1歳~3歳児

2歳8ヶ月でオムツ卒業に成功したトイレトレーニングの方法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

子育てをしていると絶対に通る道と言っていい「トイレトレーニング」。

多くのママが悩み、試行錯誤を繰り返すでしょう。私もトイレトレ-ニングに関してはいろいろ試行錯誤をしました。

うちの子も2歳前から何となく初めて→2歳半くらいには大体できたかな?→2歳8カ月で完全にオムツ卒業!という感じです。

トイレトレーニングが進まず悩んでいる方、これから始めようという方、自己流ではありますが、我が家のトイレトレーニングの方法を少しのぞいてみてはいかがでしょうか?



まずはママの心構えが大切☆

トイレトレーニングを始める上で何よりも大切なのは、ママの心構えです。ママに余裕がないとうまく行きません。

いつまでにオムツ卒業させる!とか、○○ちゃんよりも早く!と思っていると、そればかりが先行して子供のペースに合わせてあげられなくなってしまいます。

ただでさえ忙しい子育てにさらにトイレトレーニングという仕事が増えるわけです。ママ自身、適度な「ゆるさ」で挑みましょう。

子供のペースにあわせてあげよう!

トイレトレーニングを始める時期はイヤイヤ期とかぶることが多いと思います。

イヤイヤ期の子供にむりやりトイレトレーニングをさせてしまうと、イヤイヤがさらに強くなる可能性もあります。

また、ママのイライラも増えることになるでしょう。子供の感情というのは1日の中で起伏が激しいものです。

そんな時はラフに構えて、子供の機嫌のいいときを狙ってみましょう。

【初期】まずはトイレの存在を知ってもらう☆

トイレトレーニングをするまでは子供もトイレという存在がどんなものなのか知らないと思います。まずはトイレという存在を知ってもらい、トイレへ連れていくことが大切です

トイレでしかできない特別感を味わってもらおう!

“特別感”と言ってもそんな大したことではありません(笑)ここでいう特別感とは、トイレでしかできないことを指します。

たとえば我が家では「シール」と「補助便座」です。トイレに行くと、シールが張れる!トイレに行くと補助便座に座って音楽が流れるボタンが押せる!

という子供の心理をついた特別感を作り出しました。もちろん子供もそれが楽しくてトイレに行きたがるようになりました。

まだこの頃はなんとなくで大丈夫

まだこの初期段階ではトイレでおしっこやうんちをするという概念はなくても大丈夫です。出ないときもあれば、出るときもあります。

まずはトイレに慣れることが大切ですので、ママが気付いた時に連れて行ってあげる程度でいいと思います。

家事がひと段落したとき、自分がトイレに行くときに、連れて行ってあげましょう。

【中期】タイミングを決めて連れて行ってあげる☆

初期段階でおしっこやうんちが少しできるようになったら、3時間おきを目安にトイレに連れて行ってあげましょう。

お出かけ前と後や、お昼寝前と後もトイレへ連れていくいいタイミングです。その際「おしっこ出る?」「おしっこしに行こう」などの言葉も大切です。

ママと競争?トイレ争奪戦ごっこがおススメ!

最初のころはママが抱っこをしたり、手を引いて連れて行ってあげてもよいのですが、少し慣れてきたら、自分の足でトイレまで行ってもらうようにしましょう。そんな時期に役立つのがママとの競争です。

「トイレ行かな~い」と言っている子供をよそに、「じゃ~ママ1ば~ん!」といってトイレまで走って行ってしまいましょう!

すると子供は1番を取られたくないため、必死に走ってきます☆



【後期】おしっこをお知らせ&おもらしもしてもらう☆

トイレで用を足すことが習慣になってきたら、今度は子供に自らおしっこやうんちをお知らせしてもらいましょう。

「おしっこしたくなったら言ってね」と言っておくのです。そして「おもらし」を覚えてもらうことも大切です☆

おもらしするがいい!祝・パンツデビュー!

ここで思い切ってパンツデビューさせてしまいましょう!

おもらしは百も承知!というスタンスでいることが大切です。おもらししてもしょうがないのです。

パンツは大量に用意して、洗い替えを確保しておきましょう。ちなみに、ラグやじゅうたんは撤去しておいたほうがいいですよ☆

絵本を活用してもいいかも!

我が家では「ノンタンおしっこしーしー」という本を活用しました。


¥ 648
アマゾンボタン

ノンタンがおしっこをおもらししてしまうシーンがで、子供自身、自分とリンクして、おもらしは失敗なんだという認識がつきます。

そうすると「ノンタンみたいにおもらししちゃった」と自ら言うようになります。

【完了期】お出かけもおパンツ☆

おしっこをお知らせすることができて、おもらしもしなくなったらお出かけのときもパンツにしてしまいましょう!

これは確かに勇気がいります。難関に感じるかも知れませんが、意外とそうでもないんですよ。

あっさりと「おしっこー」お知らせしてくれるものです。

お着替えは必須!

おもらしをしてしまうこともあるかもしれませんので、パンツと着替えは必須です。忘れないように持っていきましょう!

また、おしっこを拭く雑巾(タオル)も必要です。(濡れた服を入れるビニール袋も忘れずに!)

寝る時もおしっこなしになれる!

完了期になると、おしっこも貯められるようになっているので、夜の寝ている間もおしっこをすることが減ってきます。

夜、不安であればオムツを履いても☆

おねしょがないとは言い切れませんので、まだまだ不安な場合は、夜寝るときだけ保険としてオムツをしていてもいいと思います。

因みにパンツを履かせて、おねしょケット(防水仕様のズボン)をはかせるのも選択肢の一つです。

何よりも夜寝ている間におしっこをしないように、寝る前にトイレに行くことを習慣づけることが大切です。

できたらとにかく褒める!が鉄則☆

褒められることで子供は向上心が出てきます。褒められたからまたやろう!また褒められたい!と思うのです。

それが成功までのカギとなります。

オーバーなくらい褒めてあげましょう☆我が家ではオーバーリアクションで子供のテンションをあげています☆ちなみにハグ、ほっぺにチュウ、ハイタッチ、喜びの舞いをやり過ぎなくらいやります(笑)

トイレトレーニングは子供の成長が特にみてとれる時期です。

自分のお子さんに合ったトイレトレーニング方法を試行錯誤しながら楽しく、ゆるくやってみてくださいね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします