赤ちゃんの成長の目安と特徴

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

いよいよ3歳目前。1人でできることも増えてきたころですね。

イヤイヤも少し落ち着いてきて、お世話に追われるママの気持ちも少し「ほっ」としますね。

どんなことができるのか、毎日はどんな様子なのか、今回は3歳目前の時期に注目してご紹介していきます。



身長・体重の目安

男の子も女の子も、身長約88㎝、体重約13㎏程度になっているころ。

身体を動かすのが好きな子、本を読むのが好きな子、たくさん食べる子、小食な子といますから、お子さんにとっての適正身長・体重はそれぞれです。

平均より大きい・小さいということばかりに囚われないでくださいね。

1人でできるようになったかな?

3歳目前になると、1人でできるようになることも増えてきています。


・顔を洗う

・洋服を着る、脱ぐ、ボタンをはずす

・ご飯を食べる

・挨拶をする

・お風呂で体を洗う

・1人で眠る


などなど。

一通りの生活習慣を覚えてくれるとお世話するママも楽になりますね。

手先・指先が器用になってできることが増える

例えばボタンをはずす。

これは指先が器用にならないとうまくできないことですね。

ご飯を上手に食べる上でも大切になります。

やりやすいようなボタンの洋服や、トレーニング箸を取り入れて手先・指先の動きを助けてあげましょう。

「やりたい」気持ちを伸ばすことがポイント

イヤイヤ期の子供の特徴に、なんでも自分でやりたがる、ということが挙げられます。

これを上手に活かして、子供に生活習慣を身に着けていくのがポイントです。

実際にやらせれば失敗ばかりでも、その積み重ねが結果となってあらわれていきます。

ママやパパがお手本になって

子供は大人のことをよく見ています。

「こうやるんだよ」と教えるだけでなく、毎日の生活全てが子供にとってはお手本。

いいお手本になれるように、意識しておきましょうね。

これは今の時期だけに限らず、この先もずっと言えることですしね。

トイレトレーニング、完了目前!?

段々とおしっこやうんちが出ることを、ママに教えられるようになります。

そのタイミングを逃さなければ昼間のトイレの失敗は格段に減っていきます。

それに合わせるかのように、夜もおねしょをしないで済むことが増えていきます。

3歳目前のこの時期、多くの子がトイレトレーニングを完了させていきます。

失敗しても怒らないのは変わりません

順調だったのに急に昼間におもらししてしまうこともあります。

夜のおねしょも。

でもそれを怒るのは、トイレトレーニングにおいては逆効果。

「仕方ないこと」として、外出先でおもらししてもいいように準備しておきましょう。

そして、成功したときはとことん褒めてあげましょうね。



お友達と遊ぶ機会を増やそう

社会性が育ち始めているこのタイミングだからこそ、お友達と遊ぶ機会を意識して作ってあげましょう。

中には公園などで会ったお友達に自分から「いっしょにあそぼう」と声をかけられる子もいます。

最初はママが誘導してあげて

慣れるまでは自分から声をかけるのが苦手な子もいます。

そんな時にはママの出番。

「○○ちゃんと一緒に遊んできたら?」と声をかけてあげましょう。

きっかけがあればすぐに馴染んで、一緒に楽しく遊ぶようになりますよ。

中には引っ込み思案な子も…

1人遊びが好きな子も、もちろんいます。

ママとしてはお友達をたくさん作ってほしい、一緒に遊んだらいいのに、と思うでしょうが、今はまだそういう気持ちではないのかも。

この先幼稚園などに通い始めると、また子供の気持ちも変わっていきます。

無理強いは良くないですしね。

子供の様子を見ながら、今興味を持っていることに目を向けてあげましょう。

3歳になれば魔の2歳児も終わる?

イヤイヤ期は3~4歳くらいまで続くとされていますから、完全に落ち着くまではまだかかりそう。

ですが、自分でできることも増え、言葉で伝えることもできるようになってきたので、段々とかんしゃくを起こすことも減っていきます。

もどかしい気持ちを遊びで発散!

かんしゃくを起こすときは、子供の中で何かもどかしい気持ちがある時。伝えたいことが伝わらない時。

言葉では伝えられなくても、お絵かきや粘土など、遊びの中で発散しながら伝えてくることもあります。

遊ぶことで気分転換にもなりますから、ママがうまく誘導してあげましょう。

甘えてきたら、思いっきり甘えさせてあげよう

1人でできることも増え、1人で遊びことも増え、つい「ちょっとくらい見てなくても大丈夫かな」と思うこともあるでしょう。

でも子供にとって、≪見守ってくれている≫安心感が大切。

健やかな成長に欠かせないポイントです。

甘えは子供からのSOS

怖い・不安・寂しい・眠い・弟や妹が生まれた…そんなときに甘えてくることが多いでしょう。

甘えてくるのは、言い換えれば子供からのSOS

ママにどうにかしてほしくて甘えてくるんです。

そんな時には落ち着かせて、ぎゅっと抱きしめて、安心させてあげましょう。

あっという間の3歳

あんなに小さくて見た目も赤ちゃんだった我が子。

あっという間にもうすぐ3歳ですね。

毎日の子供の成長には本当に驚かされます。

いつまでも手がかかると思っていたのに…気づけば幼稚園入園も控えるころ。

まだまだ続く子育て。

この先も楽しみながら進めていきましょう。


この記事を書いたママ

mico

1歳の息子(別名:怪獣くん)相手に日々奮闘中。息子のおもちゃやら服やら色々作るの好きです。でもO型だから見えないところは大ざっぱ(笑)

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします