妊娠中期 妊娠後期 家計・暮らし

知っておこう!子供が出来ると増える3つの出費

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

子供が出来て家族が増えるのはとっても嬉しくて幸せなことですね。

子供との生活で楽しみが増える一方で、夫婦二人での生活では無かった出費も出てきます。

後になってあわてないためにも、子供が出来て増える出費について知っておきましょう。



その1 出産までにかかる費用

妊娠がわかってから出産までに、どのくらいお金がかかるのでしょうか。

妊婦検診の費用

妊娠や出産にかかる費用には健康保険が使えないので、治療などが必要になった場合を除いて自費扱いとなります。

自治体によって母子手帳と一緒に補助券が貰えますが、母子手帳を受けとる前の検診や補助券の金額をオーバーした分は自分で負担することになります。

一回の検診でいくらかかるかは検査の内容によって変わりますし、病院によっても差があるようです。

補助の範囲も自治体によって違うので確認してみましょう。

出産費用

赤ちゃん一人当たりにかかる出産費用の平均は、全国の医療機関で 約47万円 となっています。

出産一時金が42万円支給されるので大半はこれでまかなえますが、出産する施設によってかかる費用も様々なので、多めに用意しておいた方が良いでしょう。

出産準備費用

マタニティー用品や、赤ちゃんの肌着や洋服、ベビーベッド等の購入にかかる費用です。

あるデータによると、平均で13万円くらいかかっているようです。

使う期間が短いものなので、レンタルやお下がりも上手く利用できたらいいですね。

その2  育児にかかる費用

赤ちゃんが生まれてから育てるのに必要な費用です。

おむつ代

おむつでも布おむつの場合はあまりかからない費用になりますが、紙おむつの場合は平均で1ヶ月に3000~5000円程度かかるようです。

特に新生児のころはおむつを替える回数も多いのですぐに無くなります。

なるべく大容量のパックを買ったり、安いときにまとめ買いをして節約するようにしていました。



ミルク代

ミルク代も完全母乳でしたら0円ですが、完全ミルクの場合だと一ヶ月に7000円~1万円くらいが一般的のようです。

哺乳びんや消毒グッズも必要になります。

衣類 おもちゃ

着るものはすぐにサイズアウトしてしまうので、プレゼントで頂いたものやリーズナブルなものを着回していました。

お下がりが貰えるようだったらありがたく頂きましょう。

おもちゃは手作りもオススメです。

良いおもちゃはもらい物ばかりです。

衣類もおもちゃも、通販で安くて良いものが見つかることがあるので、探してみるのも楽しいですよ。

その3  学費

一般的に、子供にかかる教育費は一人1000万円以上といわれているそうですが、平成24年のデータによると…

幼稚園から大学まで全部公立で769万円、全部私立で2205万円かかる計算になるそうです。

習い事もさせてあげたいと思うと、もっと必要になります。

比較的お金のかからない子供の小さなうちから貯めておきたいですね。

学資保険に加入するのもオススメします。

【関連記事】

学資保険の選び方!初心者でも分かるポイント3つ

最後に

なんだか、子供を産んで育てるのは大変なことなんだということを思い知らされるようなお話になってしまいましたね。

でも子供と一緒の生活は、嬉しいことも大変なこともたくさんありますが、かけがえのないものになる事に違いありません。

お金に不安があっても、急に多額のお金が必要になることはほとんどないと思いますし、子育てを支援してくれる制度もあります。

可愛い我が子のために今のうちからコツコツ準備しておきましょう。


【電気代をもっと安くしませんか?】
業界初基本料0円の料金体系で年間1万円以上安くなるかも!(loopでんきPR)



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします