出産

VBACが受けられる「ママ11の条件」「胎児3つの条件」病院選びで失敗しないポイントとは?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

1度帝王切開での出産を経験すると、大体の病院では次回の出産も帝王切開となります。

ですが病院によっては、様々な条件を満たした上でVBACにチャレンジさせてくれるところもあります。

その条件とは?病院を見つける上で大切なポイントは?VBACをちょっとでも考えている方、気になっている方はぜひ目を通してみてください。



VBACが受けられる条件 -母体-

母体側には様々な条件があります。

身体的なものもあれば精神的なものまでありますが、全てクリアして初めてVBACにチャレンジすることができます。

受けられる母体側の11個の条件

1、正産期(満37~41週)で、自然陣痛であること

2、前回の帝王切開の傷が横切りであること(表面の傷ではなく、子宮の傷が)

3、帝王切開の経験が1度のみであること

4、帝王切開以外に、子宮の手術歴がないこと

5、子宮破裂の既往がないこと

6、前回の帝王切開と同じ理由がないこと

7、前回の帝王切開の術後が良好であること

8、頸管が成熟していること

9、お産の進みが良いこと

10、分娩時は常に分娩監視装置を付けていること(胎児の心拍をモニターするため)

11、VBACを強く希望していること。また、家族からの同意もきちんと得られていること

子宮破裂を事前に予測することは不可能

子宮破裂は、出産のその時にならないとわかりません。

事前に超音波検査で子宮壁の厚さをみて判断することもありますが、これも確実ではありません。

子宮破裂によるリスクをきちんと理解しておくことも、条件の1つになりますね。

条件をクリアしても必ずVBACできるわけではない

VBACできるかどうかは、正産期に入るまで医師にも判断ができません

妊娠中は様々なことが起こりますから、大丈夫だと思っていてもやっぱり駄目だった、ということもあります。

『前向きにVBACを検討しつつ、帝王切開になっても仕方がない』と受け入れておくことも大切なのかなと思います。

VBACが受けられる条件 -胎児-

母体側と違い、こちらの条件は以下の3つのみです。

受けられる胎児側の3つの条件

・1人であること

・大きすぎないこと

・逆子でないこと

病院選びのポイント

そもそも、VBACを受け入れてくれる病院は限られています。

また、受け入れてくれるとしても、その全ての病院が万全な体制でVBACをサポートしてくれるわけでもありません。

万が一のときに、きちんと対応してくれる病院を選ぶことがポイントになってきます。

人材・設備が豊富、医療技術の高い病院を選ぶ

24時間、産婦人科医だけでなく、麻酔科医、小児科医と連携した体勢を取っている病院は安心です。

NICU(新生児集中治療室)やMFICU(母体胎児集中治療室)があるのが理想的だと思います。



個人病院より総合病院?大学病院?

個人病院でも、産婦人科医の人数が豊富でVBACを推奨し、実績をあげている病院もあります。

ですがそうでない個人病院だとしたら、正直あまりおすすめはしません

もし万が一母体・胎児ともに危険な状態になったら…どうなるでしょうか。

最悪の場合、2人とも命を落とすことさえあります

総合病院や大学病院でさえ、リスクがあるからとVBACに消極的なところも少なくありません。

命に関わることだからこそ、納得のいく病院選びをしてほしいんです。

緊急帝王切開への切り替えが迅速にできる

上のポイントと重なりますが、もし子宮破裂やお産の進みが悪いなどの理由で緊急帝王切開になる場合には、迅速な対応が求められます。

分娩時に胎児が低酸素状態になってしまったら、17分以内に分娩しないと脳障害が起こる可能性が出てきます。

ほかにも、障害や後遺症が残る場合もあります。

ポイントは≪ダブルセットアップ≫

分娩の際にいつでも緊急帝王切開に対応できるよう、輸血・手術場の準備、麻酔科医・手術助手の産婦人科医・小児科医・手術室の看護師が待機している状態のことです。

あらかじめ病院側から「分娩時にはこのような体制でママと赤ちゃんをサポートします」と明確にしてくれると、患者としても安心できますよね。

いかがでしたか?

VBACは成功すれば普通の出産と何も変わりません。

でも万が一のことが起こってしまう可能性が高いのも、事実です。

それを避けるためにも、条件をクリアしているかは大切になりますし、自分と赤ちゃんの命を預ける病院選びはもっと大切になります。

VBACを考えている人の参考に、少しでもなれば幸いです。

この記事を書いたママ

mico

1歳の息子(別名:怪獣くん)相手に日々奮闘中。息子のおもちゃやら服やら色々作るの好きです。でもO型だから見えないところは大ざっぱ(笑)


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします