子供の健康・食事

うちの子大丈夫?睡眠時間がもたらす子どもへの健康の影響

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。ただいま0歳の娘を育児中の新米ママライターです。

子育てをしてると、子どもの睡眠について悩むことが意外に多いんですよね。

赤ちゃんの頃は寝かしつけに始まり、抱っこで寝かせると置くと泣く、夜泣きをするなどの悩みを持つものですし、少し大きくなってからも昼寝のし過ぎで夜に寝ないとか、夜更かしの癖がついてしまうとか、なかなか悩みはつきないものです。

子どもの睡眠時間が気になる方も多いと思います。
子どもはどれくらいの睡眠時間がベストなのでしょうか?今日は、睡眠時間がもたらす子どもの健康への影響についてお伝えしていきます。



年齢別の必要な睡眠時間

  • ◆  0歳  …12~18時間
  • ◆ 1~3歳 …12~14時間
  • ◆ 4~6歳 …10~13時間
  • ◆ 6~12歳…10~11時間
  • ◆13~18歳…8.5~9.5時間
  • ◆  大人  …7~9時間

もちろん、最適な睡眠時間には個人差がありますが、ひとつの目安にしてみて下さい。

例えば1歳の子供なら、21時に寝て7時に起き、2時間程度の昼寝を1~2回するといったところでしょうか。

筆者の印象では、思ったより多いなと感じました。今0歳のうちの娘が、夜間に10時間ほど眠り、お昼前後と夕方に1~2時間ずつお昼寝をしているのですが、0歳ならもう少し寝かせても良いんですね。

ただ夜間に10時間ほど眠るといっても、途中でちょこちょこ起きてはいるし、お昼寝も添い寝していないと割とすぐに起きてしまうし、寝ている間中抱っこかおんぶしっぱなしということもあって重くて相当疲れますし、たくさん寝かせるのもそう楽ではないんですよね…。

娘の機嫌や成長を見ながら、睡眠リズムを見直していこうと思います!

最近の子どもには睡眠不足の傾向が!?

現代社会では、大人も子供も睡眠時間が年々短くなっているといいます。

なぜかというと、スマホやパソコン、テレビやゲームなどを夜遅くまで使っている人が大人に限らず子どもにも非常に多く、そのような人が家庭にいると小さな子どももその影響を受けて夜更かしになってしまうからです。

また、父親は夜遅くまで長時間労働、母親もフルタイムで働いているとなると、当然朝は早くなりますし、親が帰ってきてからごはんやお風呂となると遅い時間にずれこんでいってしまい、睡眠時間が短くなるのです。

子どもの成長に睡眠が大切だというのは誰もが何となく知ってはいることですが、睡眠が足りないと具体的にどのような影響が出るのでしょうか?



睡眠不足が子どもの健康に与える悪影響

体の成長、知能の発達、運動神経の発達の遅れ

子どもの成長をつかさどる成長ホルモンは、主に夜眠っている時に分泌されます。

睡眠時間が足りないと、成長ホルモンがじゅうぶん分泌されず、骨や筋肉など体の成長が遅れることはもちろん、知能や運動神経の発達も遅れてしまうことがあります。

情緒不安定になりやすい


つまり、キレやすい子どもになるということです。

これは、自律神経の働きが関わっています。

睡眠時間が足りず起きている時間が長いと、副交感神経より交感神経の方が優位になっているので、興奮物質であるノルアドレナリンがより多く分泌され、すぐにイライラして怒りっぽくなったり急に感情が爆発したりと情緒不安定になりやすいのです。

肥満になりやすい

睡眠不足は肥満を招くと言われています。

交感神経が活発になることでインシュリンというホルモンの働きが弱くなり、血糖値が上がりやすくなる、脂肪を分解する作用のある成長ホルモンの分泌が足りない、食欲を増進させるホルモンが多くなるなど、睡眠不足には肥満になる理由が多いのです。

集中力や学習能力の低下

睡眠不足だとぼーっとする状態が多くなり、集中力や判断力が低下して社会生活の様々な場面で悪影響をおよぼす可能性があります。

特に子どもの場合、学習や習い事で集中力が足りないと身に付き難くなります。

また、ものをおぼえるにも適度な睡眠が必要とされていて、睡眠不足だと記憶が定着し難くなってしまいます。

過眠型睡眠障害になる可能性も

子どもが寝すぎてしまうというケースもありますが、これはそれ以前に睡眠不足の時期が続いたことの反動で起こっている可能性があります。

生活リズムがバラバラだったり睡眠時間を削って勉強などを頑張った結果、睡眠の質が落ち、長時間眠っていても日中眠くて仕方がなかったり、朝起きられなかったりといった状態になってしまうのです。

子どもを睡眠不足にさせないためには

親が子どもの生活リズムを整え、適正な睡眠時間を確保してあげることが大切です。

親の帰りが遅いからと言って遅い時間まで子どもと遊んでしまうのも考え物です。

また、やってしまいがちなのが、休日に家族全員で遅くまで寝るということです。これでは睡眠のリズムが狂ってしまいます。休日もいつもと同じ時間に起きるようにしましょう。

いつ寝ていつ起きるべきか、どれくらい眠るべきか、子どもは自分では判断できません。親がしっかり考えて導いてあげましょう。

子どもに良い眠りを!

睡眠は大人にとっても子どもにとっても大切なもの。

特に成長期の子どもにとっては、睡眠不足から色々な影響が出てしまうんですね。

筆者も子どもが睡眠不足にならないよう、気をつけていきたいと思います。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします