妊娠中期 妊娠初期 妊娠後期

産婦人科の先生は男性派?女性派?それぞれのメリットとデメリットをまとめてみた(体験談を含めて)

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

皆さんの産婦人科を選ぶ基準は何ですか?家からの距離?費用?さまざまだと思います。

その中でも先生が女性がいい!とか男性がいい!ということで選ばれる方も居られると思います。

今回は筆者が、双子出産のために病院を入院、転院、母体搬送されて3つの病院で5人の男女の産婦人科医にお世話になった体験も踏まえながらお話させていただきたいと思います。



ネットの意見を見てみた

私自身は産婦人科を選ぶ上で男性か女性かというのは特に意識したことはありませんでした。そもそもお医者さんって男性が多いですし、増えているといっても女性の先生ってまだまだ少ないと思います。

そこでネットでアンケートを取っているページを見つけたので見てみることにしました。

思ったほど差がない!

私が見たページによると男性の先生に抵抗のある人は60%に少し届かないくらいでした。

もっと女性を希望する人が多いかと思いましたが、意外と男性のほうがいいという意見も書いてありました。

男性の先生に抵抗のある人の意見

いくつかまとめてみました。抵抗があるというのは大きなデメリットかもしれません。ただし先生によって本当に個人差があるので一概には言えません。

症状を伝えるのが恥ずかしい-私の体験談-

いくら先生とはいえ、事細かに症状を話すのは抵抗があります。女性の先生なら話しやすいですし、同性ならではの空気があるのかなと思います。

私が入院中に診てもらった男性の先生は、尿管を挿している私の尿を毎朝チェックして、笑顔で「今日もいい色ですね!」と声をかけてくれていました。

正直なんの辱めだ!と毎日憂鬱な気持ちになりました。なのでこの先生が診察に来ても気になることとかを伝えられず、担当の看護師さんに相談していました。

内診が嫌

多分男性の先生に抵抗のある人が一番嫌なのはこれじゃないでしょうか?デリケートな部分をカーテン越しとはいえ見せるなんて…。

お医者さんだし、別に自意識過剰ではないけど!でもいやらしい気持ちで見てるんじゃないかと嫌な想像をしてしまう人もいるようです。

逆に男性の先生がいい!という人の意見

これはメリットにもつながる意見が書いてありました。

優しい先生が多い

これは私も感じたのですが、男性は患者である女性の痛みがわかりません。なので、診察でも痛かったら言ってね。というスタンスで優しく声をかけてくれながら診てくれました。

女性の先生の内診はグリグリされて痛くてそれを伝えると、「このくらいは我慢してください」と言われました。

一概には言えませんが、女性だから分かってくれることと、女性だからこそ雑にこのくらいなら大丈夫。という基準があるのかなと思いました。

女性の先生を探すのが大変

これはもうメリットではないですが、こんな意見もありました。

確かにまだまだ女性の先生は少ないですね。私も転院先で女性の先生だったので少し驚きました。初めてだったので新鮮でもありました。

あとは女性の先生が人気でなかなか予約が取れないとう意見もありました。

女性の先生に抵抗のある人の意見

思ったより結構ありました!私も同じようなことを感じました。男性の先生のメリット、デメリットにも関係してくる意見を多数見かけました。

内診が痛い!

これは本当に先生によって個人差があると思うのですが多かった意見です。私も思いました。男性の先生のほうが内診は優しくて痛くなかったです。

先生が冷たかった

同性だからこそ話しやすいと思って相談しているのにそっけなく返されたり、女なのにそんなことも知らないの?と威圧的な先生もなかには居られるようです。

私はそこまでは感じませんでしたが、お医者さん!というだけで看護師さんとは同じ女性でも違う、話しかけがたい空気があるのも否定できません。あとはデリカシーのないことを言われたという意見もありました。



女性の先生がいい!という人の意見

女性ならではの意見があり、なるほど!と思いました。

細かい部分への気配り

男性の先生では気が付かないこととか女性ならではの気配りというのはやっぱりあります。

初めに診察してもらっていた病院の男性の先生はとっても優しかったのですが、エコーで赤ちゃんを見せてもらうときに、大きくなってきたら顔とか表情とかも見たいのに、

さっさと測定を済ませたら、はい。終わり。って感じで、私は転院して女の先生に診察してもらうまで自分の赤ちゃんがどんな顔をしているのかエコーで見たことがありませんでした。

エコー写真を整理していると、初めの病院のエコー写真は頭を上から見た画像とお腹の断面図しかなくて味気ないです(笑)

気軽に相談ができる

女性同士だとやっぱり相談はしやすいと思います。不安な気持ちとかささいなこととか、先生も出産を経験された方なら特に自分の経験や体験ももとに語ってくれるので

私自身初めての出産が緊急帝王切開ですごく不安だったのですが、先生は母体搬送中も声をかけてくれ、出産が済んだ後も搬送先の病院で待っていてくれて、「頑張ったね!」と声をかけてくれました。

最後に

いかがでしたか?それぞれのメリット、デメリットをネットの意見などを元にまとめさせていただきました。

私は男性の先生も女性の先生もとてもいい先生に出会えました。今出産を終えてみて、男性でも女性でも関係なく、自分と合うか合わないかだなと思いました。

もし妊娠が分かって病院を受診したときに「あれ?この先生は合わないかも」と感じたら遠慮なく別の先生に診てもらったほうがいいです。

なぜならその先生に出産までの間、お世話にならないといけないからです。

大切な赤ちゃんのこと。自分のこと。些細なことでも気軽に話せる先生じゃないとママの精神衛生上良くないと思います!

あなたにぴったりの先生と出会って楽しいマタニティライフと出産をしてくださいね!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします