1歳~3歳児 子供の健康・食事 料理・レシピ 生後0ヵ月~12ヵ月

さつまいもを使ったおススメ離乳食レシピ9選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

離乳食の中で、初期から使えるとても便利なさつま芋。甘くて赤ちゃんにも人気がありますが、それだけではありません!

食物繊維が豊富で赤ちゃんに多い便秘を予防する効果があります。

さらに、加熱しても破壊されにくいビタミンがたくさん含まれており、胃腸の調子を整えたり、風邪を予防する効果もあるので、赤ちゃんが風邪を引いたとき等は積極的に取り入れたい食材ですね。

調理もしやすいさつま芋。時期ごとにおすすめのレシピをご紹介します!



離乳食初期のさつまいもメニュー3選

初期には基本のさつまいもペーストを覚えておきましょう。

野菜や豆腐を混ぜたり、色々アレンジできます!

さつまいもペースト

    【作り方】

  • さつまいも(1本)は皮を剥いて適当な大きさに切ったら、10分ほど水に浸け、アク抜きをします。

  • ひたひたのお水を入れて火にかけ、沸騰したら弱火にします。

  • コトコト炊いて火が通ったら、ザルにあげますが、茹で汁は100ccほど取り分けておきましょう。

  • 裏ごしし、茹で汁(適量)でペースト状に伸ばしたら完成です!

さつまいもとほうれん草のポタージュ

    【作り方】

  • ほうれん草(葉1枚)をみじん切りにし、さっと湯がきます。

  • すり鉢ですり潰し、さつまいもペースト(大さじ2)と混ぜ合わせたら完成です!

野菜とさつまいものみぞれ煮

    【作り方】

  • 大根(ひとかけ)、にんじん(ひとかけ)をおろし金で擦り下ろします。

  • お湯でさっと茹で、茶こしで軽く水気を切ります。

  • さつまいもペースト(大さじ2)を混ぜ合わせたら出来上がり!

離乳食中期のさつまいもメニュー3選

初期には裏ごししていたさつまいも。

中期に入ると、マッシャーで潰して食べられるようになります。

茹でた後に潰し、茹で汁を加えないまま冷凍保存しておけば、便利に使えます!

野菜入りスイートマッシュポテト

    【作り方】

  • 数種類の野菜をみじん切りにします。

  • 大根やにんじん、かぶなどの根野菜は水から、茹で上がり2~3分前くらいにキャベツや白菜、そして30秒前にほうれん草を加え、ひとつの鍋で茹でます。

  • 茹でた野菜(大さじ2)と、さつまいもペースト(大さじ2)、野菜を茹でたスープ(大さじ1~2)を混ぜ合わせて完成です!

さつまいものきなこ和えみかん風味

    【作り方】

  • みかんの汁を絞り、レンジで1分加熱します。

  • さつまいもペースト(大さじ2)に、きな粉(小さじ1)、みかんの絞り汁(大さじ1)を加え、軽く全体を混ぜたら出来上がり!

さつまいもの豆乳グリーンソースがけ

    【作り方】

  • 鍋に豆乳(30cc)と、みじん切りにしたブロッコリー(小房1つ)を入れて火にかけます。

  • 沸騰したら火を弱め、3分ほど炊いたら水溶き片栗粉(適量)を加え混ぜ、とろみをつけます。

  • お皿によそったさつまいもペースト(大さじ2)に豆乳グリーンソースをかけて完成です!



離乳食後期のさつまいもメニュー3選

後期は潰す以外に、茹でただけの状態でも食べることが出来るようになります。

茹でる前には、必ず10分ほど水にさらしてアクを抜きましょう。

ひじき入りさつまいもコロッケ風

    【作り方】

  • さつまいも(中5~6cm)は茹でて潰します。ひじき(小さじ1)は水でもどします。

  • 玉ねぎ・にんじん(各ひとかけら)は、みじん切りにしてラップをかけたら、レンジで1分加熱します。

  • 材料をすべて混ぜ合わせ、一口大の平らに大きさを整えます。

  • 全体に片栗粉をまぶし、油をうすく敷いたフライパンで両面をカリっと焼いたら完成です。

さつまい・りんご・レーズンの温サラダ

    【作り方】

  • さつまいも(5cm)とりんご(1切れ)は1cmの角切りにします。

  • 鍋にりんごと、かぶるくらいのお水、あればレモン汁(1~2滴)を入れて火にかけます。

  • 弱火でコトコトと柔らかく煮ます。

  • 水分の表面からりんごが頭を出すくらいの煮汁量になったら、さつまいもを加え、さらにコトコト煮ます。

  • 出来上がり直前にレーズン(小さじ1)を加え、全体的に汁気がなくなったら出来上がり!

さつまいもペーストのロールサンド

    【作り方】

  • さつまいも(5~6cm)は、茹でてつぶします。

  • サンドイッチ用のパン(1枚)は、耳を取り除き、麺棒で軽く伸ばします。

  • さつまいもペーストをぬり、端からクルクルと巻いたら食べやすい大きさに切り分けます!

さつまいもは、万能食材!

栄養面で離乳食に最適であるさつまいも。

栄養面だけでなく、食べる量に対しても、とても重宝するのです。

どんな子にもおススメです!

離乳食の時期は、赤ちゃんによって食べる量にバラつきがあります。

ついつい食べ過ぎてしまう、すぐに食べたがって…という赤ちゃんには、満腹感を得やすいさつまいもが食べ過ぎを防止してくれます。

逆に、ご飯をあまり食べてくれなくて…という赤ちゃんの場合、さつまいもは主食代わりにもなるので取り入れることで十分な栄養を摂ることができます。

季節を問わず活用してくださいね!

さつまいもの時期は秋ですが、スーパーには貯蔵されたさつまいもが年中出回っています。

手に入りやすく、優秀なさつまいも。

離乳食にぜひ活用してくださいね!

この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします