節約術

【節約】無駄遣いしてない?出費が多いなぁと思ったときに見直してみるべき3つのポイント

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

「なんでかわからないけどお金が貯まらない」、「節約したいけどどこを減らせばいいかわからない」
なんてことありませんか?
そんなときにまず見直すべき3つのポイントを紹介します。



その1  何にどれだけお金を使っているか把握しましょう

あなたは毎月どのくらいの出費があって、それはどんな事にどれだけ使っているか把握していますか?

まずはこれを知ることで、お金に対する意識が変わってくると思います。

家計簿をつけましょう

家計を知るには家計簿をつけるのが一番効果的です

面倒でしたら食費や日用品など大雑把な分け方で大丈夫です。

続けられるか不安な方は、家計簿のアプリを使ってみるのはいかがでしょうか。

操作が簡単なアプリがたくさん出ていますし、入力すれば項目ごとにグラフにしてくれるものもあるので、出費の内容がわかりやすくなってオススメです。

その2  料金プランを見直しましょう

毎月なんとなく払っている電話料金や光熱費。

電話はなるべく無料のLINEを使ったり、節電や節水などを意識したりしているかもしれませんが、契約している料金プラン確認したことはありますか?

固定費を減らすことで大幅な節約が期待できるかもしれません。

まずは電話料金から

特に携帯電話の料金は家計の中でも出費の多い項目のひとつになっていることが多いようなので、見直してみる価値がありそうです。

契約するときに加入した不要なサービスやオプションを解約したり、自分に合った料金プランに替えることで、月々の支払いが抑えられます。

最近は格安スマホもたくさん出ています。

格安スマホに乗換えて、大幅に電話代が節約できることもあるようなので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

プロパンガスの場合はガス料金をチェック

ガスがプロパンガスというご家庭は明細をよくチェックしてみてください。

ちなみに私の家もプロパンガスなのですが、ガス会社を変えてガス料金がすごく安くなりました。

プロパンガスは、ガス料金をガス会社が自由に設定できるので、ガス会社によって価格が違います。

知らないうちに料金を少しずつあげていく悪徳業者もあるようなので、ガスが高いと思ったら調べてみましょう。

ガス会社の変更は前の会社への連絡の必要もなく、簡単に手続きできました。

なお、「エネピ」というサービス使えば、一番安いガス会社に切り替えることが出来ます。年間5万円以上節約できた家庭が多数いらっしゃるみたいですよ。

【参考】
年間5万円安く!一番安いガス会社に出来る|エネピ公式サイト

この春から電力会社が選べます

4月から電力自由化が始まるので、消費者が自由に電気会社を選べるようになります。

自分に合ったプランを選んで上手に節約しましょう。

その3 食費を見直しましょう

食費はどのくらいかかっていますか?

3人家族の一ヶ月の食費の平均は、3~4万円程度と言われています。

急に食費を大幅に減らすのは難しいと思うので、簡単に出来ることからコツコツやっていきましょう。

プライベートブランドのものを選ぶ

近頃は多くのスーパーがプライベートブランドに力を入れています。

プライベートブランドのものは安価ですが、高品質でおいしいものがたくさんあります。

調味料からお酒までいろいろと揃っているので、ぜひ利用してみてください。

ドラッグストアで食品を買う

ドラッグストアの食品がスーパーより安いことがあるのを知っていますか?

ドラッグストアは原価率の良い化粧品や薬品で利益を得ているので、利益を求めていない食品や日用品は安く提供できるそうです。

生鮮食品は少ないですが、飲み物や加工食品、タマゴ、パン等は私もドラッグストアでよく買います。

今までチェックしたことがない方はスーパーに行く前にちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

目的を持って節約しましょう

ただ漠然と節約してても楽しくありませんよね。

旅行に行くためだったり、子供のための貯金だったり、なにか目的があればきっと頑張れます!

まだ目的がなくても、『〇〇円貯める!』という目標があればそれに向かって頑張れますね。

無理しすぎては続きませんので、出来ることからコツコツやってみましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします