1歳~3歳児 育児・子育てイライラ

イヤイヤ期の2歳児!公園から「帰りたくない!」と駄々をこねられた時の対処法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

2歳ごろになると初めての反抗期、いわゆる「イヤイヤ期」がやってきますよね。もうこればっかりは「大変!」ということしか言えません。

だって何をやってもイヤイヤなんですから。特に公園から帰るのも「イヤイヤ!」でどうやって公園から帰るか頭を悩ませているママは多いはず!

そこで「帰りたくない!」と駄々をこねられた時の対処法をご紹介します。



公園で遊ぶ前に約束をする方法

2歳くらいになると、「お約束」というものを覚えることも大事になってきます。

ですので、公園に行く前に、「ママとお約束してくれる?」と聞き、「うん!」と言ったら「今から公園で遊ぶけど、ママが帰るよ~って言ったら帰るよ?いい?」というお約束です。

お約束は繰り返して覚えさせることが大切!

もちろんこれはそう簡単にはいきません。でも、何度も何度もこれを繰り返すことによって、子供は覚えてきます。

最初のころは駄々をこねたとしても、お約束をするということは大切なことなのです。ですので根気よくやりましょう。

お約束をしても帰るときに「イヤイヤ!」になってしまったら?

「帰らない!」と駄々をこねたときは、さみしそうな顔をして「ママとお約束したのに。。。」と言ってみてください

すると子供はママが悲しんでいると思って近くに来てくれますよ。

その時に「ママ一人で帰るのいやだな。一緒に帰ってくれる?」と言うと意外にすんなり帰ってくれるかも!

もしその言葉で「帰る!」って言ってくれたら「ありがとう!ママ嬉しい!」といってあげてくださいね!子供はママの笑顔が大好きです!



帰り道を帰り道だと認識させない方法

子供は公園から「帰る」ということが嫌なようです。だったら帰るという認識をさせない方法もあります。

それは帰り道を帰り道だと思わせない方法です。

公園から帰る時間に、ママが「もうそろそろトンボさんに会いに行こうよ!」といって帰りのルート上でその子が興味を持っている場所を言ってあげるのです。

すると子供は公園よりもトンボのほうに興味が行き、知らないうちに公園から帰ることができます。

もちろん目標物はなんでもOK!

帰り道上で今子供が興味を持っていることならなんでもいいです。たとえば、工事現場、ワンちゃん、電車など、いろいろ試してみてください。

あとは、公園に行った後、スーパーやコンビニに寄ったりというのもおススメですよ。子供はスーパー好きですからね。

でも、スーパーで「あれ買って!これ買って!」というタイプの子にはおススメできませんが・・・

携帯のタイマー機能を使う

子供ってキッチンタイマー好きじゃないですか?筆者の子供はいつの間にかキッチンタイマーの存在を知っていて、

タイマーの終了音が鳴ると教えてくれるようになりました。

これが終了の音だと覚えているということは、何かに使えるんじゃないか?と思い、携帯で試してみたら効果抜群でした!

いわゆる夕方のチャイム?的な感覚ですね。

公園では携帯のタイマーでお知らせ

さすがにキッチンタイマーを持って公園へはいけないので、携帯のタイマーを使います。

最初に「これがなったら帰るよ~」って言っておくことが大事です。

タイマーの音が鳴った瞬間にすんなり「さぁ帰ろう!」と言ってくれてびっくりしました。

やはり子供が興味あるものを使うというのが大切なのかもしれません。

まず基本は「イヤイヤ期」であることを頭にいれておく

とにかく今は何を言っても何をやっても「イヤイヤ!」という言葉が返ってくると思っておいた方がいいです。

すんなり素直に帰れないんだと思っていれば、ママも少しはイライラせずに済みます。もちろんこれらの対処法がすべてのお子さんにきくとは限りません。

いろんな方法を試して自分の子に一番合う方法を見つけてみてくださいね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします