料理・レシピ 生後0ヵ月~12ヵ月 育児の悩み・疑問

離乳食で納豆はいつからOK?そのまま与えて大丈夫?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

栄養満点のたんぱく源である納豆。安価で手軽に手に入り、焼いたり和えたりと離乳食にも使いやすい食材です。

しかし、通常なら生で食べる納豆を、そのまま赤ちゃんに食べさせても大丈夫!?という疑問をお持ちのママたちも多いのではないでしょうか。

与え始める時期や調理方法等、納豆を離乳食に使う前に知っておきたい情報をご紹介します。



まずは加熱して7、8ヶ月頃からOK!

納豆は、豆腐に慣れた後、離乳食中期の7、8ヶ月頃から食べさせても良い食材です。

まずは必ず火を通し、生のまま食べさせる場合は徐々に様子を見ながらにしてください。

最初は加熱が必要です。

離乳食に使う食材は、何であっても最初は加熱調理します。

その理由は、『殺菌』です。

食材には通常、必ず雑菌が付いているものです。

大人が生で食べて何でもない納豆であっても、抵抗力の弱い赤ちゃんには害を及ぼす場合があります。

『安心のため』と考えて、必ず加熱しましょう。

9ヶ月頃からは生でも!しかし…様子を見て!

離乳食後期になると、火を通さずに食べても良い食材が増えてきます。

納豆も同じく、9ヶ月頃にはパックから出したままの状態で食べさせても良い食材です。

加熱した方が『安心』ではあります。

納豆は大豆製品ですから、アレルギー反応を起こす場合があります。

多くのママたちがそれを心配し、納豆を生で食べさせることに不安を抱くのではないでしょうか。

後期からは生でも大丈夫とは言われますが、加熱することでタンパク質の性質が変化するため、アレルギーを起こしにくくなるのは事実です。

心配な場合は無理をせず、加熱した方が安心です。

最初は少しずつ…与え過ぎには注意しましょう。

便利な食材で、粘りがあって飲み込みやすく、好む赤ちゃんも多い納豆。

しかし、与え過ぎには注意しましょう。

与え過ぎるとアレルギーに!?

タンパク質は、その構造がとても複雑なため、消化するのに時間がかかります。

消化器官が未発達の赤ちゃんにとっては、分解することが大きな負担になるのです。

ですから、頻繁に与え過ぎるとアレルギーを引き起こす可能性が高くなります。

タンパク質は体の細胞形成に必要な栄養素ですので、最初は少しずつ、様子を見ながらゆっくり慣らしていくようにしましょう。

*離乳食において、納豆だけでなく、すべてのタンパク質(魚や肉等)に同じことが言えます。

納豆の栄養価は離乳食におすすめ!

納豆は非常に栄養バランスの整った食材です。

アレルギー反応を起こさないことがわかったら、度々離乳食に取り入れていくと良いでしょう。

納豆に豊富に含まれる栄養素

納豆には、人間が生きていくうえで必要とする『タンパク質』『脂質』『炭水化物』『ビタミン』『ミネラル』の5大栄養素体が揃っています。

また『カルシウム』

骨や歯の形成を助けてくれます。

次に『鉄分』

血液中の酵素を運ぶヘモグロビンの材料になります。

そして、『食物繊維』はニンジン1本分も!整腸作用もあり、腸内の善玉菌を増やして便秘を予防します。

その他、大豆そのものに含まれるレシチン・サボニン・イソフラボノイド・オリゴ糖、発酵過程で増加するビタミンK2・ビタミンB2・ナットウキナーゼ・ジピコリン酸等も多く含まれています。

ただしナットウキナーゼは熱に弱く、加熱したらなくなるものだと思って下さいね。



ビタミンK2は納豆に多く含まれる栄養素!

注目したい栄養素に『ビタミンK2』という、出血した時に血液を固めて止血する因子を活性化したり、骨を強くする効果が高い栄養素があります。

体内の腸内細菌から作ることが出来るので、通常大人が不足することはありませんが、赤ちゃんは無菌状態で生まれてくる上に腸の働きも未熟なので、どうしてもビタミンK2が不足しています。

最近では生後間もない赤ちゃんにビタミンK2シロップを投与する病院も増えているくらい、赤ちゃんにとっては必要な栄養素。

そのビタミンK2が、他の食材の群を抜いて多く含まれるのが“ひきわり納豆”なのです。

加熱すると粘りが減ります。

ベタベタになるから離乳食には…と敬遠するママもいるようです。

しかし、加熱することで粘りを減らすことができます。

納豆の調理方法

お粥やうどん等を作る際、一緒に入れて煮込むことで粘り気を減らすことができます。

スープに入れるのもおすすめです。

納豆のみを食べさせたい場合は、茶こしに入れて熱湯をかけるだけでも良いでしょう。

その他、パンケーキやおやきなど、丸めて焼くものに混ぜ込むと、離乳食後期からの手づかみでもベタつかずに食べさせることができます。

また、調理の際で刻む手間を省くため、ひきわり納豆が便利です。

ただし、粒納豆とひきわり納豆では製造過程が違うため栄養価も違うので、もし食物繊維を多く取りたいと思うなら、粒納豆を自分で刻んだ方がいいでしょう。

与える量の目安

どのくらいから食べさせ始め、時期による適量についてご説明します。

小さじ1/2から

始めて食べさせるときは、アレルギー反応が出ないかを見極めるため、小さじ1/2程度から始めましょう。

特に問題がなければ、離乳食中期でパック1/4くらいが目安です。

子供の成長を見て徐々に増やしても構いませんが、大豆製品は豆腐など他の食材もあるので、完了期でも1/2パック程度にしておきましょう。

冷凍納豆を活用しましょう!

納豆は冷凍することができるので、小分けでストックしておくと便利です。

便利な冷凍保存方法

納豆はパックのまま冷凍します。

凍ったらパックから取り出し、包丁で適当な大きさに切ります。

カチカチに凍っていても簡単に切ることができるので、切り分けてジッパー付きの袋に入れて再度冷凍庫で保存しておきます。

必要なときに1つずつ取り出して便利に使うことができます。

風味を逃がさない、乾燥を防ぐためには、1つずつラップに包むと良いでしょう。

納豆を使用した離乳食

まずは基本の納豆ペースト

納豆を茹でてからすり鉢ですりつぶします。そこにお湯を少量加えてのばします。

このペーストが食べられるようなら、おかゆに混ぜたり麺類に混ぜたり、茹でてつぶした野菜と混ぜたりして色々な料理に使えます。

赤ちゃんの成長を見てすりつぶさなくてもいいようになったら、おかゆを作る際に野菜などと一緒に具材として入れて鍋で煮ても楽ですね。

納豆汁

鍋にひきわり納豆とだし汁を入れて温める。これだけです。

事前に茹でなくていいので手軽に火も通せますし、柔らかく茹でてつぶした野菜と合わせると、いろんな組み合わせでバリエーション豊富な汁物になります。

赤ちゃんが食べにくそうなら、水溶き片栗粉を加えてトロミをつけてもいいですね。

納豆入りスクランブルエッグ

小さく切ったお好みの野菜を茹で、最後にひきわり納豆も加えて火を通します。
茹でた具と卵を合わせ、湯せんでスクランブルエッグにします。
少し時間がかかりますが、半熟ではなくよく火を通して下さい。

後期になれば具材を炒め、フライパンでスクランブルエッグを作るといいですよ。

納豆トースト

後期のメニューになりますが、耳を取って1/4にカットした食パンに納豆を乗せ、チーズをかぶせてトースターで軽く焼くだけ!

朝食でもおやつとしてもいいお手軽メニューです。

離乳食は焦らないで!気負わず楽しく調理!

離乳食の進み具合は赤ちゃんそれぞれのペースがあります。

せっかく作ったのに食べてもらえなくてガッカリする事もあります。

だからこそ気負わず、楽しく調理しましょうね!


【電気代をもっと安くしませんか?】
業界初基本料0円の料金体系で年間1万円以上安くなるかも!(loopでんきPR)



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします