兼業主婦 専業主婦

夜型から朝型にして分かった主婦の朝活メリット4つ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。小学生と中学生の子を持つ母親ライターです。

主婦や子育て業はとかく時間に追われがちですね。自分の好きなこと、仕事にかかわる勉強などはつい後回しになってしまいます。

でも何かに向かって少しの時間の積み重ねをしていきたいですよね。また、在宅の仕事やPTAの資料作成など集中して一気に仕上げたい・・

そんな時は家族が眠っている早朝の時間を利用しましょう。子どものお弁当作りに追われていても、もうひと踏ん張り早起きをしましょう。それは他でもない自分のためですから!

では、朝早く起きて活動をするメリットにはどのようなことがあるかをお伝えしたいと思います。私が夜型人間から朝型にシフトしたメリットを4つご紹介していきます。



メリットその1.頭が冴えているので思考力、集中力UP

私は夜家事を終えると睡魔に襲われ、資料作成やデータ入力などミスが多く効率の悪い仕事をしてしまいます。

ですが、早朝起きてシャワーを浴びるか暖かい飲み物で目を覚まし作業にむかうとトントン拍子に進みます。ミスにも気づきやすいです。

子ども達を起こすまでとタイムリミットもあるので仕事のテンポが速く時間内で終えることができます。

またタイムリミットに間に合わない時はそこで打ち切る。あと5分などと続けるとその後バタバタの悲劇が待っているので、時間に折り合いをつけることができます。

メリットその2.家事を早めに終わらせてその後の時間を有効にできる

私の叔母はとても掃除好きな人で、泊まりに行くと毎回早い時間から家の掃除をはじめていました。

朝食は6時頃にはできていていたので5時台には料理をはじめていたのでしょう。

そして掃除。学生でグータラの私が起きる頃には全て終わっていて、朝食をとる私とゆっくり向き合って色々相談にのってくれました。

そうして考えると叔母には午前中からたっぷり自分の時間があった訳です。

仕事や勉強を先にもってくるのではなくても1日を有効に使えるスタートになりますね。

掃除、洗濯、夕食の仕込みなど頭が冴えているとはかどりますし、家の中がすっきりしていて気分よく過ごすことができます。仮にその後仕事に出るにしても帰宅後は楽ですしね。

メリットその3.自分の好きなこと、やってみたいことじっくり向き合える

家族が起きている間はその世話に追われてしまい、じっくりと考え事ができないものです。

読書なんかもそうですね。なかなか読み物が先に進まない。

しかし、朝30分とか1時間ぐらいしか時間がとれなくてもそれが全部自分のための時間だったら毎日に換算すると確実に自分の蓄えになると思います。

将来自分が何をしてみたいかゆっくり思い描くのには朝は貴重な時間だと思います。日中や夜は雑念・雑事が入ってきますから。

少し先の自分がいきいきといられるために朝のイメージトレーニングや勉強は続けたいですね。



メリットその4.運動もこの時間がいい!

ダイエット、健康維持のための運動は毎日続けることが難しいです。まして朝は・・・

それに冬場は寒いし暗い。ただ朝は空気が気持ちよく、運動に適しています。冬は少し明るくなってからでもいいので起きて身体を動かしましょう。短い時間でもいいと思います。

家の中で行うストレッチも朝行うと有効です。軽い運動でも血の巡りがよくなってその後の身体や頭が冴えてきます。お腹もすくのでしっかりと朝食も食べたくなる。

朝は脳のエネルギーが低下しているので朝食でエネルギーであるブドウ糖をとります。

日中の生活を活発にするために運動をしてたっぷりのエネルギーを朝食でとりましょう。

お子さんが幼稚園に入ったら朝活を

以上のメリットは筆者が体験しているものです。

4つ目の運動に関してはちょっとへこたれてしまうこともあるのですが・・。

私は夜型人間の典型でしたが、自分ひとりになれる時間が朝しかないと思い、早起きにかえました。この時間に仕事を済ませたり、検定の勉強やアイロンがけ、ボタン付けなどもしています。

お子さんが本当に小さいうちは隙あらば睡眠をとらないと身体がもちませんから、就園、就学したあたりから朝活はいかがでしょうか?

少しずつの積み重ねが楽しい生活をもたらせてくれると思います。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします