命名・名前

子供の名付けで失敗したなぁという声を集めてみました!後悔する5つのケース

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

子供の名付け。難しいですよね。

「世間で言われるようなキラキラネームにはしたくないなぁ…」

「でもこの子にしかない名前にしたいなぁ…」

色々考えては名付け辞典とにらめっこ。私も妊娠中、性別がわかってからは名前のことで散々悩みました。

一生のものだからこそ後悔はしたくない!そこで今回は、名付けで「失敗したなぁ」という先輩ママの声をまとめてみました。



ケース1 読めない・読んでもらえない

いわゆるキラキラネームと言われるようなめちゃくちゃな当て字(一時期ネットで「光宙」で「ぴかちゅう」くんが話題になりましたね)も読めませんが、意外と多いのは≪読み方は聞き覚えがある名前なのに、漢字が読めない≫というケース。

他の子とは違う名前を!という思いから、ひねったを漢字使って後悔することが多いようです。

子供に明寧(あかね)と名付けて後悔中・・・。

「あかね」と元から付けたくて、簡単な苗字なので普通に明音じゃつまらない。と思って寧のeiをぶったぎりってしまった・・・

その時は満足してたけど、いま思うと難読気味・・・。日々名前の説明するのも大変・・・娘はもっと大変か・・・

出典:キラキラdqnネーム.biz

また、漢字そのものの読み方は間違いではないけれど、難しくて読んでもらえないという後悔もあるようです。

碧(みどり)と名付けて後悔してます。難しい字なので「なんて読むんですか」と良く聞かれます。

娘は中学生になりましたがあまりこの名前が好きでないらしい。

出典:キラキラdqnネーム.biz

ケース2 漢字の意味を知らずに付けてしまった

名付け辞典やネットを見れば、その漢字の持つ意味を知ることができます。男の子向けの字、女の子向けの字、名付けに向かない字など様々あります。

使いたい漢字がある場合にはきちんと調べてからのほうが良さそうです。

7ヶ月の娘に○皇(○お)と名付けました。漢字の意味も調べ、意味も理解していたつもりでした。

しかし、名付けに皇はふさわしくないと知り後悔。実際、読まれないし男の子に間違えられるし良い事なしです。

出典:キラキラdqnネーム.biz

ケース3 英語にしたときに…純日本人なのに…

将来、海外でも通用するようになってほしいという願いを持つパパ・ママもいますよね。そこでこんな後悔の声を。

英語で自己紹介するときにどうなるのか、なかなか思い至らないところかも知れませんね。

私の息子は雄大(ゆうだい)。英語だと悪い意味に聴こえるそうです。

外国によく行く息子への申し訳なさと自分の学のなさで激しく後悔してます。

「What’s your name?」「You die!(あなたは死にます)」

で毎回驚かれるそう。息子があまり気にしていないのがまだ救いです。

出典:キラキラdqnネーム.biz

あとは外人のような名前をつけて後悔したという声も。純日本人だとやっぱり違和感を抱きますね。

当て字で読めないことも多いですし、ローマ字表記したときにちょっと…。例えば「マイケル」と名付けても、ローマ字にしたら「Maikeru」ですからね。

決して「Michael」にはならないんです。

笑理央(えみりお)、と息子につけてしまった・・・ もちろんハーフでもなんでもない純日本人。
夫案とはいえ、賛成した私も妊婦脳で頭どうかしてた。

出典:antena.daynight.jp



ケース4 古風な名前

パパ・ママ世代や、もっと上のじぃじ・ばぁば世代にいそうな名前にして後悔したという声も。

「進次郎(しんじろう)」と名づけました。

失敗を恐れずに次へ進んで行けるような子供になってもらいたい と思ったのが名前の由来です。

周りは今時の名前ばかり。 進次郎ってやっぱり古臭いでしょうか??

出典:antena.daynight.jp

ケース5 違う意味が連想される名前

名前を声に出した時に、違う意味のが単語が連想される場合もあります。

それが悪い意味だとしたら、呼ばれるたびにちょっと嫌な気持ちになってしまうかも。

京佳(キョウカ)と付けたのですが、後で調べたら供花や狂花と出てきました。

両親から一字ずつとっただけでもっと調べてから名付ければ良かった

出典:antena.daynight.jp

名付けは本当に難しい!

ありきたりの名前でいい、と周りが思っても、それを後悔するパパ・ママもいます。

個性を重視しすぎて後悔。自分の好きなものから名付けて後悔。成長したら名前のイメージと違う子になって後悔。

本当に色々な声があります。名前の候補が決まったら、パパ・ママだけでなく周りの人に意見を聞いてみるのもいいかも知れないですね。

名前はパパ・ママから赤ちゃんへの最初のプレゼント。素敵な名前をプレゼントしてあげましょう!

【関連情報】
約50記事以上ある命名に関する記事一覧ページをみる

この記事を書いたママ

mico

1歳の息子(別名:怪獣くん)相手に日々奮闘中。息子のおもちゃやら服やら色々作るの好きです。でもO型だから見えないところは大ざっぱ(笑)


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします