育児あるある

双子のママにしか分からない!双子育児あるあるを6つあつめてみた

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

生後5か月になる双子の男の子と日々奮闘中です。

双子と一緒に過ごす毎日は少し大変ですが、嬉しいことも楽しいことも沢山もあります。

今回はそんな日々を送る中、長男の時とは違った双子育児ならではのあるあるを6つ集め体験したことと共にまとめてみました。



双子育児あるある1、授乳して寝かしつけたらまた授乳

生後2~3か月は授乳の間隔もまだ確立していないため、2~3時間間隔があくことがあれば、1時間でまた授乳のタイミングになる時があり、とまちまちです。

まして2人もいると、どっちに何時にあげたのか段々分からなくなってしまうことが多々あります。

一人に授乳をして寝かしつけて布団に下し、やっと休めると思ったら、もう一人が起きる。

同様の工程を繰り返していると、あっという間に朝を迎えます。授乳間隔があくまでは自分の睡眠時間を確保するのが本当に難しかったです。

双子育児あるある2、同時授乳はお家で

一人ずつゆっくり授乳ができればいいのですが、なかなかそうゆうわけにはいかず、一人を授乳しているともう一人が泣き出してしまい気持ちも行動も慌ただしくなってしまいます。

慣れてくれば同時に授乳ができることで、授乳にかかっていた時間が短縮されるのでとても楽になりますし、二人同時に授乳できるので、どちらかを待たせるという状況がなくなるため落ち着いて授乳できます。

首が座っていないと身の回りにクッションやタオルで赤ちゃんを寝かせる土台を作ったりする必要があります。

またほぼ上半身は裸のような状態になるので、人前や外出先で授乳するのは少し難しいように思います。

双子育児あるある3、オムツもミルクももうないの!?

オムツ、ミルクの消費量がものすごいです。

オムツに関しては夏の時期であれば、布おむつを使うのも経済的ですが、双子相手に家事をする時間を割くのも一苦労ですので、なかなか布おむつを使うには勇気がいります。

一人のオムツを変えたら、もう一人のオムツも気になり授乳の度に変えると、新生児用のオムツ1パックは一週間もたたずになくなってしまいます。

安く買えるお店を探したり、安売りしているときにまとめ買いをしたり消耗品なのでできる限りコストは押さえたいものです。

双子育児あるある4、意外と双子の人は多い

双子を連れてお散歩に行くと、よく話しかけられます。

不思議そうにベビーカーをのぞき込んで、「年子??双子ちゃん!?」と聞かれます。

話しかけてくださる方々の大半には身内や親戚に双子がいる方が多く、双子育児の大変さ、楽しさを教えてくださります。

また今まではそれほど気付かなかったのに、双子を連れて歩いている方をよく見かけるようになります。



双子育児あるある5、二人乗りベビーカーでの行動範囲は意外と狭い

縦・横どちらの二人乗りベビーカーを使用したとしても、広い道でないとなかなか通れません。

エレベーターに乗る際も、乗れるか心配になります。

色々お出掛けしたいと思い二人乗りベビーカーを購入しても、結果的にはサイズが大きく、またベビーカー自体も重たいので歩いて行ける範囲の行動で済ませるようになっているように思います。

双子育児あるある6、水道局から連絡がきた!?

双子との生活が始まると、洗濯物の量も増え、沐浴を2回するため必然的に水道使用量が増えます。

前月から急激に水の使用量が増えると、水漏れなどしていないかと水道局から連絡が来ます。

双子が生まれたことを伝えると納得されるようです。

まとめ

今回は6つのみですが、これ以外にもたくさんあります。

どれも実際に体験して初めて気づいたことばかりです。

双子育児は本当に大変なこともたくさんありますが、徐々に慣れていくこともあり、大変さよりもやはり嬉しいこと、楽しいことが増さり大変なことを忘れることもあります。

これから双子育児をする方、これからの生活が想像できず不安になっている方々の不安解消になればいいなと思います。


この記事を書いたママ

ROKO

長男と双子の育児に奮闘中。男の子に囲まれて毎日活発に過ごしている専業主婦です。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします