出産

予定帝王切開はいつ決まる?いつ入院?費用は?保険は使える?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

妊娠したら、その多くのママさんたちは「自然分娩」を望むと思いますが、何らかの理由で、自然分娩が難しいと判断されると、お腹を切って赤ちゃんを取り出す「帝王切開」になります。

現在、小学校1年生と2歳の我が子供たち。どちらも帝王切開で出産しました。その経験を元にご紹介したいと思います。



2つのケースがあります

帝王切開には「予定帝王切開」と「緊急帝王切開」があります。

どのような違いがあるのでしょうか?

「予定帝王切開」とは、妊娠中に自然分娩が難しいと判断された場合に、手術の予定をあらかじめ組んで行う手術のことで、「緊急帝王切開」とは妊娠中、もしくはお産が始まってから、母体や赤ちゃんに緊急事態が起こった場合に行われる手術です。

予定帝王切開になる原因として

・双子のような「多胎妊娠」の場合

・胎盤が部分的に、または完全に子宮口をふさいでいる「前置胎盤」の場合

・「妊娠高血圧症候群」が重い場合

・「さかご」の場合

・「巨大児」の場合

・経産婦で前回が「帝王切開」の場合

いずれも、必ずという事ではないようですが、お産の安全を考えて「予定帝王切開になることが多いようですね。

予定帝王切開はいつ決まる?

妊婦健診の時に、赤ちゃんの位置や胎盤の位置が、自然分娩では難しいと予測される場合や、経産婦で前回が帝王切開のお産だった場合、一般的には正期産に入る37週以降に手術日を予定するようです。

大体1週間くらい前に決めることが多いようですね。

経験談として

私の場合は第一子が「緊急帝王切開」だったため、第二子は「予定帝王切開」という産院がほとんどでした。

しかし、私は自然分娩を望んでいました。

可能な産院を探し妊婦健診に通っていました。

経過は順調で予定日前にお産が始まれば自然分娩も可能との事でしたが、お産は始まらず38週に予定が組まれ39週0日で出産となりました。

いつ入院?

経過が順調であれば、手術の前日に入院し説明を受け、手術の準備をします。

産院によっても違いはあるかと思いますが、私も前日の午後から入院しました。



費用は?

帝王切開の場合、自然分娩よりも入院する日にちが長いので、自然分娩より高くなることが多いようです。

医療機関や治療によっても異なると思いますが、私の場合は経過もよく9日間の入院で49万円位でした。

保険は使える?

帝王切開は医療行為になりますので、保険が適応されます。

私の場合も保険に加入していましたので、保険金が20万円ほどもらうことができました。

出産育児一時金がもらえる

自然分娩、帝王切開に関わらず、出産すると「出産育児一時金」が42万円をもらうことが出来ます。

高額療養制度が使える

医療費が高額になると、高額療養制度が適応になり、医療費が戻ってくる場合があります。

帝王切開は増加している

晩婚化が進み、高齢出産が珍しくない現在では、以前より帝王切開が増えてきているようです。

今や5人に1人は帝王切開というデータも出ています。

私の場合、一人目の緊急帝王切開の時は、「自然に生んであげられずごめん」という気持ちでいっぱいになりました。

だからこそ二人目は「自然分娩!!」と思いましたが、その願いはかないませんでした。

女性に生まれたのに・・・という気持ちがないわけではありません。

でも、第二子の出産の時、納得いくまでお医者様、助産師さんとお話をしてから帝王切開をした為か、無事に子供が誕生した事が、本当にありがたく、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

これから「予定帝王切開」になるママさんたちは様々な気持ちを抱いているかと思いますが、その気持ちをきちんとお医者様や助産師さんに相談し、少しでも納得いく出産が出来るように準備することが大切かと思います。

帝王切開も立派なお産なのですから。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします