家計・暮らし

妊娠・出産は保険を見直す絶好のタイミング!見直すポイント3つ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

お腹に赤ちゃんがいるとわかった時。そして、無事出産した時。

家族が増えるといのは人生でとても大きなライフイベントです。

お腹の中の赤ちゃんに、生まれたばかりの目の前のわが子に、親として出来る限りのことをしてあげたい。

その気持ちの中に「自分達親にもしものことがあったら」という視点を加えてみましょう。

考えたくないリスクですが、わが子を守るにはもしもの時に備える必要があります。また、子供が成長した先を見据えて、教育資金のことも考えなくてはならないですね。

妊娠・出産は、保険について今一度考えてみる大切な時期です。見直すポイントは3つあります。順に見ていきましょう。



ポイント①生命保険

人生で一番、高額な死亡保障が必要な時期

62hoken

出典:保険見直し本舗 必要保障額の推移

人が成人して就職してからのライフイベントごとに、必要な保障額は変わっていきます。

子供が二人の家庭だと、第二子出産の時に必要な額が一番高い=この時が人生で一番高額な保障が必要になると言えます。

子供の成長とともに、保障額は減っていきますが、今、親にもしものことがあれば、子供が成人して独立するまでの長い期間の保障が必要になってくるのです。

定期保険vs終身保険

この違いをまずしっかり覚えておきましょう。

    定期保険保障される期間が決まっている・保険料安・掛け捨て

    終身保険保障は一生涯・保険料高・貯蓄性がある

お子さんが小さいうちは、定期保険で安い保険料でしっかり保障を確保し、お子さんが大きくなるにつれて家計に少し余裕ができた頃に、終身保険などの貯蓄性があるものを選ぶようにするという選択肢があります。

収入保障保険という選択肢も

上記にあげた2つの保険は、保障額が固定されていますが、グラフにもあるように、お子さんが大きくなるにつれて必要な保障は減っていきます。

同じように保障額が下がっていく「収入保障保険」という選択肢もあります。

こちらだと、最初からあまり保険料が高くないので、お子さんが大きくなるにつれて保障を減らす見直しをしなくて済むので、合理的です。

しかも、一括で支払われず、毎月振り込まれるので、収入を保障される感覚が持てます。

ただし、掛け捨ての保険になるので、貯蓄にはなりません。あくまで万が一の時のための保障として考えましょう。

ポイント②医療保険

パパの医療保険

パパが病気になる。これは家族の収入面で一大事です。

会社員であれば、有給休暇や病気休暇などがありますが、それにも限度があり、自営業の場合はパパの入院は即収入減を意味しています。

入院に関わる費用の保障だけでなく、生活費の保障までを視野に入れる必要があります。

入っている生命保険に特約として入金などの備えをつけていることがありますが、それがなければ、共済などを利用しながら、保険料を抑えつつ保障を確保しておきましょう。

ママの医療保険

ママの病気も、家族の生活にとって一大事です。

入院すれば、その費用に加えて、その時に外食したり、子供を預けたりするのにお金がかかります。

パパ同様、共済などを利用しながら、保険料を抑えつつ保障を確保しておきましょう。

今妊娠中の人で医療保険に入っていない人は、妊娠27週目までなら医療保険に加入できます。これ以降は出産後しか加入できなくなる場合が多くなります。

そして、加入できても今回の妊娠に関連した保障はされないという条件がつくことがあります。

それでも、次回帝王切開だった場合や、妊娠後の病気やケガの保障になるので、27週を越えた方は出産後できるだけ早く、元気なうちに加入するようにしましょう。

最近は、妊娠中でも加入でき、その時の妊娠にも対応する商品も登場しています。

【関連記事】
妊娠中に医療保険に入る?入らない?両方の意見をまとめてみました


ポイント③学資保険

貯蓄性の高いものを選ぶ

今までは親に何かあった時のための保険でしたが、こちらは子供の教育のための保険になります。

学資保険には貯蓄型保障型の二種類があります。

保障型では、子供が入院した時に入院費などが給付されますが、その分、貯蓄型に比べて返戻率が悪くなります。

しかも子供には乳幼児医療など公的な支援があるので、あまり必要がないと言えます。

学資保険を選ぶなら、返戻率が高い、しっかりとした貯蓄型タイプのものを選びましょう。

返戻率が高いと、満期には積み立てた以上の金額をしっかり受け取れるので、大学進学時などまとまった金額が必要になった時に役立ちます。

解約すれば損!だから確実に貯められる

学資保険のデメリットは、解約すると元本割れして損になるということです。

これは裏を返せば、解約したらもったいない!という意識が働いて確実に貯められるということです。

「学資」と名前がついているところも、「子供のためのお金」と意識して貯められる点からもお勧めです。

【関連記事】
学資保険って必要なの?初心者でも分かるメリット3つ

妊娠中からでも加入OK

現在妊娠中の方は、妊娠中でも出産140日前から学資保険に加入することができます。

早く入ることで払込期間が長くなり、月々の負担が軽くなること、そして、親である契約者の年齢が若い方が支払う保険料が安くなります。

出産後は育児で保険をじっくり考える時間もなくなりがちなので、今からじっくり考えて加入しておくことをお勧めします。

【関連記事】
妊娠中でも加入できる?!知って得する学資保険のオススメ3つ!

迷った時はプロに相談

いかがでしたか。妊娠・出産時に必要となる保険の見直しポイントをまとめました。

これはあくまでも一般的な選び方の基準なので、保険契約というのは、その人の状況によってそれぞれ最適な保険が違ってきます。

いざ我が家の保険はどうだろうと考えた時に、やっぱり判断ができないということも。

ポイントに沿って自分で検討してみて、どうしても判断に迷う時は、専門的なFP(フィナンシャル・プランナー)に相談してみましょう。

この記事を書いたママ

りぃ

中1娘と5年息子の母です。成長した子供と友達のように話せる今は人生の黄金期!大変な幼児期を乗り越えたからこそ見えることをお伝えしていきます。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします