出産 妊娠後期

土壇場で逆子が治った!効果のあった「逆子体操」の方法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

自然分娩を希望するプレママにとって、逆子は悩みの種ですよね。出産が近づくにつれ不安が募る方もいらっしゃるでしょう。

私もその一人でした。

しかし、逆子体操やその他さまざまな方法を実践したところ、妊娠37週、翌週に帝王切開を控えたまさに「土壇場」で逆子が治ったのです。そして希望通りの自然分娩で出産することができました。

ここでは逆子についての基礎知識から、私が実際に体験して効果のあった逆子改善法をご紹介します。



逆子の原因は?出産のリスクは?

一体なぜ逆子になってしまうの?

お腹の中ではどんな姿勢なの?

逆子だとどんなリスクがあるの?

気になる疑問を解説します。

逆子になる原因

なぜ逆子になるのかは、医学的にはっきり解明されていないのが現状です。

しかし考えられることとして、以下のような原因が挙げられます。

・子宮筋腫などにより、子宮に凹凸がある

・子宮口付近に胎盤がある

・羊水が多く、赤ちゃんの頭を固定できない

・ママのお腹が冷えているため、赤ちゃんが頭を下に置きたがらない

など…

こうしたことと関係なく逆子になっている場合もありますが、いずれにしても、それが赤ちゃんにとって心地よい姿勢であったのでしょう。

あなたの赤ちゃんはどんな姿勢?

逆子の赤ちゃんも十人十色!

体勢によっては自然分娩可能なケースもあります。

【単殿位(たんでんい)】

赤ちゃんのおしりが下になっていて、足は上向きになっている体勢のことをいいます。

この場合、自然分娩で出産できることもあります。

【複殿位(ふくでんい)】

赤ちゃんのおしりが下になっていて、膝が曲がっている状態です。

体育座りのように両膝が曲がっている体勢を全複殿位、片膝のみ曲がり片足を上にあげている体勢を不全複殿位といいます。

おしりが足よりも下になっている場合は自然分娩で出産できることもありますが、単殿位よりもリスクは高くなります。

【膝位(しつい)】

膝を曲げて、膝が一番下になっている状態です。

両膝であれば全膝位、片膝だけなら不全膝位といいます。

どちらも帝王切開での出産となります。

【足位(そくい)】

赤ちゃんが足を伸ばし、お腹の中で立っているような体勢です。

両足を伸ばしていれば全足位、片足だけを伸ばしていれば不全足位といいます。

どちらも帝王切開での出産になります。

逆子の自然分娩には大きなリスクが

逆子の自然分娩では、最初に足が出てきて頭部は最後になります。

すると、へその緒が頭部と産道との間に挟まれて圧迫されてしまうことになり、出産が長引けば血流が阻害され、赤ちゃんの命に危険が及ぶこともあるのです。

そのため、母子の安全を最優先に考えて帝王切開という判断に至ります。

実録!私が試した逆子体操

妊娠中期のうちは逆子でもさほど気になりませんが、妊娠後期になり出産が近づいてくると、「もしかして帝王切開かな…」と不安が募るものです。

しかし不安な気持ちは赤ちゃんにも伝わってしまいます。

穏やかな気持ちで体操に取り組んで、出産までに逆子を治していきましょう。

まずは逆子体操を実践してみましょう!

【胸膝位(きょうしつい)】

四つんばいになって頭と肩を下げ、おしりを高く持ち上げます。

その姿勢を15~20分続けます。

その後は赤ちゃんの背中が上になるように、体の左右どちらかを下にして横になってください。

これを夜寝る前に行います。どちらを向いて寝るかは、主治医の先生に聞けば教えてくれます。

これは一番ポピュラーな体操ですね。

我が家では「女豹のポーズ」と呼び、お風呂からあがって体が温かいうちに行い終わったらそのまま寝ていました。

【ブリッジ】

仰向けに寝て、おしりの下に枕やクッションなどを入れます。

高さが30~35㎝くらいになるといいでしょう。この姿勢を1回10分程度、朝晩2回行います。

「無理はしない」が鉄則!

これらの体操は、妊婦さんにとって決して楽なものではありません。

特に大きなお腹で15分以上四つんばいになる姿勢は結構苦しいものです。

そんな時は、無理せず自分のできる範囲で行ってください。

私も「初めは5分程度からで構いません」と言われ、そのようにしていました。

慣れてきたら徐々に時間を延ばしていきますが、絶対に無理はしないでくださいね。



体操以外の逆子改善法

逆子を治すには、体操以外の方法もあります。

積極的に取り入れてみてください。

【半身浴】

前述のように、ママのお腹が冷えているため、頭を下にしたがらず逆子になっている可能性もあります。

半身浴はママの体の冷えを解消してくれるだけではなく、血行もよくなり、子宮周辺の筋肉を柔らかくしてくれます。

関連して、お腹を冷やさないような服装を心がけることも大切です。

【お灸】

逆子の治療でよく使われる至陰(しいん)というツボは、足から腰の冷えを取ってくれる作用があります。

また、三陰交というツボは、女性の体のトラブルに特化したツボだと言われています。

至陰は足の小指の爪のすぐ横、三陰交はくるぶしの内側から上に指を4本分置いた距離にありますが、いずれも正しい位置を知るためや火傷を防ぐため、最初は鍼灸院に行かれることをお勧めします。

【歩く】

ママが歩くことで、頭の重い赤ちゃんがくるっと回転してくれることが多いようです。

ただし、逆子の場合は破水する傾向が強いので、臨月に入ったら遠出をするのは控えましょう。

私は行いませんでしたが、このほかに「外回転術」という方法があります。

外回転術は、技術と経験のある限られた医師による施術で、お腹の外から赤ちゃんをぐるりと回転させる方法です。

子宮収縮を薬で抑えるなどの処置が施されるため、多少のリスクを伴います。

成功率は6割程度と言われています。

意外と効果あり?!赤ちゃんへの「語りかけ」

え、そんなことで治るの?と思った方必見!これ、意外と効果抜群なんです。

赤ちゃんはもう聞いています

妊娠28週を過ぎた頃から、赤ちゃんはママやパパの声を聞いています。

お腹の赤ちゃんに話しかけると胎動を感じる、といった経験はありませんか?

頭を下にしてくれるように、赤ちゃんにお願いしてみましょう。

穏やかな気持ちで語りかけて!

赤ちゃんとママはまさに一心同体。

ママの穏やかな気持ちが赤ちゃんにもちゃんと伝わります。

「もうすぐ会えるね。楽しみだよ。」

「あたまはこっちになってるかな?」

「ママも頑張るよ!一緒に頑張ろうね。」

このように優しく語りかけながら、お腹をさすったり、トントン叩いてみたりして、ゆったりした気持ちで接してあげましょう。

安全な出産のために

逆子が治ったらまず赤ちゃんに「よく頑張ったね。ありがとう。」と伝えてあげてください。

それでもまれに最後まで逆子が治らず、帝王切開を余儀なくされるケースもあります。

でもそれは安全な出産のため。

ママと赤ちゃんの命のためです。

自然分娩でも帝王切開でも、わが子を産むために命をかけていることに変わりはないのですから。

出産を間近に控えたプレママのみなさん、ぜひリラックスしてその日を迎えてください。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします