子供の教育・成長・遊び

女の子のママが娘に読んであげたい絵本ベスト5

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

本が大好きな一人娘を持つ母親ライターです。

娘の本好きは小さな頃欠かさなかった絵本の読み聞かせもきっかけのひとつだと思っています。

そこで、本好きな女の子に育てたい、というお母様のために「女の子におすすめの、女の子が活躍する絵本」を5冊集めてご紹介します。

元気な女の子、夢見がちな女の子、のんびり屋さんな女の子。

いろんなタイプの女の子がいます。

どんなタイプの女の子も主役になれる、そんな感じでいろいろタイプの女の子が登場する絵本を選んでみました。



「めがねうさぎ」


・作・絵:せなけいこ
・出版:偕成社

アマゾンボタン

本が大好きでめがねをかけるようになったうさこはめがねうさぎと呼ばれるように。

ところが森にめがねを落としてしまいます。

夜の森にはおばけが住んでいて・・・

どんなときも自分のペースを崩さないうさこの活躍がたまりません。

のんびり屋だけど芯の強いタイプなのです。

おばけもとってもユーモラス。

ちぎり絵で描かれた独特の味わいのある絵柄も子供心を掴むようです。

めがねうさぎシリーズは全4巻。

「シンデレラ―または、小さなガラスのくつ」


・作:シャルル・ペロー 
・絵:エロール・ル・カイン
・出版:ぽるぷ出版

アマゾンボタン

色彩の魔術師とも言われるエロール・ル・カインのシンデレラ。

どのページも美しく、女の子ならうっとり眺めているだけでも楽しめそう。

このル・カイン版のシンデレラは優しく素直で、そしてとっても強い女の子。

とかげも平気、ねずみも平気。

魔女に提案だってしちゃいます。

そのうえ、足がすごーく速いんです!

意地悪な2人の姉達もなんだか憎めないキャラクターになっています。

この他、ル・カインのお姫様絵本には「おどる12人のおひめさま」「いばらひめ」があり、やはりどれも画集のように美しい絵本です。

「しろくまちゃんのパンケーキ」



・作、絵:わかやまけんいち
・出版:こぐま社

アマゾンボタン

女の子の発達は男の子よりちょっと早め。

ついついおねえさんぶりたがります。

そんなおませさんな女の子の気持ちにぴったりなのがこの絵本。

お母さんと一緒に焼いたホットケーキを誇らしげにこぐまちゃんに振る舞うしろくまちゃん。

落としてしまった玉子のことなんて絶対に言わなさそうな、そんなおしゃまさんぶりが愛らしいのです。

ホットケーキを焼くシーンの見開きは、きっと何度も何度も一緒に真似してしまいますよ。

読むと絶対にホットケーキを焼いて食べたくなる一冊。

こぐまちゃんシリーズは全15巻。



「リーサの庭の花まつり」


・作、絵:エルサ・ベスコフ 
・訳:石井登志子
・童話館出版

アマゾンボタン

夏至の日にリーサが見た、夢のような花の妖精たちのお祭り。

空想好きな女の子に読んであげたい一冊です。

花の妖精たちの服のデザインがどれも実際の草花の特徴をとらえていて、読む度に発見があります。

お芋の子供達はひげ根っこで繋がってるんだ!とか。

たびたび花の妖精たちの詩が登場して、ミュージカル風な演出です。

ベスコフの作品にはこの他にも美しい妖精や小人の絵本があります。

元気なマドレーヌ


・作、絵:ルドウィッヒ・ベーメルマンス 
・訳:瀬田貞二
・出版:福音館書店

アマゾンボタン

パリのエッフェル塔のふもと、蔦の絡まる寄宿学校にお友達とミス・クラベルと暮らすマドレーヌ。

女の子たちはお揃いの制服で二列になって降っても照ってもお散歩へでるのですが、よくみると列からはずれた女の子が。

このこがマドレーヌです。

大きなリボンをつけたおしゃれさんなのに、元気すぎてその行動ははみ出しがち。

そんなマドレーヌにおきたとある大事件のお話です。

物語にはパリ市内の名所が多数登場、解説もあります。

マドレーヌシリーズは福音館から初代シリーズが全5巻、BL出版から新シリーズが7巻。

お母様のお気に入りをぜひ

ご紹介の5冊のうち何冊かは母である私が子供の頃読んでいた大好きな絵本です。

今回は私のおすすめ5冊を紹介させていただきましたが、次のもう一冊はぜひ、お母様の子供の頃のお気に入りを読んであげてくださいね。

実は、お母様の思い出の絵本が一番おすすめしたい絵本です。

ぜひ、絵本で素敵な母娘の時間を過ごしてくださいね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします