1歳~3歳児 子供の健康・食事 生後0ヵ月~12ヵ月

赤ちゃんの発疹を改善しよう!皮膚科の先生が教えてくれた改善方法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

しっとり柔らかく、つい触りたくなる赤ちゃんの肌。

そのなめらかな肌に赤い発疹が現れたら、赤ちゃんが痒そうにしていたら、気にならないママはいませんよね。

顔やお腹、背中の発疹で皮膚科を受診した生後8ヶ月の息子は、2ヶ月前にアトピー性皮膚炎と診断されました。処方された軟膏薬によって症状は抑えられていますが、現在も継続して通院中です。

敏感で繊細な赤ちゃんの肌トラブルについて、皮膚科の先生のお話を交えながら解説します。



あまり心配のいらない発疹もあります!

赤ちゃんの肌トラブルの原因は様々ですが、成長過程にみられる心配のない湿疹である可能性もあります。

落ち着いて症状をよく観察し、対処してあげてください。

乳児湿疹・脂漏性湿疹

生後3ヶ月くらいまでの間は、新陳代謝が盛んで多くの皮脂を分泌します。

その上、毛穴がまだ未発達なこともあり詰まりやすく、これが湿疹の原因となります。

泡立てた石鹸で円を描くように優しく洗い、皮膚を清潔に保ちましょう。

あせも

主に暑い時期に、背中や脇など汗をかきやすい部分に出る湿疹です。

これも毛穴に汗や皮脂が詰まってしまうことが原因です。

こまめにタオルでふき取るなどし、皮膚を清潔に保ってあげましょう。

できれば1日2回ほどシャワーで汗を流してあげるといいですね。

アトピー性皮膚炎とは?その原因は?

ここからは、適切な治療が必要な「アトピー性皮膚炎」についてのお話をします。

アトピー性皮膚炎は、乳幼児に多い皮膚の病気です。

アレルギーが関係する場合が多く、頭や顔にかゆみの強い湿疹ができ、良くなったり悪くなったりを繰り返します。

冬場は空気が乾燥し、皮膚がカサカサするため、かゆみも強くなります。

アトピー性皮膚炎の主な原因は?

・食べ物によるアレルギー

・ダニ・ハウスダストなどによるアレルギー

・乾燥肌など、バリア機能の低下

・ストレス

・遺伝的要因 

 などがあります。

いつまで続くの?

乳児のアトピーは比較的治りやすいと言われています。

成長とともに皮膚は丈夫になり、自然治癒力も高まっていくためです。

顔の湿疹は1歳頃までに、体の湿疹も1歳半~2歳頃には治癒する場合が多いとされています。

皮膚科の先生に聞いた!アトピー性皮膚炎の改善法

改善法は大きく分けると3つです。

①保湿をする

アトピー性皮膚炎の症状を改善させるために最も大切なのは「保湿」です。

患部をしっかり保湿して乾燥によるかゆみを抑え、かきむしることで悪化する症状を防ぐことができます。

市販されているもので言えば「白色ワセリン」が保湿剤としては有名ですが、皮膚科で処方されるアトピー用の保湿剤は「プロペト」が一般的です。

プロペトは白色ワセリンよりも精製度が高く、不純物の含有量も少ないため、刺激に弱い赤ちゃんの皮膚や、アトピー性皮膚炎の保湿剤として使用されています。

では具体的に日常のどんな場面で保湿剤を塗ると効果的なのでしょうか。

私も実践している「保湿のタイミング」をご紹介します。



飲む前、食べる前に

母乳やミルクを飲む前、または離乳食などを食べる前に、主に口の周りの湿疹を保護するように塗りましょう。

傷ついた皮膚からアレルゲンとなる物質が侵入するのを防ぐ効果があります。

お風呂上がりに

体についた水分が蒸発するのと同時に油分まで奪われ、これが乾燥の原因になります。

タオルで体を拭いたらすぐ、または拭く前に素早く保湿剤を塗りましょう。

寝た後に

元気いっぱいの赤ちゃんに「薬を塗ったから、触っちゃダメよ」と言っても聞いてはくれませんね。

お昼寝をしている時や夜寝てからなど、じっとしている間にしっかり保湿しましょう。

これらのタイミング以外でも、乾燥が気になる前に保湿剤を塗ってあげましょう。

常にしっとりしている状態が理想的です。

また、よだれや食べこぼしを拭く際は、拭い取るのではなく、ガーゼで上から押さえるようにすると、デリケートな皮膚を傷めにくくなります。

②環境を整える

改善法2つ目は、環境を整えることです。

住居

赤ちゃんの居住空間の掃除は、ダニ・ホコリ対策になります。

エアコンや加湿器のフィルター掃除をすることで、カビの発生を防ぐことができます。

衣類

衣類を洗濯する際、洗剤が残ってしまうと肌の弱い赤ちゃんにとっての刺激になってしまいます。

すすぎの時間を長めに設定しましょう。

また、我が家もそうだったのですが、楽なのでつい使ってしまいがちな「泡で出るタイプのベビーソープ」は、使用を控えるようにとのことでした。

界面活性剤の入ったものを使うと、皮膚の油膜まで洗い流してしまい、乾燥を助長させてしまうそうです。

なるべく界面活性剤の含まれない固形石鹸を使うといいでしょう。

③ステロイド外用薬を塗る

ステロイドは医師の指示のもとで正しい使い方をすれば、有効な改善法になります。

ステロイドって本当に危険??

ステロイドに関しては、副作用を懸念して使用をためらう方も多いのではないでしょうか。

ここで少しステロイドについてお話します。

ステロイドとは

実はステロイドは、私たちの体の中で毎日一定量作られているホルモンなのです。

このステロイドホルモンは、多くの炎症反応を抑制し、体の免疫バランスを保つように働いてくれています。

このステロイドを人工的に作った薬がステロイド外用薬です。

ただ、ステロイド外用薬はアトピー性皮膚炎を完治させる薬ではありません。

保湿剤だけでは症状が良くならない場合に、期間限定で炎症を鎮めるために使用する薬です。

気になる副作用について

医師の指示に従って、適切な量を適切な期間使用しているのであれば、副作用の心配はありません。

乳幼児に処方されるステロイドは薬効の弱いものです。

勝手に量を増やしたり減らしたり、また勝手に止めたりしなければ、つらい炎症を抑制してくれる有効な手段と言えるでしょう。

最近は市販薬として「赤ちゃんでも使えるステロイド」が手に入りますが、自己判断で使用する前に小児科や皮膚科の受診をおすすめします。

神経質になりすぎないで!

これは私自身に言い聞かせているのかもしれません。

親であれば、子供の心配をするのは当然のこと。

しかし、相手が赤ちゃんであろうと、親のストレスは子供に伝わってしまいます。

あまり神経質になりすぎず、ゆったりした気持ちで向き合うことこそが、症状改善への第一歩なのかもしれませんね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします