出産 妊娠中期 妊娠初期 妊娠後期

経験したママに聞く!双子の妊娠・出産は普通とどう違う?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

現在2歳になる長男、5か月の双子の次男、三男と共に日々慌ただしい毎日を送っています。

双子を妊娠したと分かった時に沢山の情報収集をし、不安になったり、怖くなったり、これから先のことが全く想像できなくて困惑したり。

お腹に二人の赤ちゃんがいるってとっても不思議でものすごく貴重な体験です。

今この瞬間を大切に、楽しく過ごしてこれからの出産、育児に役立ててほしいです。



双子妊娠したかも!?

双子を妊娠しているかどうかは、病院に行って内診してもらわないと分かりません。

ですので、初期の段階では普通の妊娠と変わらない悪阻症状や変化しか感じません。

妊娠したかも?と気付いてから市販の検査薬を使用すると、大体5~6週目ですぐに病院に行って双子だとわかる場合もあれば、2.3回目の診察でわかることもあります。

初期の場合は、すぐに診察に行っても1~2週間後に再度診察に来るよう言われますが、

双子を妊娠している場合、一卵性であるのか、二卵性であるのかの膜性診断が今後の双子妊娠の管理に重要になってきますので何度も診察に行くのは大変だからと遅らせるのではなく、

気付いた時点で病院を受診することをおすすめします。

悪阻はひどいのか?

悪阻に関しては人それぞれ違います。一人目の妊娠で悪阻が軽かったのに、二人目の妊娠では悪阻がひどい場合があるように、双子だからと言って悪阻がひどくなるということはなかったですが、個人で違います。

悪阻の症状が強い場合にはゆっくりする時間が必要だと、赤ちゃんからの知らせだと思い、楽な体制でゆっくり過ごすことをおすすめします。



膜性診断って?

簡単に言うと赤ちゃん同士の部屋割りがあるかどうか、へその緒を共有しているのか、していないのかということだと思います。

この部屋割りは4種類あります。

・二絨毛膜二羊膜

・二絨毛膜二羊膜・癒合胎盤
・一絨毛膜二羊膜
・一絨毛膜二羊膜

双子を妊娠している時点で、単胎妊娠よりもリスクは3倍であると言われているようです。
この部屋割りによって、妊娠の経過で問題が発生するリスクが高いかどうか、今後どの程度のリスクに配慮して経過観察していかなければならないのかを見極めます。
この膜性診断によって出産できる医療機関に限りが出てくる場合もあります。また 膜性診断ができるのは妊娠12週目までなので、病院受診を躊躇せずに気付いた時点で受診したほうがいいと思います。

妊娠の経過でつらかったことは?

双子を妊娠していると分かった時点で、まず出産はどうなるのかと不安になります。今後お腹がどれくらい大きくなってしまうのかということも気になります。

双子妊娠は単胎妊娠よりもリスクは3倍であると言われているように、安定期に入っても安定期はないものと思って行動しなくてはならないことです。

お医者さんからも常に安静に過ごしてくださいと言われます。

安静の程度もそれぞれ違いますので、その都度、医師に安静の程度、ウォーキングをしてもいいのか、自転車を乗ってもいいのか、細かく確認をしていったほうがいいと思います。

医師の言う安静と、自分の思いっている安静が同じ程度のものなのか確認しておくことで、次回の診察までの過ごし方が不安になることなく過ごせると思います。

お腹の大きさがすごい!!

単胎妊娠よりも2か月進んだお腹の大きさになると言われていますが、多少の個人差はあると思いますが、本当だと思います。

妊娠4ヶ月で、お腹の大きさは単胎妊娠の方の6か月ぐらいのお腹の大きさです。誰が見ても妊婦さんだなとわかる大きさだと思います。

お腹の大きくなるスピードがはやいので、動きもどんどん鈍くなってきます。しゃがんだりする動作が大変、少しの移動でも息が上がってしまったり、お腹が重くて動くのがしんどく感じることもあります。一つの体で、3つの心臓を動かしているのですから、本当に一つ一つの動作がつらくなってくると思います。

双子妊娠をしていると管理入院が必要になるといいますが、妊娠の経過の管理のために必要で安全のためだというものですが、日常生活もしんどくなってくるため入院したほうが楽だと思ってしまうかもしれません。

これも人によって違うかもしれませんが、それぐらい動くのは大変になるかもしれないと念頭に入れといたほうがいいと思います。

出産はどうなる!?

経産婦で帝王切開の既往がある方は病院によっては状況が整えば自然分娩でも出産可能だと思いますが、予定帝王切開になることが多いと思います。

初産の場合でも状況が整えば自然分娩可能です。

しかし双子を妊娠している時点で、単胎妊娠よりも妊娠の経過も、出産もリスクが高くなるため予定日が近づくにつれて想定範囲内のトラブルが出現、安静の制限が強くなるなどし、入院することが多いと思われます。

妊娠37週の正期産を目標とし自然分娩、予定帝王切開の日程が組まれ、その日まで問題なく自宅で過ごせたのならばとても素晴らしいことだと思います。

素敵なマタニティライフを!!

双子妊娠したと分かった時に、皆さんとても驚いたことと思います。

一度に二人も赤ちゃんが生まれるなんて、とても喜ばしいことですが、本当に驚きます。

単胎妊娠よりもリスクは高く、色々と不安なことがたくさんあると思いますが、同時に二人の赤ちゃんが動くことや、二人の位置関係がわかってくると本当に神秘的で、誰もが体験できることではないと思います。

ですので、どうか不安にばかり思って過ごすのではなく、体調がいいとき、妊娠の経過が安定しているときには楽しく過ごしてほしと思います。


この記事を書いたママ

ROKO

長男と双子の育児に奮闘中。男の子に囲まれて毎日活発に過ごしている専業主婦です。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします