スキンケア 産後

妊娠線をオイルで防ぐ!コスパ最強オイル5選!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

赤ちゃんの成長とともにどんどん大きくなるお腹。いつの間にかできてしまった!!なんてママも多いです。

妊娠線は一度できてしまうと薄くはなっても消えることはありません。産後もおなか美人を保つには早めにケアするのが肝心です。

急激な体重増加に気を付けるとともに肌の保湿をしっかりして妊娠線を予防しましょう。



いつからできる?

個人差はありますが、早い人だと4か月ころからできてしまう人がいます。悪阻が治まって食事量が増えてくるとできやすく、お腹以外にも胸やおしり、太ももにもできることがあるので注意してください。

どうしてできる?

妊娠線は急激なお腹の成長により表皮は伸びるのに対して、真皮や皮下組織の一部は伸びにくいため、お腹の大きさについていけず断裂を起こすことでできてしまいます

痛むことはありませんがとてもかゆいので、掻きむしって悪化させないようにしましょう。

時間の経過とともに白っぽくなってきますが一度できてしまった 妊娠線は消えることはないのできちんと予防しましょう。

保湿効果は?

妊娠線のケアにはオイル・クリーム・ローションなどがありますが、一番保湿効果が高いのはオイルです。オイルは油分が高く、保湿力もとても高いです。

また皮膚の温度を上げる効果もあり、温度が上がると皮膚が柔らかく伸びもよくなります。

乾燥している肌に塗ると効果が発揮されないこともあるので、お風呂上りに塗ったり、ローションなどで水分補給してあげてから、オイルを塗るといいですよ。

コスパ最強オイル

では、お値段も手頃で人気のオイルをご紹介していきたいと思います。

『AMOMA マタニティタッチオイル』

ec-maternity_bellyoil_b03
内容量:160ml
価格:2199(税抜き)

詳細を見る

産後もきれいなお腹をキープするために、お肌に潤いと弾力を与えてくれるオイルが配合されています。

日本人の肌に合う米ぬかを原料にしたライスオイルと、保湿力の高いマカダミアナッツオイルをベースに、マタニティアロマセラピストが妊娠線マッサージに実践してきた3種の精油を配合。

妊娠中どんどん大きくなるおなかの皮膚の潤いを逃さず、柔軟性を保ちます。



『バイオイル』

内容量:125ml
価格:2800円(税抜き)
アマゾンボタン

角質層までしみこむ保湿美容オイルです。妊娠線のケアにはもちろん、できてしまった傷痕にもケアできます。

少量でとても伸びるので、1~2滴で体の気になるところに使えます。さらっとしていて、肌なじみもよいのが特徴です。

『オーガニックマドンナ セラムオイル』

内容量:80ml
価格:2000円(税抜き)
アマゾンボタン

オーガニック認証された植物原料を厳選し、日本人の肌に合わせてつくられたオーガニック保湿成分99%配合のオイルです。無着色・無香料・防腐剤無添加で、デリケートな妊娠期から産後も安心して使えます。

『エルバビーバ ストレッチマークオイル』

内容量:125ml
価格:4230円(税抜き)

アマゾンボタン

肌を整えるニンジン種子油やローズヒップ油を配合したマッサージオイルです。

肌を柔軟に保ち、しっとりと保湿します。さらっとしてべたつかずお手入れしやすいのも特徴です。新生児の保湿ケアとしても使用できます。

『ヴェレダ マザーズボディオイル』

内容量:100ml
価格:3800円(税抜き)
アマゾンボタン

助産師と共同開発した産前・産後に使えるオイルです。高品質のアーモンドオイルやビタミンEを多く含む小麦胚芽オイル、アルニカのエキスがハリを与え、弾むような肌に導きます。

お腹周り・太ももなどの保湿ケアやマッサージによる産後のお肌の引き締めにも使えます。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします