1歳~3歳児

1歳11ヶ月赤ちゃんの成長の目安と特徴

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

よちよち歩きだったのが、いつの間にか駆け足ができるようになったり。

「ママ」しか言えなかったのが、いつの間にか色々な言葉を喋っていたり。ここ数カ月の子供の成長には本当に目を見張るものがありますね。と、同時に頭を悩まされることも増えてきていると思います。

1歳11カ月さん。ママたちが気になることを中心にまとめてみました。



1歳11カ月の特徴 -身長・体重

平均としては、

男の子は、身長約84.5~85.5㎝、体重約11.2~11.5㎏

女の子は、身長約83.5~84.5㎝、体重約10.7~10.9㎏

となります。元々の体格や運動量・食事量によっても差が出てきます。

元気に遊んでいる、急激に減った・増えたわけでない、ということであればあまり気にしなくて大丈夫ですよ。

1歳11カ月の特徴 -食事編-

駆け足やジャンプなどができるようになると、運動量が必然的に増えていきます。

するとそれまで少食だった子が急に食べるようになることもあります。

しっかり食べてもらうためにも、毎日公園などに連れ出してめいっぱい遊ばせておきましょう。

「ごはんイヤ!」

まだ遊びたくておもちゃから離れられない子は、一緒にお片付けをしてからテーブルにつくよう促してみましょう。

食べさせてもらうのがイヤな子もいます。

「自分でやりたい」という気持ちが強い時期ですから、なるべく尊重してあげましょう。

周りが汚れてもいいように準備しておくといいですね。

1歳11カ月の特徴 -ことば編-

「ママ、きて」といった二語文を始め、単語も沢山覚えてきている頃。

でも中にはまだ喋れる単語が少ない・二語文なんてまだまだ、という子も。

周りと比べて心配になることもありますが、個人差が大きいのでもう少し様子を見てあげましょう。

気になる方は、言葉のトレーニングをしてあげましょう。

言葉トレーニング

言葉を話すためには、【それがどんな名前なのか】【何を意味しているのか】を理解する必要があります。

絵本の読み聞かせや、家の中でも散歩中でもたくさん話しかけてあげましょう

指をさして名前を教えたり、嬉しいときや悲しいときの表情を伝えたり、です。

この積み重ねで、子供はまず言葉を理解していきます。それから声に出して喋りだすのです。

急に話し出す子・理解しているけれど喋るのが苦手な子、様々です。焦らずこつこつと、がポイントですよ。

歌をうたうのもおすすめ♪

歌が好きな子は多いですよね。幼児向け番組の歌や手遊び歌など、ママも一緒に歌って教えてあげましょう。

すぐに覚えて歌い始める子もいます。1つの言葉トレーニングになりますからおすすめです。

1歳11か月の特徴 -かんしゃく-

「自分でやりたいのにうまくできない」「おもちゃを取られた」といったことで、かんしゃくを起こすことがあります。

これは自立心の芽生えや、自分のものを判別できるようになった証拠。

成長に伴ってできることが増え、貸し借りも理解します。

成長する上での1つの通過点。少しずつ落ち着いていきますよ。

1歳11カ月の特徴 -あそび編-

駆け足や、少し高いところ(20㎝くらい)からジャンプするのが好きな子も多いです。

運動能力が上がってきた証拠ですね。

たくさん遊べばお腹もすきますし、夜の寝つきも良くなります。

事故・怪我を防ぐために

動きが活発になると、思わぬ事故や怪我が起こることもあります。。

外を歩くときには車道側にはママ・パパ、手を必ず繋ぐ、ジャンプした先に危険なものがないか、気を付けてあげましょう。

また、「ストップ」といったら止まるよう教えておくとことで、急な飛び出しを防げます。

男の子だから…女の子だから…決めつけないで!

車が好きな男の子、ぬいぐるみが好きな女の子、性別によって差が出ることがあります。

でも中にはその逆に当てはまることもたくさんあります。

それだけ色々なものに興味を持っている証拠。

今はその好奇心をより膨らませてあげましょう。



1歳11カ月の特徴 -歯磨き編-

前歯4本、糸切り歯左右1本ずつ、手前の奥歯左右1本ずつの、上下8本・合計16本が生え揃うころ。

あとは1番奥の奥歯を残すのみです。

子供が自分で歯磨きするようにも促してあげましょう。

また、フッ素を塗布して虫歯を予防するのも効果的。だからといって歯磨きをしないと虫歯になりますから注意してくださいね。

1歳11カ月の特徴 -トイレトレーニング-

おむつからトイレへ、まずは興味を持たせることからトレーニングを始めましょう。

そういった絵本もありますし、ママと一緒にトイレに行くのもいいですね。

濡れたのがわかるトレーニング用のパンツもあります。

完全におむつが外れるまで時間がかかるもの。

少しずつ進めていきましょう。

1歳11カ月の特徴 -イヤイヤ期-

「イヤ」だけでなく「ダメ」も増えてきますね。

服がいや、外に行きたくない、ご飯いらない…子供にしてみたら何か理由があるんでしょうが、こちらとしてはお手上げ。

良くないとわかっていてもイライラして怒ってしまいがちです。

ポイントは、子供の意思を尊重してあげること、です。

選択肢を子供に与える

「どっちがいい?」と聞いてあげるだけで、子供の意思を尊重できますよね。

洋服や靴、どこにお散歩に行くか、ご飯がいいかパンがいいか、どんな些細なことでもいいんです。

そしてきちんと選べたら「えらいね」と褒めてあげましょう。

それを嬉しいと思うようになれば、イヤイヤも自然と減っていきます。

子供の個性・気持ちを尊重できるように

これって、簡単なように見えて難しいことですよね。

時間がないから…汚れるから…危ないから…とつい手を出してしまいがちになるのもわかります。

でも今の時期の子供の自立心を育ててあげることはとても大切

気持ちに余裕を持って、ゆったりした気持ちで付き合ってあげられるといいすね。

この記事を書いたママ

mico

1歳の息子(別名:怪獣くん)相手に日々奮闘中。息子のおもちゃやら服やら色々作るの好きです。でもO型だから見えないところは大ざっぱ(笑)


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします