ママ友

ママ友から人気のママが大事にしている3つの事

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

ママ友同士のお付き合いはいろいろあって大変、、、上手くお付き合いできなくて悩んでいる人も少なくはないでしょう。

どうすれば仲良く接することが出来るのか、いくつかのポイントをお話しします。



いい関係はいい距離感から

人間関係で一番難しいのが距離の取り方です。ママ友ならではのベストな距離とはどれくらいでしょう?

ママ友は選べない

学生時代や独身の頃の友達とママ友の決定的な違いは、自分で選んだ友達かそうでない友達かと言うことです。

学生時代なら自分と趣味が同じ人や気の合う人とだけ付き合っていればよかったですが、ママ友はそうではありません。

「子供」を介して知り合うので自分の好きな人とだけ付き合えるわけではないのです。

線引きをするのも大事

ただ、同じ年代の子供がいるという共通点があるので仲良くなるのは比較的簡単でしょう。

しかし、そこから踏み込んだ関係になると今度は問題が出てくることも。よほど親しくなって気心が知れるまでは

自分のプライベートなことはいっぱい喋らない方がよいでしょう。

ドライなくらいがちょうどよい

女性というのはいくら親しい人に対しても「妬み」や「そねみ」といった感情を抱くものです。

羨ましいという気持ちがいつしか妬みに変わり、自分では気づかないうちに相手から嫉妬されてしまうこともあるのです。

年収や学歴などはよほどのことがない限り話さない方が無難です。少し冷たく感じるかもしれませんがドライな方が長続きします。

詮索しないのがルール

自分の事を話し過ぎないのと同じように、他人の事もあまり詮索しないようにしましょう。

誰でも聞かれたくないことはあるはず。向こうから話してこないことを根掘り葉掘り聞いてしまうのは嫌われる原因になります。



してはいけないことを守りましょう

ママ友に限らずすべての人間関係において言えることですが、するべきことよりしてはいけないことを守った方が素敵な人間関係が築けるものです。

悪口は言われても言うな!

絶対にしてはいけないこと、それは悪口を言うことです。どんな理由があれ悪口を言うのは避けましょう。

自分が主になって言うのはもちろんですが悪口を言っている人に同調するだけでもよくありません。

あとで「○○さんも悪口言ってたよ」という風になりますし、悪口を言う人はいろんなところでいろんな人のことを言うものなので

いつかは自分の事も言われると思っている方がいいでしょう。

自慢話はご法度

自慢話をするのもよくありません。自分では自慢しているつもりがなくても聞く人によっては自慢ととられることもあります。

必要がない限り、あまり家庭の事情や自分の過去のことなどをペラペラしゃべらない方が賢明です。

群れはトラブルのもと

女性はどうしても群れになりがちです。グループを作って常に一緒に行動したり、他のグループと距離を置いたり、、、

なるべくどこか特定のグループに入らないとこをお勧めします。いろんな人と程よい距離を保ちながら付き合った方がトラブルに巻き込まれることも少ないでしょう。

割り切って考えることが大事

ママ友とは「子供を通じて仲良くなる友達」ですよね。子供の環境が変わればお付き合いが変わってくることもしばしば、、、

もし上手くいかなくても一生続くものではないと割り切って考えましょう。

聞き上手は付き合い上手

短い間のお付き合いだとしてもなるべくならみんなと仲良くしたいもの。

男女のお付き合いでも同性同士のお付き合いでも好かれる人の共通点としてあげられるのが「聞き上手」な人です。自分の事を話す前にまずは相手の話しを聞いてあげる。

これだけでも周りからは素敵な人に見えるでしょう。

自分のルールは守る

人間関係で大事な事の一つに「協調性」があります。確かにみんなと合わせる柔軟性も大事ですが、あまり周りに合わせてばかりだと

疲れてきます。特に子育てにおいての自分のルールは明確にしておきましょう。

お互いを尊重し合う関係

例えばお友達のおうちに遊びに行かせてもらう時などは

「うちはオヤツの時間は3時と決めてるのでそれ以外は出さないようにしてるので協力してもらえるかな」

という風にあらかじめ伝えておきましょう。前もって伝えておけばどちらも嫌な気分にならないし、いい関係を気づいていけることにもつながります。

せっかく知りあったママ友。お互いにいい関係が築けるように少しの努力と気遣いをして、楽しいママ友ライフを送ってみましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします