小学生・小学校

小学生のスマホトラブル4つのケース!親としてできることは?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

スマホはとても便利でママ達も使っている方が多いのではないでしょうか。しかし一歩使い方を間違えると怖い結果になってしまうことも。

そんなスマホですが最近では小学生で持っている子もいますよね。

習い事に行くときに心配だから持たせていたりと色々な理由から持たせていると思いますが、スマホトラブルに巻き込まれないかひやひやしているのではないでしょうか。

小学生が巻き込まれやすいスマホトラブルにはどんなものがあるのか知っていただき、そうならない為に親としてできることをご紹介していきますので、参考にしてみてください。



オンラインゲームで課金されてしまった

アプリで楽しいオンラインゲームがたくさんありますよね。

無料のオンラインゲームでも知らずにゲーム内でアイテムを購入するなどして、クレジットカード会社から多額の請求がくるなどのトラブルが多発しているようです。

子どもによるオンラインゲームのトラブルを防ぐためにも、私たち親がスマホの機能を知ることや、オンラインゲームをやるときのルールを子どもに徹底させることが重要となってきます。

オンラインゲームのトラブルで親ができること

まずはオンラインゲームをやらせないことがトラブルを発生させない唯一の手段です。

オンラインゲームをやらせるのであれば、子どもと一緒にそのゲームの内容や課金の仕組みについて確認することが大切になってきます。

タップしてはいけないアイコンなど説明すること、タップするとお金が発生してしまうことを説明しましょう。

またクレジットカードの管理に気をつけましょう。

カードの保管場所に気を配ったり、ネットショッピングなどクレジットカード情報を登録してあるサイトの管理も大切になってきます。

クレジットカードを勝手に利用されないように注意してください。

もしトラブルが発生してしまったら、親子で最寄りの消費生活センターに相談してくださいね。

ワンクリック詐欺や架空請求にひっかかってしまった

ワンクリック詐欺という言葉を聞いたことのある方も多いと思います。

いつの間にか詐欺グループの広告をクリックしてしまい、クリックした時点で料金が発生してしまうという恐ろしい詐欺です。

詐欺広告をクリックした時点で「会員登録が完了しました。入会金〇〇円を支払ってください」とスマホ画面にメッセージが表れ、何をしても請求画面が消えないようなしくみになっており、子どももきっと怖い思いをすることでしょう。

子どもの為のセキュリティ対策を

小学生の子どもにワンクリック詐欺などのサイトにアクセスさせたくないのであれば、フィルタリングを使ってみてください。

「見たいサイトが見れない!!」と子どもから文句があるかと思いますが、子どもを守るために必要なことです。

インターネットはためになる情報がたくさんあるけれど、詐欺などの怖い情報もたくさんあること、悪質なサイトをクリックしてしまったら、個人情報が抜き取られてお金を請求されたり、怖い人が家まで来てしまったりするかもしれないことなど、なぜフィルタリングが必要なのかをしっかり説明しましょう。

ワンクリック詐欺にひっかかってしまった場合は

もしも子どもがワンクリック詐欺にひっかかってしまったら…完全無視です。

あくまでも架空請求なので料金を支払う必要はありませんし、相手の電話番号が載せてある場合もありますが、絶対に連絡しないでください。

連絡してしまうと相手に電話番号が知られてしまいます。

その時点で「払うだろう」と思わせることになり、色々な手口を使って脅してきます。

無視していれば「払う見込みのない客」ということで諦めも早いのです。

参考:警視庁サイト-インターネット閲覧中に突然料金請求画面が表示された-



SNSでのトラブル

FacebookやLINE、Twitterなど友達との交流の場であるはずのSNS上でのいじめが最近ではよく聞かれますね。

このようなトラブルは管理がとても難しいです。

トラブルが発生した後の対処はできても、未然に防ぐことがなかなかできません。

SNSでのトラブル対処法

未然に防ぎたいのであればSNSを利用させないのが一番ですが、そうもいかない場合は発生した後の対処法を心得ておいてください。

もしSNSを使ったいじめにあってしまったら、子どもは見たくないので内容を履歴から削除してしまうかもしれません。

事実がなくなってしまいますから、履歴は必ず残しておくことを事前に説明しておきましょう。

子ども同士のやり取りでなかなか親の目に入るものではありませんから、子どもがひとりで悩んでいる場合もあります。

そのような結果にならない為に日頃から「何かあったらパパとママが守るから、いつも味方だから」と話しておき、いつでも相談にのれるようコミュニケーションをまめにとるなどしておきましょう。

スマホ依存により集中力や学習に影響が

子どものスマホ依存に関して、最近ではとても問題視されています。

夜中までスマホを使ってLINEやオンラインゲームをしていたりするので、睡眠不足になったり家族とコミュニケーションをとらなくなったなどの影響もあるようです。

睡眠不足になれば学校にいる間に眠たくなったり、授業に集中できなくなってしまったりして成績にも影響しますよね。

子どもの安全の為に与えたスマホも、このような状態になってしまっては意味がありません。

スマホ依存にさせないために

子どもがスマホ依存になってしまう前に対策をとりましょう。

スマホを持たせるのであれば、夜〇時以降は親が預かること、オンラインゲームは1時間だけ…などとルールを決めてしまうのが一番です。

スマホ依存になってから取り上げると発狂してしまうほど拒否される事態になってしまうこともありますから、やはり持たせる時点でルールを決めておいた方がいいのですね。

さいごに

いかがでしたか?

小学生のスマホトラブルには恐ろしいものがたくさんです。

未然に防ぐ為にも、スマホは便利だけれど使い方を間違えたら怖いことになることを初めにしっかりと説明しておくことが大切ですね。

子どもが間違ったことをしたら親がきちんと責任をとらなければならない間は、子どもとのコミュニケーションをしっかりとることを忘れることなく管理をすることを心がけてください。

スマホの使い方を教えるのも教育ですから、より良い利用方法を教えてあげてくださいね。


この記事を書いたママ

めぐめぐ

8歳男の子と6歳女の子のママしてます。どちらもプチ反抗期中!大変ですが毎日楽しく育児してます。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします