小学生・小学校

小学生の子を持つ親に多い悩みと解決法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3年生と5年生の子供を育てているママライターです。

子供が小学生になると少しずつ手がかからなくなり、親としては楽になるかも?!と期待をしたいところです。

しかし、実際には今までとは違う面で、悩みが尽きないのが正直なところかもしれません。

今回は、お子様がこれから小学生になるママや、小学生になったばかりというママに向けて、低学年においてありがちな悩み、そして解決法についてお話ししたいと思います。



友達関係での悩み

親を介さない友達同士の付き合いがどんどん増えて行きます。

子供同士の約束事

「友達と遊ぶ約束をしてきた!」という子供が言ったら、最初のうちは要注意です。

例えば「○時に○○公園で遊ぼうね!」と約束をしても、同時に到着するわけではありませんよね。

行ったけれど相手が来ていなければ不安になり、お互いにその場を離れて探しに歩いてしまい、出会えないという状況になりかねません。

その場合の対処法を身に付けるまで、密かに見守るか、または待ち合わせをせず一方の家に迎えに行く、家を出る前に電話をする等という方法を教えましょう。

子供同士の些細な喧嘩

友達と気持ちが通じ合わない、些細な事で誤解する、等で喧嘩が生じます。幼稚園とは違い、その場に親も先生もいない事が多くなります。

低学年のうちは、早いうちに解決させる事が大切です。後々まで尾を引き、中学年・高学年へと続き“いじめ”に繋がる可能性が大きくなります。

親同士が話し合える関係でない場合は、学校に相談しましょう。

勉強での悩み

宿題の悩みは、小学校入学後すぐに始まるかもしれません。

宿題をしたがらない場合

面倒、難しい、わからない、友達と遊びたい等の理由が挙げられます。まずは、解決に向けて子供の気持ちを聞くことが先決です。

子供の気持ちを汲みつつ宿題をする時間の約束をするのも良いでしょう。

または、やらないまま学校へ行かせ、先生から注意を受けることで次第に宿題の意味を理解するという方法もひとつです。

難しいと感じている場合は、先生に相談するなり、親がわかりやすく教えるなりの対処が必要です。

勉強について行けない

学校の勉強は個人指導ではありません。理解しないまま先へ進むのも仕方がありません。

親は教科書と家庭学習、宿題をしている様子をしっかり見て、何が苦手かを把握しましょう。そのためにも、リビング学習が最適です。

楽しい気持ちが出来る事へ繋がる時期ですから、「出来ない」という気持ちを植え付ける前に、先生に相談しましょう。



子供の心についての悩み

小学生は、1人立ちの第一歩。しかし、まだまだ子供です。

突き放しはいけません。

いつまでも「ママと一緒」と言っている方が心配です。

しかし、全く頼らない事も心配です。子供に必要とされた時は素直に応じ、子供が必要としない時は任せましょう。

子供がママを必要としているのに「自分で出来るでしょ!小学生なんだから!」と突き放す事だけは止めましょう。

小学生と言っても、まだまだ甘えさせる事が必要であり、甘えを受け止めてもらえた子供ほど、しっかり自立していきます。

口答えへの対処

子供が口答えをすることは気分が良い事ではありません。

イライラするのは当然ですよね。しかし、すぐに反応して叱る事は、子供の反抗に輪をかける事に繋がると考えます。

我が家の場合、子供が自分の姿を客観視できるように仕向けます。

黙ってじっと見る、笑いながら真似をするという方法で、子供は自分の言動にハッと気づいて、興奮した感情を落ち着かせて考える事が出来ると思います。

数日続く場合は・・・

数日続く場合は、何か心に秘めている悩みがあるのかもしれません。

その場合、1対1になれる時間を作り、じっくり話を聞く姿勢を見せましょう。

怒ったり笑ったりして誤魔化せない状況で、ママが向き合う事で、気持ちを開いて話し出す場合が多いでしょう。

パソコン・スマホ・携帯についての悩み

小学生になると持たせる親が増えていますね。

親の管理下で使用させる

現代社会の中で裂けては通れない悩みですね。

どれも便利なツールですから、使用する事に問題はないと思います。

ただ、子供に預けっぱなしは非常に良くありません。親がきちんと管理し、上手な使い方を教えなければなりません。

特にパソコンやスマホは何に使用しているのかを把握するために、しっかりフィルタリングをかけた上で、リビング等、親のいる前でだけの使用に留めることが大切です。

成長する子供の悩み

子供が生まれてからの悩み事は、母乳や離乳食から始まり、躾や友達作りへと発展、小学生になると精神的な悩みが大きくなります。

子供の悩み事も、心身ともに成長して行くものですから、親も一緒に成長しなければなりません。

周囲の協力を得る

小さな頃の悩みは、本やネットで調べて解決の糸口を見つけることが出来る場合が多くありました。

しかし、精神的悩みは、親だけで解決するのは難しくなってきます。

基本は家庭にありますが、家庭外でのトラブルも次第に増えますし、何より子供自身が親に何でも話さなくなってきます。

学校の先生や、周囲の親、児童館の先生等、周囲の大勢の人たちに見守られて子供は育ちます。困った時は素直に周囲の協力を得て、社会全体に子供を育てて頂くという気持ちで子育てに取り組みましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします