出産

VBACの費用はいくらかかるかまとめてみた

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

「前回の出産が帝王切開だったから、次回はどうしても自然分娩がしたい!」

そんな思いを叶えてくれるのが、 VBACです。

VBACについて気になるところは色々あるかと思いますが、この記事では費用についてをまとめてみました。

紹介している金額から 出産育児一時金(42万)を差し引いた額が、実際に払う金額になります。



VBACが成功した場合の費用(=自然分娩)

およそ40~75万円となります。

出産育児一時金を加えるとおよそ手出し0円~33万円となります。

自然分娩なので費用が安い!

VBACが成功したということは、自然分娩での出産になったということ。

いわゆる≪普通のお産≫ですね。

なので比較的費用は安め。それもVBACのメリットの1つと言えますね。

ただし、自然分娩は健康保険・国民健康保険の対象外、民間の医療保険の給付金も対象外です。

緊急帝王切開になると…

VBACにチャレンジしたものの、途中で緊急帝王切開に切り替わることもあります。

その場合は帝王切開での出産の費用にプラスして、【緊急加算】がつきます。

なので後述の予定帝王切開の費用よりも幾分高額になります。

予定帝王切開の場合の費用

およそ50~75万円となります。

出産育児一時金を加えるとおよそ手出し8万円~33万円となります。

自然分娩よりも費用は高額に

予定帝王切開の場合は日時・時間が決まっているので【時間外加算】【深夜加算】などはありません。

ただし、自然分娩と比べると入院期間が2~3日長くなるのでその分費用がかかります

また、術後の状態によって個室を選ぶようであれば、それもかかります(私も術後、ベッドから起き上がるのが辛く、自動リクライニングのベッドが個室にしかないという理由で個室を選びました…)

保険適応になる

これが自然分娩との大きな違いになりますが、 帝王切開は健康保険がききます

医療保険の給付金の対象にもなります

これによって 実際に支払う金額が自然分娩と同じか、それよりも安く済む場合もあるようです。

ただし医療保険の給付金は、保険会社によって支払い対象・対象外の取り決めが異なるので確認が必要です。

VBACを受け入れている病院は、費用が高め?

VBACを受け入れている多くの病院は、総合病院や大学病院です。

規模が大きく設備の整った私立の総合病院などは、元々出産に関する費用が高い傾向にあります

逆に国立・公立の病院だと費用を抑えることができます。

大学病院も総合病院と比べて1~2割安いところもあるとか。

病院によって費用に大きな差が出る

ホテルのように綺麗な病院や、食事に力を入れている病院、エステやアロマなどのサービスが付いている病院と、産婦人科によって様々です。

そうした病院は費用が高めになりますよね。

実際にVBACを受け入れている2つの病院を比較してみました。

日本赤十字社医療センター(東京都渋谷区)

自然分娩:57~68万円(入院日数によって異なる)

帝王切開:63~65万円

こちらは比較的費用が安めかな、という印象ですね。



愛育病院(東京都南麻布)

自然分娩:69万円~

帝王切開:上記にプラス麻酔薬使用で16万円~18万円

更に個室使用となれば費用がプラスでかかります。

≪セレブ病院≫と言われている愛育病院だけありますね。

成功する・しないに関わらず、その病院で産みたいかどうか

VBACできるかどうかは妊娠37週以降、出産のその時にならないとわかりません

なので費用に関しても、出産を迎えてみないと実際はどうなるかわからないということです。

術後の経過にもよりますしね。

VBACするかどうか、病院をどこにするか、どちらを決める上でも費用は大切なポイントになりますが、

もっと大切なのは「その病院で出産したいか」「何かあったときにも無事に出産させてくれる安心感があるか」というところかなと思います。

また、病院や加入している医療保険によってもかかる費用・もらえるお金が変わってきますから、ご自身に置き換えてみて費用を計算してみてくださいね。

この記事を書いたママ

mico

1歳の息子(別名:怪獣くん)相手に日々奮闘中。息子のおもちゃやら服やら色々作るの好きです。でもO型だから見えないところは大ざっぱ(笑)


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします