妊活・べビ待ち

不妊治療のはじめ時っていつ?早いほうが良い?どんなメリットがある?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

もしかして私って子供が出来づらいのかなと思っているあなたへ

大体の人は現在に至るまで、赤ちゃんって普通にHしていたら出来るものだと思ってきたはずです。なのに結婚して普通に性生活を送っていても、なかなか子宝に恵まれない。

それが1年以上続いているのだとしたら、夫婦のどちらかに何か問題があるのかもしれません。どうしても子供が欲しいと思うお2人は、1歩踏み出してはいかがでしょうか。



不妊治療をはじめるなら今

誰だって、何もないのに病院に行きたくないと思います。特に婦人科で診察台に乗るのって嫌なものですよね。

踏み出せない気持ちはわかります。

ただ、あなたが本当に赤ちゃんが欲しいと思っていて、自分はもしかしたら出来づらいのかもしれないと感じているのなら、明日にでも病院に行ってみるべきです。

聞きたくない事を言えば、1年普通に性生活を送っていたら、さらにそれがもし妊活だったとしたら、もう妊娠していてもおかしくないはずなのです。

意外と知られていない卵巣の老化

女性の方は健康ですか?だからといって、人より長く妊娠する可能性を持っていると思っているあなた、それは間違いです。

健康で人より体力があっても、卵子を作る機能は歳と共に衰えていきます。女性の子供を作る機能は、男性よりもずっとずっと繊細なのです。

タイムリミットは34歳。それ以降は卵子の数が劇的に減っていくのです。

若ければ安心、ではない!!

上記のような事を書くと、私達は若いから大丈夫と思う方々がいる事でしょう。

でも、出来ない理由は1つではないのです。

原因不明の不妊というものもあるので、子供が欲しいと思ってから1年以上経っている方は検査をおすすめします。

原因不明と言われてもピンとこないかもしれません。代表的なものの1つとして「ピックアップ障害」というものがあります。

他の機能が万全でも、精子を卵巣に吸い上げることが出来ず、受精が出来ないというものです。

若いし、タイミングも合っているはずなのに、子宝に恵まれない方はこういった原因があるのかもしれません。

なぜ早めに受診を勧めるのか

病院に行ったら、すぐに原因がわかって、治療が始まると思っていませんか?

実はそうではないのです。

不妊治療は検査が終わってから

病院へ行くと、女性にはそれぞれの生理周期があるので、それに沿った検査をします。

男性は精液を検査する1回で済みますが、女性は1ヶ月のホルモンだったり、卵子の出来具合だったり、卵管の調子だったり、調べる事がたくさんあります。

受診して、検査が全て終了するまでにまず最初の1ヶ月が過ぎます。

時間を無駄にしないためには、生理が終わったらすぐ病院に行くのがいいでしょう。

タイミング法の罠

検査が終わると大半の人が、タイミング法という1ヶ月に1回「この日にHして下さい」という日を教えてもらう治療が始まります。

字にするとなんてことのない事なのですが、1ヶ月に3日しかないというこの受精チャンスが、男女お互いにプレッシャーをかけます。

何しろ、1年に12回しか赤ちゃんの出来るタイミングってないのです。

男性が協力的なうちはよいのですが、女性は結構追い詰められていくので、段々と2人共Hを楽しめなくなっていきます。

治療が長引いたときの心理状態

タイミング法で妊娠できればそれに越したことはありません。

が、治療が長引くほど特に女性は追い詰められて、少し病みます。

友達や芸能人の妊娠・出産を素直に祝えなくなり、聞きたくなくなります。

しばらく出来ないと、1度病院に行くのをお休みします。

排卵検査薬を使ったりして、自分でタイミングを計ってHします。

皆、やっぱり自然妊娠したいものなのです。



気が付いたらまた歳をとっている

それでも出来なくて、また病院に行こうと決めた時、あなたはいくつになっているのでしょうか。

卵巣の老化が進んでいたら後悔しませんか?

早めの受信が、あなたの妊娠を早めるかもしれないのです。

病院へ行ってみるメリット

赤ちゃんが出来なくて、ずっともやもやした気持ちを引きずっていくのでしょうか。

確かに治療費はかかります。

でも、あなたの心身を晴れやかにすることも大事にして下さい。

女性が原因ではないかもしれない

妊娠というと女性が全て請け負っているような気がしてしまいます。

ですが、不妊は女性が原因ではない場合があります。

残念ながら、治療に積極的ではない男性もたくさんいますが、赤ちゃんを授かるのも育てるのも共同作業な事を忘れないで下さい。

検査を嫌がる男性に子供を育てる事が出来るでしょうか。

男性が検査をする事も、女性のメンタルを助ける事だと理解して下さい。

2人の気持ちを確かめ合う

不妊治療をしてまで子供が欲しいのかという事を、あらためて2人で話し合う機会になると思います。

自分達がどの方向に進むのか、決して1人で悩まないで下さい。

たとえ子供が出来なかったとしても、2人で仲良く暮らしていくのですから、正直な気持ちをたくさんぶつけ合いましょう。

妊娠がゴールではない

不妊が気になり始めると、まるで妊娠する事が最終目標のように思えてきます。

でも、そうではないですよね。

「産んで育てる」という続きがあります。

歳をとってから子供を育てるのって大変!!

少しでも早い方がいいというのは、本当はそこかもしれません(笑)

なかなか妊娠しないと思っているあなた、明日にでも検査に行ってみませんか。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします