女性の健康

ヨガの呼吸法が心と体にもたらす素敵な効果!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

日本でも近年大人気のヨガ。特に女性の間ではオシャレなウエアも沢山ありファッション的な感覚で取り入れている方も多いですよね。

でもヨガの本当の魅力はもっと奥深いものがあります。おうちでも簡単に出来る方法でヨガの効果を感じてみませんか?



ヨガの呼吸法を知らなきゃ損!?

ヨガというとアクロバティックなポーズを想像する方も少なくないのではないでしょうか。

そのため体が柔軟でないと出来ないと思い二の足を踏む方もいるでしょう。

でも難しいポーズを極めることがヨガの本来の目的ではありません。

呼吸を意識したことありますか?

ではヨガで最も大事なこととはなんでしょう。

それは”呼吸”です。

生きている以上は誰もが当たり前のようにしている呼吸ですが少し意識するだけで心や体に様々な良い効果をもたらしてくれます。

ではどういう呼吸がよいのでしょうか?

口ではなく鼻で呼吸しましょう

ヨガの時に行う呼吸は鼻呼吸が基本です。

口ではなく鼻から呼吸することでより深い呼吸が出来ます。

そのうえ鼻から息を吸うことで空気中のウィルスを鼻の粘膜が取り除いてくれるので風邪などの病気予防にもなります。

より深い呼吸が出来る完全呼吸法

呼吸には「胸式呼吸」と「腹式呼吸」がありますが、ヨガにはこの2つを同時に行う「完全呼吸法」というのがあります。

お腹と胸の両方に息を吸い込み深い呼吸をすることで体全身に新鮮な空気を取り入れることが出来ます。

深い呼吸をすることで脳にも沢山酸素を送り込んでリラックスできます。

完全呼吸法をマスターしてみましょう

ヨガのポーズをとるのは本やインターネットの絵や写真を見て真似しようとしてもなかなか難しいですが、呼吸法なら簡単に出来ます。

場所もとらず道具もいりません。すぐに始められる呼吸法を早速実践してみませんか?

座る場所さえあればすぐ出来る

まずは座り方から。平らな床に座り足を前に伸ばします。

左右どちらかのかかとを会陰部に引き寄せ、もう片方のかかとをその前につけます。

両方のかかとがおへその真下にくるようにしましょう。

お尻のお肉を手で外にかき出す様にして坐骨で座るようにします。

両手を膝の上に置き手に平を上向きにして目を閉じます。

背筋をまっすぐに伸ばし、あごを引いて肩の力を抜きましょう。

大事なのは背筋!

座る時に一番肝心なのは背骨をまっすぐに伸ばすことです。

背筋が丸くならないように肩が骨盤の真上にくるようにします。

もしあぐらをかいて座った時に背骨が丸くなってしまう時は正座でも構いません。

正座の時は膝とかかとをくっつけて、両方のかかとの上にお尻をのせます。

手のひらを上にしてももの上にのせます。前かがみにならないように注意しましょう。

まずは少しずつゆっくりと

座り方が整ったら、まずは普段通りの呼吸を1分間くらいして心を落ち着けましょう。

心穏やかになったら肺の中にある空気をすべて鼻から吐き出します。

そして鼻からゆっくり空気を吸い込んでお腹を膨らませ、胸も大きく開いて鎖骨の方にまで空気を取り込むようにします。

体全身に新鮮な空気を取り入れるつもりで大きく、ゆっくりと吸い込みます。



毎日続けることが大事

全身に空気を取り入れたら今度はゆっくり吐き出していきます。

鼻から細く長く吐き出して、肩を下げ胸を中央に引き寄せお腹もぺちゃんこにしていきます。

すべての息を吐ききったら自然と鼻から空気が入ってくるのでまた大きく吸い込んでいきます。

それを3分~5分ほど続けます。

慣れてきたら少しずつ時間を伸ばしていきましょう。

1日10分を目安に毎日続けてみましょう。

呼吸を変えれば体も心もどんどん変わる!

慣れるまでは少し難しく感じるかもしれませんが、毎日続けて行えばどんどん深い呼吸が出来るようになってきます。

では深い呼吸を続ければどんな効果があるのでしょうか。

呼吸ひとつで体も心も少しずつ変わってくるかも、、、

美人への一歩は呼吸から

まず深い呼吸をすることで体全身に新鮮な空気がいきわたり新陳代謝が活発になります。

新陳代謝が活発になれば肌や髪の毛のツヤもよくなり、便通もよくなります。

手足の末端にも酸素がいきわたり冷え性予防にも効果的。

腹式呼吸をすることで腹筋を使うのでポッコリ下腹もスッキリしてくるのも期待できます。

自分と向き合うことが大事

深い呼吸は身体だけでなく精神的にもいいことがいっぱいです。

深い呼吸で脳にまで酸素が行き届けば脳が活性化され考えがクリアになり、ストレスが溜まりにくくなります。

目を閉じて呼吸に意識を集中することで瞑想に近い状態になり、自分自身を見つめ直す貴重な時間にもなります。

呼吸上手はストレス知らず

また呼吸をすることで自律神経を整えることもできます。

吸う息で身体の前面にある交感神経を刺激し、吐く息で体の後面にある副交感神経を刺激するので呼吸を深めれば深めるほどこの二つをバランスよく刺激出来るのです。

自律神経が整えばストレスが溜まりにくくポジティブな考え方が出来るようになります。

深い呼吸を続ければあなたの心と体に少しずつ素敵な変化が生まれてくるでしょう。

今日からあなたも始めてみませんか!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします