1歳~3歳児

1歳9ヶ月赤ちゃんの成長の目安と特徴

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

色々なことが上達してきたその姿は、もう赤ちゃんとは言えなくなってきましたね。

でもママの育児の悩みは尽きないもの。こっちが解決したと思ったら、次はこっち…大切な我が子のことだからこそ気になりますね。

今回は1歳9カ月さんのあれこれ、一気にまとめてご紹介します。



1歳9か月の特徴 -身長・体重-

男の子は、身長約83.0~84.0㎝、体重約10.0~11.0㎏

女の子は、身長約82.0~83.0㎝、体重約10.4~10.5㎏

1人1人の体型も個性。

これはあくまで平均、目安程度に考えてくださいね。

小さめさんは…

少しずつでも増えている、元気に遊んでいる、ということであれば心配しなくて大丈夫。

ただし、食べる量が少なくて体重も減ってしまっているという場合には、小児科や栄養相談などで相談してみましょう。

大きめさんは…

急激に増えた、ということでなければこちらも心配はいりません。

成長するにつれて段々とスリムになっていったという声もありますしね。

ただし、甘いものの与えすぎやだらだら食べで大きくなってしまった場合は、生活習慣の乱れや肥満にも繋がります。

これは改善するようにしましょう。

1歳9カ月の特徴 -食事編-

体力がついてたくさん遊ぶようになると、食事もしっかり食べるようになります。

朝昼晩の食事に加えて、大体10時と15時ごろにおやつ(捕食)をあげてエネルギーを補ってあげましょう。

甘いものではなく、果物やおにぎりといったもの、食事で摂りきれない栄養素を補うものを意識してあげるといいですね。

1歳9カ月の特徴 -睡眠編-

昼間しっかり身体を動かして遊ぶと、夜はまとめてぐっすり眠るようになります。

ですが中には、昼間受けた刺激から夜泣きする子もいます。

怖い思いをしたというだけでなく、すごく楽しかったことも興奮材料=刺激となって夜泣きしてしまうのです。

脳の成長に伴ってこうした夜泣きは落ち着いていきます。

この頃の夜泣きは一時的なものが多いので、ゆったりした気持ちで落ち着かせてあげましょう。

1歳9か月の特徴 -ことば編-

好奇心旺盛になり色々なものに興味を持つと、その名前を知りたがるようになります。

色々なシーンで「これなぁに?」と質問してくるようになるでしょう。

これはお喋りを促すためにも大切なこと。

言葉をたくさん覚えれば、その分お喋りも上達していきます。

葉っぱやお花などの正しい名前がわからなくても「きれいなお花だね」というような答えで十分。

あまり気負わずに会話を楽しみましょう。

こちらからの質問にも答えられるように

絵本を見ながら「これなぁに?」と聞くと、「わんわん」と答えられるようにもなります。

そのやり取りが楽しくて、子供から「もっと聞いて!」とせがんでくることも。

「ご飯おいしい?」「このうた好き?」など色々なことを聞いて、お喋りは楽しい!と教えてあげましょう。

今まで以上にお喋りしてくれるようになるかも知れませんよ?



1歳9か月の特徴 -あそび編-

運動能力の発達が著しいこの頃。

身体を動かす遊びを通して、丈夫な身体を作っていきましょう。

例えばかけっこやボール投げ、ジャンプにダンス。

部屋の中なら、芋虫のようにごろごろ転がるだけでも全身を使います。

指先の運動になる遊びも大切

砂遊び・粘土・お絵かき・積み木といった遊び、これらは想像力を養う上で大切になってきます。

汚れるからと嫌がるママもいますが、割り切って目一杯遊ばせてあげましょう。

誤飲などの事故にだけ気を付けてくださいね。

あまりこういう遊びが好きじゃないみたい…という子は、ママも一緒に遊んでみましょう。

好奇心が刺激されて、ママの真似っこをして遊ぶようになりますよ。

1歳9か月の特徴 -かんしゃく・イヤイヤ-

お喋りが上達したとはいえ、まだ自分の思っていることを上手に伝えられません。

イヤイヤしたり、かんしゃくを起こしたりするシーンがあるでしょう。

それに付き合ってママがイライラ…なんてことも少なくないかも。

かんしゃくは、言葉を覚えていく中で少しずつ減っていきますからもう少しの辛抱ですよ。

何をするにも「イヤイヤ!」…

1番多いのは「自分でやりたい!」から「イヤイヤ!」するパターンだと思います。

時間はかかりますが、着替えや食事などはどんどんやらせてあげましょう。

自分の意思が尊重された、と子供も嬉しくなります。

難しそうなところはさりげなく手助けしてあげましょうね。

洋服や靴などは「どっちがいい?」と選ばせてあげるのもいいですよ。

1歳9カ月の特徴 -しつけ編-

自分で出したおもちゃを片付ける、そういったしつけも必要になってきます。

ご飯の前や寝る前などに「お片付けしよう!」と声をかけて、最初は一緒に片付けます。

できたら褒めてあげるのも忘れずに。

覚えていくうちに「お片付けしてくれる?」と言うと1人でもできるようになっていきます。

遊び感覚で教えるのが◎

お片付けをゲーム感覚にしてしまうのもおすすめです。

「どっちがたくさんおもちゃを片付けられるかなぁ?」「30数えるうちにお片付けできるかな?」という具合。

遊びながらお片付けできるので嫌がらずにやってくれる子もいます。

それでもまだまだ甘えん坊な1歳9カ月さん

見た目は赤ちゃんを卒業しても、中身はまだまだ赤ちゃん。

ママが大好きな甘えん坊さんです。

甘えることで心の平穏を保っているとも言えます。

心が満たされるとかんしゃくも少なくなるもの。

スキンシップの時間や一緒に何かをするという時間もたくさん取ってあげましょうね。

この記事を書いたママ

mico

1歳の息子(別名:怪獣くん)相手に日々奮闘中。息子のおもちゃやら服やら色々作るの好きです。でもO型だから見えないところは大ざっぱ(笑)


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします