出産 妊娠後期

利用している妊婦急増中!「陣痛タクシー」ってどんなサービス?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

『陣痛タクシー』『マタニティタクシー』『ママサポートタクシー』等という言葉を聞いたことはありますか?

全国各地で広がっているこのサービスが今、マタニティママたちの強い味方になってくれると注目を集めています!

どのようなサービスか、その内容や利用方法についてご説明します。



陣痛タクシーとは?どんなシステム?

妊娠がわかったらさっそく登録しておくと、いざという時に安心です!

登録から利用までの流れ

事前に自宅の場所やかかりつけの産院、出産予定日を登録しておきます。

いざ陣痛が起きたときに、電話をかけるだけで素早くタクシーが駆けつけてくれ、道案内をせずとも登録しておいた産院へ最短距離で向かってくれます。

事前登録しているママが電話をすると、順番待ちをすることなく最優先でタクシーをまわしてくれます。

登録者数が急増!

2012年に東京都内の日本交通で最初に始まったこのサービス。

開始当初は約1600人だった登録者数が、1年で20,000人を突破したそうです。

現在は北海道から沖縄まで日本各地に広がり、各会社での登録者数はぐんぐん増えています。

ママが安心できる細かなサービス

サービスの内容は会社により異なりますが、多くの会社に取り入れられているサービスを中心にご紹介します。

防水シートの常備

タクシーの中に防水シートが敷かれており、途中で破水する等の事態にも臨機応変に対応してくれます。

後でクリーニング代を請求される等の心配が必要ありません。

24時間365日対応でママ最優先!

いつ陣痛が起きても早急に対応できるよう、24時間365日オペレーターが配備されています。

登録番号からの電話が鳴ったら『陣痛』のランプが光り、最優先で駆けつけてくれるので、大雨や大雪の日でも、“待つ”時間は必要最小限です。

タクシー代を用意する必要がありません。

タクシーで病院へ行くとなると、お腹が痛い中、お財布を用意して…等、余計な手間を考える必要がありません。

陣痛タクシーは後払いが可能なので、ママは自分の体のことだけを考えれば良いのです。

さらに、料金も特別高いことがなく、通常のタクシー料金と同じ設定の会社がほとんどです。

研修を受けたドライバーが対応

助産師によるレクチャーや救命講習を受けたドライバーが対応してくれます。

マタニティママを車に乗せる際の注意点を知り、さらに社内には緊急対応マニュアルも常備されています。



ママだけじゃなくパパにも好評!

陣痛が起きたとき、慌ててしまうのはママだけではありません。

そんなママをサポートしてくれる陣痛タクシーは、パパにも助かる存在です。

陣痛タクシーは家族の味方

パパが仕事中に陣痛が来るかもしれません。

電話をしても、すぐに駆けつけられないことも考えられます。

天候に左右されたり、いつ来れるかわからないとママが不安に陥る可能性も否めません。

さらに、パパが慌てて運転するよりも、マタニティママを乗せることに慣れたドライバーの運転は安心できます。

どんな事態であってもスムーズにママを病院に搬送してくれる陣痛タクシー。

ママだけでなく、家族にとって大きな味方であると言えるでしょう。

不安のない出産を迎えましょう!

出産予定日が近づくにつれ、陣痛が来るときの痛みや対応を想像して不安になってしまうママは多いものです。

今度はさらに広がることを願って…

しっかりと準備を整えても、いざ陣痛が来ると心細くなるものです。

急にやってくる陣痛、1人で大丈夫かな…と初産のママなら不安でいっぱいになるでしょう。

陣痛・出産は予定通りに行くとは限りません。だからこそ“安心感”を得るという意味で陣痛タクシーは強い味方になってくれるのです。

まだまだそのサービスが充実していない地域もあります。

今後、すべてのマタニティママが安心できるくらい、このサービスがさらに広がることを願いたいものですね。

妊娠がわかったら、さっそく探してみましょう。

陣痛タクシーは、定期的な妊婦健診や急な体調の悪化にも対応してくれます。

出産予定日が近づいてからではなく、妊娠がわかったらお住まいの地域でサービスを実施している会社を、早いうちに探してみてくださいね!


この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします