子供の教育・成長・遊び

東大生48.6%がリビング学習だった!子供が伸びると話題のリビング学習メリットとデメリット

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

新入学の方もいらっしゃると存じます。おめでとうございます。

小学校入学後のお子様の学習スタイルですが、話題のリビング学習というものをご存じでしょうか。



リビング学習とは?

名前のとおり、リビングで学習する生活習慣のことです。

東大生はリビング学習で誕生する

テレビ東京の番組調査の結果、東大生48.6%がリビング学習派だったそうです。

つまり、東大生の半数近くがリビング学習をしていたということになります。ちなみに自室学習派は31.4%でした。

難関中学合格者も

別の調査によると、難関中学合格者も九割はリビング学習派だったということです。

リビング学習のメリット

東大生や難関中学合格者、その保護者が指示するリビング学習。

一体、どのようなメリットがあって選ばれているのでしょうか

学習上のメリット

まず、学習上のメリットがあります。

こどもがすぐに質問できる

リビング学習なら、すぐそばに保護者がいます。

こども自身がわからないこと、疑問に思ったことをすぐに聞くことが出来、疑問点を放置したまま先に進むことがなくなります

保護者が進度や理解度を把握できる

保護者としても、こどもの学習について把握しやすくなります。学習の態度、得意不得意、興味のあることなど。進度や領域ごとの理解度も知ることが出来ます。こうして、必要な対応もとりやすくなります。

集中力が付く

一見、自室学習のほうが静かで集中できるように思えます。

けれど水を打ったように静かな場所よりも、かすかに物音が聞こえる環境の方が集中しやすいのは、例えばクラシック音楽をそっと流しながら読書するなどの経験からわかることかと思います。

また、実際に集中しなくてはならない教室やテスト会場というのは、ざわざわ物音のするものです。

そうした物音の中で集中できるようにしておくのは大切です。リビングの適度な生活音が集中力を高めます。

五分間の密度

自室では目が届かないので、学習中に他のことに気を取られていても保護者は気がつきません。

リビング学習ならこどもも「見られている」と程良い緊張を感じ、集中しやすくなります。同じ五分間でも、密度が変わってくるでしょう。

安心感

家族がそばにいる安心感も重要です。安心感がリラックスにつながり、良い状態を作り出してくれます。

見守ってくれることから、自信と意欲が生まれます。

弟妹にもメリット

下に弟妹がいる場合、兄姉のまねっこでお勉強ごっこをしたがることも。自然に学習習慣が身につきます。

生活上のメリット

生活上もメリットがあります。

姿勢

学習中の姿勢に目を配ることが出来ます。

正しい鉛筆の持ち方、ノートや教科書との顔の距離など気をつけてあげられるでしょう。

ふれあい

リビング学習なら、同じ空間ですごす時間を長く確保できます。質問などで自然に会話も生まれます

学習がそのまま親子のコミュニケーションになるのです。例えば、算数で「お父さん、すごい!」と尊敬につながるかもしれません。

「お母さんもね、鶴亀算苦手だったよ・・・」で共感につながるかもしれません。

デメリット

もちろん、デメリットもあります。

散らかりやすい

お子様の性格にもよりますが、散らかりやすくはなります

学習コーナーを居間に設けた場合、インテリアに影響してきます。・・・今時の副教材はなかなかカラフル。収納に工夫が必要です。



勉強の環境ではない

ダイニングテーブルとチェアの高さのバランスは大人が食事をする姿勢にあわせたもので、長時間の学習では疲れやすく、姿勢に影響がでてしまいます。

食事に必要な明るさは300~500ルクス。リビングの照明が300ルクスなら、学習にはやや暗すぎますので注意と工夫が必要です。

リビング学習の注意点

目が届くのがリビング学習の長所ですが、ついつい口うるさくなることもあるのではないでしょうか。

出来ないことを叱ったり、目に付くことを注意しすぎたりは逆効果です。

こどもが考えている間にせかしたり、教えすぎてしまったりも良くないことです。

リビング学習のコツ

リビング学習にもコツがあるのです。

真正面に座らない

勉強しているこどもの真正面には座らないようにしましょう。

威圧感を感じてしまいますので、少し離れた場所か、座るなら隣や斜め前にします。

きちんと答える

質問にはきちんと答えることも大切です。家事の途中なら、いったん手を止めて目を見て返事をします。

待たせるならなるべく早く答えます。そして、必ず答えてあげることです。

保護者も学ぶ

どうしても家事タイムになりがちですが、時には本を読んだり勉強したりもしてみましょう。日記や手帳をつけるのも良いでしょう。

保護者も一緒に学ぶことは、こどもの学習する意欲を高めます。

リビング学習のための工夫

既存のラックやワゴンを活用するだけでなく、居間においても気にならないデザインのランドセルラックなど、リビング学習向けの家具が登場しています。

そういったものを利用しても良いでしょう。

部屋の照明が300ルクス程度でしたら、小型の手元灯でフォローしましょう。

ダイニングテーブルとチェアで学習する場合、身長にあわせてクッションで良い姿勢になるように調節したり、足がふらふらしないように踏み台を使用しましょう。

我が家では・・・

学用品は自室に収納。学習タイムになったら居間へ持ってきて学習します。学習場所はダイニングテーブル。

小学校受験時の習慣をそのまま引き継いでいます。

母親である私はたいてい家事をしていますが、やや離れたソファで読書をしつつ見守ることもあります。

中学生になったら

中学生頃から自室学習のほうが集中できるという子が増えてくるのだそうです。

中高生になったら自然にまかせてリビング学習を卒業しても良いでしょう。

いつまでできるかな?

我が家の場合、リビング学習は私が娘の質問に答えられるまでが限界です。数学が苦手な私。いつまでできるかな?

この記事を書いたママ

厥日績

ゆったり系私立小学校へ通う娘とゆったり生活中のマイペースな専業主婦です。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします