妊娠中期 妊娠初期 妊娠後期 妊活・べビ待ち

妊活中に飲んで欲しいおススメのお茶3選~妊娠中も効果大

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

妊娠する為には、体も心も健康であることが望ましいですよね。

ベストな体の状態で元気な赤ちゃんを授かることが出来るように、こんなお茶で体をケアしながらリラックスしてみてはいかがでしょうか?

私が飲んだおススメのお茶をご紹介します。



カフェインはNG

私も大好きなのですが、カフェインの含まれている飲み物は利尿作用があり、興奮作用もあり、妊活の時にはおススメできません。

出来ればこれをきっかけに一時期やめてみてはいかがでしょうか?

ストレス

私もそうなのですが、習慣的にコーヒーや紅茶、緑茶、ウーロン茶などを飲んでいる人は飲まないとストレスがたまってしまうという場合があります。

そんな場合は、1日に1杯午前中を目処にしましょう。ただ、妊娠した場合は、しばらくは我慢した方が良いでしょう。

コーヒーは1日2~3杯は問題ない!

私が第二子を出産した産院には、サロンにコーヒーサーバーが置いてありました。

助産師さんに「来客用ですか?」と聞きましたら「産後のママさんのために」と話されました!

「コーヒー飲んでも母乳大丈夫なのですか?」と聞きましたら、「1日2~3杯なら問題ないですよ」とビックリな返答が!

確かに、母乳からカフェインは出てしまい飲みすぎると良くないのですが、産後はストレスの塊です。コーヒーとほっと一息するくらいは問題ないとの事でした。

産後に美味しいお酒は無理でも美味しいコーヒーを飲む為に、一時期頑張ってやめてみるのも良いですね。



おススメ1:タンポポ茶

タンポポの根を焙煎してある香ばしいお茶です。タンポポコーヒーとも言われます。中国では漢方として使用されることもあるようです。

効果

タンポポ茶はタンポポの根を焙煎して作られたもので、カフェインも含まれていないので体を温める効果があります。

女性は子宮や卵巣にも良いですし、男性の精子にも良いようですね。高血圧や糖尿にも良い効果があるようです。

妊娠しても

妊娠すると不足しがちな鉄分やカルシウムを補う効果があります。妊娠中の太りすぎを抑えるダイエット効果もあるようです。

産後も

産後、母乳の場合は1日2ℓ以上の水分が必要だといわれています。

タンポポ茶は母乳の出を良くする効果もあり、乳腺炎を起こしにくくするようです。まさに妊活から産後まで活躍するお茶です。

おススメ2:ルイボスティー

ルイボスティーはマメ科の植物「ルイボス」を発酵させて作ったお茶です。

健康茶なので誰が飲んでも体に良いのですが、特に妊活している女性にはおススメのお茶です。

効果

ルイボスティーもノンカフェインです

また、豊富な栄養を含んでいます。鉄分・カルシウム・マグネシウム・亜鉛などのミネラル成分は妊活中には是非摂取していただきたい栄養です。

また、含まれているポリフェノールや酵素などが卵子の酸化を防ぐ効果があります。

妊娠しても

豊富に含まれているミネラルは腸を整えてくれます。腸が元気になると免疫力もアップされ、ママや赤ちゃんの健康を守ってくれます。

おススメ3:麦茶

夏の定番の麦茶はノンカフェインの飲み物です。夏の暑いときに熱いお茶を飲むのは大変ですが、麦茶でしたら気軽に飲めますね。

寒い時は体を冷やしてしまうので、温かくして飲みましょう。

効果

カルシウムやカリウム、鉄分を含んでいるのでミネラルが豊富です。抗酸化作用があるので、卵子の酸化を防ぐ効果があります。

血流を良くするピラジンが冷え性に効果があります。

何より身近

先に述べた「タンポポ茶」や「ルイボスティー」のような突出した特長はないのですが、身近で手に入れられる妊活に効果があるお茶です。

効果のあるお茶でほっと一息、リラックスして妊活しましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします