授乳・母乳・ミルク

使ったら超ラクだった!搾乳器の選び方とおすすめ商品6選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。双子のママをしているライターです。

双子を早産で出産しまして、2人のために母乳を搾って冷凍して届ける生活を2ヶ月送っていました。はじめは手絞りで頑張っていたのですが、量が増え、3時間おきの搾乳で腱鞘炎になってしまいました…。

そこで搾乳器を買うことを検討したのですが、種類が多すぎてどれにしていいか迷ってしまいました。

その経験を元にこれから搾乳器の購入を検討している方の参考になるようにお話をさせていただきます。



電動と手動

搾乳器には大きく分けると2種類あります。それは電動で動くものと手動で動かすものです。

まず搾乳器を選ぶにあたってこのどちらにするのかを決めなければいけません。どちらにもメリットとデメリットがあります。

電動のメリット

まず楽。この一言に尽きます。スイッチを入れるだけで勝手に搾ってくれます。手を使わないので腱鞘炎になる心配もありません。赤ちゃんの哺乳のリズムに似せた機能がついている機種もあります。強弱もボタン一つです。忙しいママにおすすめです。

電動のデメリット

価格です。手動のものと比べて高額です。あとは使い方を間違うと乳腺をいためてしまったり、細い乳腺をつぶしてしまう心配があります。
お手入れが手動に比べて大変なのと、音がするので神経質な赤ちゃんだと気になってしまうかもしれません。

手動のメリット

価格が手頃です。3000円くらいのものからあります。部品がバラバラになるので衛生的で、手の握る力で自分のおっぱい状態に合わせて強弱が調節できます。持ち運ぶにもコンパクトなので出先で搾乳するにも便利です。

手動のデメリット

手絞りよりは楽ですが、やはり手を動かすので疲れます。量が増えてくると時間もかかって手間にはなります。

搾乳器を選ぶポイント

自分に合った搾乳器を選ぶポイントを紹介します。

胸に当てる口の部分は密閉されるか?

これはすごく大切です。ここが密閉されていないと圧力がかからないので母乳が搾れません。
胸の大きさや乳頭の状態によって合うメーカーと合わないメーカーがあるので注意が必要です。

自分の母乳の量はどうか?

母乳の量がなかなか出ない人が力いっぱい搾乳しても乳腺を痛めてしまうだけです。やっぱり一番は赤ちゃんに吸ってもらう事ですが、入院していたりして赤ちゃんに直接吸ってもらえないママは赤ちゃんの吸う力を再現した搾乳器を使うといいかもしれません。

消毒方法

電子レンジ、煮沸、薬剤と消毒方法がありますが、対応しているものとしていないものがあります。毎回消毒はしなければならないので、自分にあった消毒方法が使える商品を選ぶのも大切です。

購入する?レンタルする?

搾乳器は購入する他に、レンタルするという方法があります。
高いけど電動が気になるなという人にはレンタルをおすすめします。
ただしレンタルも期間が長いと出費がかさみます。長い期間使用する予定なら思い切って購入したほうがいいです。

搾乳器は正直使ってみないと合う合わないは分かりません。
まずはレンタルしてみて、一番自分に合ったものを購入するのがいいと思います。

ネットでレンタルできますし、産院でも扱っているところがあります。一度聞いてみるのもいいかもしれません。



おすすめの搾乳器6選

ここでおすすめの搾乳器を電動と手動でそれぞれ3つずつ紹介します。

ピジョン搾乳器手動 ベビーリズム


¥ 6,980
アマゾンボタン

この搾乳器はポンプのところが二段階に調節できます。手の強弱だけじゃない細かい強さの調節ができるので、細い乳腺を潰さないようにはじめはマッサージを兼ねて弱くはじめて、だんだん体調に合わせて強くしていくことができます。

メデラ Medela Harmony ハーモニー 手動搾乳器/さく乳器


¥ 6,180
アマゾンボタン
これはハンドルが握りやすいです。スイスの赤ちゃんブランドで世界中のママが使っているそうです。赤ちゃんの吸う力を再現しているのでママのおっぱいにもすごくいいです。

カネソン さく乳器 ママおっぱい(手動)


¥ 3,504
アマゾンボタン

値段が手頃です。上の2つと少し見た目が違って注射器のような形をしています。あと、便利なのが保存ケースに入れて電子レンジで消毒ができます。忙しいママにはありがたいですね。

ピジョン搾乳器電動 ファーストクラス


¥ 8,717
アマゾンボタン

なんとこれには搾乳準備モードという機能がついています。いきなりカチカチのおっぱいを力強く搾乳してしまうと乳腺を傷つけてしまうのですごく有難いです。

あとは7段階の強さと4段階の早さを選べるので体調に合わせて細かく調節できますね!

medela swing(メデラスイング)電動搾乳器


¥ 21,600
アマゾンボタン

こちらもメデラの手動と同じく赤ちゃんの吸う力が再現されています。 手とは違って9段階の強さが選べます。

あとはACアダプタと電池に対応しているので外出先でも使用することができます。

Richell(リッチェル)搾乳器電動Plus


¥ 8,448
アマゾンボタン

この搾乳器はマッサージモードと搾乳モードの2段階リズムと9段階の強さが選べます。操作盤にバックライトが付いているので赤ちゃんを寝かしつけた枕元でも搾乳することができます。

本体以外は消毒に電子レンジ、薬剤、煮沸とどれでも対応しているので使いやすいと思います。

最後に

いかがでしたか?いろんなメーカーからいろんな機能のある搾乳器があって迷いますね。搾乳器はよくないと聞きますが、うまく使えばそんなことないです。

私も初めはよくないという情報だけ見ていましたが、搾乳器を使ったらとっても楽になりました

3時間おきとかに搾乳していると、夜中起きて搾っていると睡眠時間も取れなくて手で搾っているときはイライラしてストレスになっていました。

それを考えると搾乳器を使ってサクサク搾って少しでも睡眠時間が取れるのは有難かったです。これを読んでくれた方が自分にぴったりの搾乳器を見つけられますように。

お互い育児頑張りましょう!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします