子供の健康・食事 料理・レシピ

バナナを使った離乳食レシピ12選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

離乳食に甘味を付ける代表食材とも言えるバナナ!甘くて子供は大好きですよね。

たんぱく質やビタミン等の栄養価が高いうえ、エネルギー源としても最適!柔らかくて潰しやすい、砂糖を使わず甘味が出せる、手に入りやすい、冷凍保存ができる等、離乳食においてのメリットはたくさんあります。

離乳食初期から後期にかけて、長い期間で便利なバナナの活用レシピをご紹介します!



離乳食初期はペースト状に!

甘くて美味しいので、通常の離乳食をなかなか食べてくれない時は、バナナを少し混ぜるだけで食い付きが良くなる子供が多いものです!

バナナのきな粉パン粥

1、バナナ(1~2cm)をつぶします。

2、食パン(1/4枚)の耳をカットし適当にちぎります。

3、バナナとパン、きな粉(小さじ1)、ひたひたのお湯を鍋に入れ、混ぜながら適度に煮詰めたら出来上がり!

バナナヨーグルト

1、バナナ(1~2cm)をつぶし、湯冷まし(小さじ1)と混ぜ合わせます。

2、無糖ヨーグルト(大さじ1)と混ぜ合わせたら完成。

ほうれん草のバナナ和え

1、ほうれん草の葉(1枚)を細かく刻み、バナナ(1~2cm)、お湯(小さじ1)と合わせて鍋に入れ、弱火で加熱します。

2、ペースト状になったら完成です!

バナナのじゃがいも粥

1、茹でたじゃが芋(大さじ1)に、バナナ(1~2cm)を加えます。

2、フォークの背で全体に混ぜながら潰したら出来上がり!

離乳食中期は大雑把に形が残る程度に!

中期は、少し形が残る程度に雑把に潰せば良いので、簡単お手軽食材としてバナナは大活躍します!

野菜のバナナソース

にんじん・ほうれん草・キャベツなどの野菜を細かく刻んで柔らかく茹でます。茹でた野菜(大さじ2)に潰したバナナ(3cm程度)を乗せたら完成!

さつま芋とバナナの豆乳ポタージュ

1、さつま芋(中2~3cmくらい)を皮むきして水にさらしアクを抜きます。

2、小さく刻んで鍋に入れ、豆乳(100cc)と一緒に弱火で煮ます。

3、さつま芋が柔らかくなったらバナナ(1/4本)を入れ、マッシャーで潰しながら全体を混ぜて完成です!

豆腐とバナナの和え物

1、豆腐(3cm角)をさっと茹でてお湯を切ります。

2、バナナ(1/4本)と一緒に器に入れ、全体的にざっと潰し混ぜたら出来上がり!

バナナ入りチーズサラダ

1、キャベツ(葉1/4枚)を刻んで柔らかく茹で、荒く潰します。

2、カッテージチーズ(大さじ1)と荒く潰したバナナ(1/4本)を混ぜたら完成です。



離乳食後期は手づかみレシピ!

手づかみで食べたい離乳食後期。子供が自分で食べられる手づかみレシピをご紹介します!

バナナパンケーキ

1、つぶしたバナナ(1/2本)と豆乳(50cc)を混ぜ合わせます。

2、薄力粉(大さじ3)に少しずつ加えながらダマができないように混ぜ合わせます。

3、テフロン加工のフライパンに何もしかず、一口サイズずつ両面を焼けば完成です!

バナナとほうれん草のサンドイッチ

1、ほうれん草(葉1枚)はさっと茹でて刻みます。潰したバナナ(1/4本)にほうれん草を混ぜます。

2、食パン(サンドイッチ用2枚)の耳を取り除き、バナナペーストを塗ってサンドします。

3、食べやすく切り分けたら、端はフォークの先等でギュッと押さえて出来上がり!

バナナ入りじゃが芋おやき

1、じゃが芋(中1個)を茹でます。

2、ビニール袋に、茹でたじゃが芋、バナナ(1/3本)と片栗粉(大さじ1~2)を入れて全体的に潰しながらしっかり混ぜます。ベトつくようなら片栗粉を少しずつ増やしましょう。

3、まとまる硬さになったら手で一口ずつ丸めます。

4、フライパンで蓋をしながら両面を焼きます。

5、指で押して弾力が出るくらいが焼き加減の目安です。

白身魚とバナナのお好み焼き

1、キャベツ(1枚)は食べやすく刻んでさっと茹でます。

2、白身魚(茹でたほぐし身大さじ2)と、バナナ(1/4本)、薄力粉(大さじ1)、卵黄(1個分)を混ぜ合わせます。

3、サラダ油少々をしいたフライパンで両面を焼けば完成です!

離乳食におけるバナナの使い方

離乳食にバナナを使う際に、知っておきたい使い方の注意点がいくつかあります。

5つの注意点

1、5カ月から使用できます。

2、生、加熱どちらでも可!

3、冷凍保存する場合は、皮をむいてジッパー袋に入れ、上から平に広げましょう!箸などで3×4個くらいにわけて印を付けておくと、必要量だけ折って取り出すことができます。

4、まれにアレルギー反応を起こす場合があります。最初はほんのひと口で様子を見ましょう。

5、繊維が豊富なので与え過ぎには注意!満腹感もあるため、1回に与える量は少なめにしましょう。

量や合わせる食材はお好みで!

便利なお助け食材であるバナナ。5つの注意点を頭に入れながら、お好みで量や合わせる食材をアレンジしてください!楽しみながらレパートリーを増やしてくださいね!


この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします