出産

出産が怖い!不安と恐怖に感じている妊婦さんへ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

この記事を読んでいる方は、出産を直前に控えた方、妊娠が判明したての方・・・色々いらっしゃると思います。

どの時期の妊婦さんも出産に対して不安や怖いなという気持ちはあると思います。

私自身、妊娠する前、妊娠がわかった時、そして出産直前と常に不安や怖いなという気持ちがありました。

その気持ちは出産を目前に控えるにつれ増えていきました。

今回はその不安や恐怖感を少しでも和らげるための対処法をいくつかご紹介します。



鼻からスイカ?!

そもそも、なぜ出産を怖いと思うのでしょうか。

それは、初めて経験することで、その痛みが未知すぎるからではないでしょうか。

そして、その痛みを形容するのにしばしば使われるのが「鼻からスイカ」と、誰が聞いてもその痛みが尋常ではないことが想像できます。(ちなみに私は「腰をブルドーザーでひかれる痛み」と聞いたことがあります。)

このように形容される痛みを出産以外で経験したことがある人はほとんどいないと思います。

なので、怖い、耐えられるのだろうかと不安になるのだと思いますし、それは当然の感情だと思います。

出産ってどんな痛み?

では、実際の出産の痛みはどのようなものでしょうか。

私が感じたこと、そして周りの出産経験者に聞いた話をご紹介します。

痛みの感じ方はそれぞれ

出産自体一人として同じ出産になる人はいない、出産は千差万別だといいます。

なので、痛みももちろん人それぞれです。

最近では、無痛分娩を行っている病院も多く、出産のスタイルも人それぞれです。

重い生理痛?

私は普通分娩でした。

陣痛の時が一番痛みのピークでした。

感覚としては重い生理痛でとにかく腰が痛かったです。

確かに、腰をブルドーザーでひかれると形容するのもわかりました。

【関連記事】
出産を最高の記念日に!思い出をカタチに残すメモリアルグッズ厳選20!


不安・恐怖を解消するために

冒頭に出産への不安を和らげますといっておきながら、逆に不安をあおってしまったかもしれません。

ここからはそんな不安を解消するためのアドバイスです。

体力づくり

出産にかかる時間は人それぞれで、長い人は1日以上かかる人もいます。

一方で、短い人は2時間で出産する人もいます。

初産の場合、陣痛が始まってから子宮口が全開なるまで、一般的には14時間ほどかかるとされています。

平均で14時間、体力勝負です。

私は仕事をしていた時、平均で12時間働いていました。

座ってパソコンで仕事をしていたのですが、それでも毎日疲れたな・・・と疲弊していたので14時間と考えると相当な体力が必要だと感じていました。

とはいっても、妊婦さんはアスリートのような体力つくりはできません。おすすめは以下のものです。

ウォーキング

季節にもよりますが、夏は熱中症、夏バテに気を付けて、冬は風邪に気を付けて時間帯や天候等を考慮して行ってください。

1日1時間を目安に行うといいと思います。

スクワット

出産時は足で踏ん張る力が必要なので、下半身の体力づくりとしてスクワットは有効です。

いろいろなスクワットの仕方がありますが、足のつまさきを外側に開いてスクワットを行うと股関節が柔らかくなり、出産時に向けての下半身の筋力アップには良いそうです。

雑巾がけ

私が助産師さんに勧められた運動として、雑巾がけがあります。

下半身の筋力アップにつながりますし、家も片付き一石二鳥です。

【関連記事】
出産に向けて体力をつける必要性とは?お勧めの運動は?

それでもやっぱり怖いときは・・・

出産に向けての体力づくりをして出産に耐えうる準備をしたとしても、まだ怖いと思う方にアドバイスです。

無痛分娩という選択

無痛分娩を行っている病院は近年増えています。

無痛といっても全く痛みを感じないわけではありません。

きちんと病院から説明を受けて出産の選択肢として考えてみてもよいのではないでしょうか。

赤ちゃんも頑張っている

出産はお母さんだけが頑張っているものではありません。

赤ちゃんも頑張っているのです。

私ももう赤ちゃんの頭が見えていてあと少しで産まれるよというラストスパートの時、へとへとに疲れていてなかなかうまくいきむことができませんでした。

しかし、最後の最後は「赤ちゃんも頑張って産まれてこようとしているんだ、私も頑張らないと!」と思い最後の力をふりしぼることができました。

きっと皆さんもそういう風に思い頑張れると思います。

出産は大変ですが、赤ちゃんが無事に産まれた後に待っている喜びははかりしれません。それを想像し頑張ってください。

【関連記事】
立ち合い出産で旦那に”してほしいこと”と”絶対にしてほしくないこと”


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします