1歳~3歳児

1歳5ヶ月赤ちゃんの成長の目安と特徴

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

この頃の赤ちゃんは、言葉もよく話し、色々なものに興味津々。目に映るもの全てがおもちゃ、といった感じで遊ぶ様子が見られます。

ママやパパの言うことも理解し始め、赤ちゃんの自己主張も強くなっていきます。そんな1歳5カ月さん。どんな様子なんでしょう?



1歳5ヶ月の成長の目安 -身長・体重-

1歳5か月の身長・体重の平均は

男の子は、身長約80.0㎝、体重約10.2㎏

女の子は、身長約78.5㎝、体重約9.7㎏
となっています。

赤ちゃんの体格や成長のスピードは人それぞれですから、ここまで緩やかにでも増加しているようであれば、大丈夫です。

1歳5カ月の特徴 -食事編-

この頃になると、必要な栄養素の多くを食事で補っています。

バランスのいい食事は、身体の成長にも欠かせません。

なるべく色々なものを出すように工夫しましょう(ママはちょっと大変ですけどね)

苦手なものは調理法の工夫を。

味付けを変えたり、他のものと混ぜたり、といった具合です。

ハンバーグに野菜たくさん入れて食べさせる、というのがいい例ですね。

1人で食べる練習もさせましょう

こちらからあげたほうがスムーズだし汚さずに済むから、と食べさせるばかりでは、なかなか1人で食べるようになれません。

フォークやスプーンを使って一緒に口に運ぶ練習をしたり、手づかみ食べのメニューを増やしたり、そうしたことが後々にかけて大切になってきます。

おやつも食事量を補うためのもの

おやつ、といっても甘いクッキーやスナック菓子ではありません。

食事量や栄養を補うためのものです。

果物やさつまいもなどの野菜、ご飯の量が足りなかったかな、と思えばパンやおにぎりなどにし、うまく調節しながらあげましょう。

1歳5カ月の特徴 -歯磨き編-

大分歯が生えそろってきた頃ですね。上下の前歯4本ずつに加えて、奥歯や糸切り歯が生えている子もいます。

今のうちからきちんと歯磨きの習慣をつけましょう。

1日1回でもいいと言われていますが、できれば朝・夕の食事のあと、もし難しいようであれば食事のあとに必ずお茶かお水を飲ませて、口の中を清潔にしておきましょう。

歯磨き・仕上げ磨きのコツ

まだ1人で上手に磨けませんが、自分用の歯ブラシを持たせて口の中に入れる・口の中で動かす、というのが大切になってきます。

きちんと磨くのは仕上げ磨きのとき。リラックスした状態でできるよう、歌をうたったり、パペットを使って歯磨きしたりと工夫してみましょう。

無理矢理すると歯磨きをとことん嫌いになってしまうので注意してくださいね。

歯磨きを終えたら「えらかったね!」と褒めてあげるのも忘れずに。

1歳5カ月の特徴 -ことば編-

名前を呼ぶと、「はーい」とお返事できるようになる子もいますね。

これは、ママやパパが「○○ちゃんって呼んだら、はーいって言うんだよ」と繰り返し働きかけた結果。

同じように、物の名前も繰り返し教えることで覚えていきます。

家にあるもの、散歩の途中で見つけたものなど積極的に「これは□□だね」など声をかけていきましょう。

ことばを覚えるための教科書:絵本

絵本の中のイラストを見て物の名前を覚えることができますよね。

また、「わんちゃんどこかなぁ?」といってクイズを出して指さしで答えてもらう、なんて遊びもできます。



1歳5カ月の特徴 -お友達とのあそび編-

公園や児童館、育児サークルなどで同じくらいの子供同士で遊ぶ機会も出てきます。

ですが、まだ≪一緒に遊ぶ≫というよりも≪ただ隣同士で遊んでいる≫といったところ。

でもそんな様子も微笑ましいですよね。

トラブルにならないようママが注意を

お友達のおもちゃを取ったり、叩いたり、順番が守れなかったり、この頃の赤ちゃんはそれが当然。

まだ1人で好きなように遊びたいから仕方がない部分もあります。

ですがこれは、子供の社会性やマナーを教えるチャンスにもなります。

ママがあまり入りすぎてもいけませんが、必要なときにはフォローをして、仲良く遊べるようにしてあげましょう。

1歳5カ月の特徴 -しつけ編-

言葉を理解できるようになったら、本格的にしつけを始めるタイミング。

いけないことをしたら、「ダメ」と教える必要があります。

低い声・怖い顔で短く「ダメ」と伝えるのがポイントです。

最初から力を入れすぎないで

何度も繰り返すことで、赤ちゃんも理解していきます。

その時はよくても次の日にまた同じことをする、なんて日常茶飯事。

低い声・怖い顔の「ダメ」が効かないなら、いっそのこと「ダメっていったでしょ~!」と明るく返すのもありだと思います。

1人1人、しつけの仕方は違います。

その子にあった方法でしつけをするのも大切ですよ。

大変だけど楽しい!と思える育児を

時にイライラしてしまうこともありますよね。

赤ちゃんの意思がはっきりして、こちらの思うようにいかないと尚更かなと思います。

でも子どもの笑顔って可愛いですよね。

それを忘れずに、大変だけど楽しい!うちの子が1番!と思えるような毎日になったらいいなと思います。

この記事を書いたママ

mico

1歳の息子(別名:怪獣くん)相手に日々奮闘中。息子のおもちゃやら服やら色々作るの好きです。でもO型だから見えないところは大ざっぱ(笑)


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします