女性の健康 美容法

どうやって食べる?チアシードのおススメの食べ方

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

凄すぎるダイエット効果が注目されているスーパーフード、チアシード。どうやって食べればより効果的なのでしょうか。おすすめの食べ方をご紹介します。



チアシードを効果的にとるためには。

タンパク質、ミネラル、ビタミン、オメガ3脂肪酸(a-リノレン酸)、必須アミノ酸(8種類)、食物繊維、脂質とほぼ完璧な栄養素で構成されているチアシード。

しっかりと栄養をとりながら空腹感に悩まされずダイエットをすることが可能です。

いつ、どんな風に食べたら効果的か考えてみました。

①しっかりと膨らませて食べる。

チアシードは水につけておくと元の大きさの10倍以上に膨らみます

そのため乾いたままたくさん食べるとおなかの中で水分を吸収して膨張してしまいます。

腹痛や便秘の原因になることもあるので、チアシードは水分を吸収させた形でとることを心がけましょう。

②食事の20分前にとるのが効果的。

チアシードは満腹感を得られるので、食べ過ぎを防ぐことができます

間食、飲み物なら食事の20分前にとるとより効果的です。

食事に使っている場合は、チアシード入りの食べ物から食べ始めると満腹感を得るのが早くなります。

③熱い食べ物、飲み物に混ぜないように。

ブラックチアシードは熱に弱いのです。

大切なオメガ3脂肪酸を壊してしまわないように40℃以下のものと混ぜてとるようにします。

チアシードの中でも、ブラックチアシードを改良してできたホワイトチアシードは熱に強いと言われていますが、グツグツ煮るような食べ物には向きません。

④一日大さじ一杯程度が目安。

チアシードは大さじ一杯で、一日に必要な栄養素が摂取できると言われています。

チアシードは高カロリーな食品でもあるので、一日に大さじ一杯程度食べるようにすると良いと思います。



チアシード、おススメの食べ方いろいろ。

ダイエットに向く食べ方をいくつかご紹介します。

チアシードヨーグルト。

これはチアシードを使ったデザートの王道ですね。

チアシードはあらかじめ水で膨らませておいて混ぜるか、または乾いたままヨーグルトに混ぜてしばらく冷蔵庫で冷やしておきます。

甘さが欲しい場合は、オリゴ糖やメープルシロップを少量混ぜるかフルーツソースをトッピングするといいと思います。

プチプチありプルンプルンした食感ありで、クセになること間違いなしです。

チアシード入りのスムージー。

ミランダ・カーさんも愛用中のチアシード入りスムージー

ミランダさんのようにグリーンスムージーから手作りしてチアシードを入れるのもいいですし、もっと簡単にするなら市販のスムージーの素に水や牛乳とチアシードを一緒にシェイクすれば、お手軽スムージーができます。

この場合、冷蔵庫でしばらく冷やすと味がなじみますが、あまりおいてしまうとプルプルになったチアシードが下の方で固まってしまうので注意して下さい。

チアシード入りスープ。

チアシードは独特の食感があり、絶妙なとろみでスープにもよくなじみます。

カボチャやジャガイモのポタージュスープなどにも合いますし、ミネストローネスープなどに混ぜてもとても美味しいです。

味噌汁もなかなかいい感じです。

温かいスープに入れる場合はなるべくホワイトチアシードを使用するといいと思います。

もちろん冷製スープにもよく合うので、暑い時期などは冷製スープがおススメです。

チアシードジュレ、ドレッシング。

ドレッシングに混ぜても美味しく食べられます。

和風ドレッシングに混ぜれば独特のとろみでちょっとジュレ風になって楽しめます。

ゆで豚などにジュレとして使えばヘルシーな一品になります。

フレンチドレッシングにもよく合います。

チアシードドレッシングを使って魚介と野菜のマリネを作ると美味しいですよ。

チアシード、上手に利用して楽しくダイエット。

チアシードの特長を最大限に生かして、おいしく空腹感もない極楽ダイエットを成功させたいですね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします