授乳・母乳・ミルク

母乳外来で学んだ乳腺炎に効果的な対処法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

妊娠中に陣痛の痛み、出産に伴う痛みについては誰もが教えてくれて、妊婦さんならだれもが気にしていることだと思います。

しかし、出産の痛みは喜びと共に日々薄れていきますが、育児が始まり、本当に悩まされるのが乳腺炎。

産後乳腺炎による痛みはとてもつらく、母乳育児を続けていきたいと思っているのに気持ちが折れそうになってしまうこともあると思います。

ここでは乳腺炎について、どのような対処法があるのか紹介していきたいと思います。



起きてからではなく、起こらないように予防するのが重要!

乳腺炎は起こってしまうと乳房の激痛、赤くなる、高熱が出る、赤ちゃんがおっぱいを飲みたがらないなどたくさんのトラブルが誘発されます。

乳腺炎の一番の改善方法は、赤ちゃんにたくさんおっぱいを飲んでもらうことです。

しかし熱が出ていると授乳をするのは辛く、おっぱいの味も悪くなり、赤ちゃんも飲みたがらなくなります。こうなってしまうと悪循環で、治るのに時間がかかります。

乳腺炎にならないためには正しい授乳方法を実行できているかによってかなり発生する頻度は減るのではないかと思います。

正しい姿勢で授乳をする

授乳をする際、背筋を伸ばし、胸を張り、赤ちゃんのお腹とお母さんのお腹がくっつくようにしっかり抱きます。

背筋が伸びていないと肩こりの原因になります。

肩こりが悪化することにより、乳房の周りの筋肉や肩甲骨周りの筋肉が固くなることによって、循環が悪くなりおっぱいの出が悪くなる、さらに詰まる原因になり乳腺炎を起こす可能性がでてきます。

赤ちゃんのお口を確認する

産まれたばかりの赤ちゃんの口は小さく、乳首をくわえるのは大変です。でも初めて育児をするママも授乳は初めてのこと。お互い初めて同士、できなくて当然。

焦らずにお互い正しい方法でできているのかその都度確認しつつ行うことで、反復練習になり、スムーズにできるようになっていきます。

赤ちゃんの口はアヒルの口になるように大きく開くように乳首で唇を刺激、大きな口が開いた瞬間に乳首を口の中に入れます。

大きな口で吸うことができていないと、乳首の痛み、乳首が切れてしまうなどのトラブルにつながります。また均一に乳首に圧がかからず、乳腺がつぶされ詰まる原因になります。

食事は和食を心がける

妊娠中に食事はかなり制限されてきたと思いますが、授乳中ももうしばらく制限が必要です。

甘いものを食べすぎたり、香辛料が強いものを食べるとおっぱいの味も甘かったり、しょっぱかったりとママの食べたものによって味が変わります。

甘いものや乳製品など食べ過ぎると詰まる原因になります。

和食はとてもバランスよく栄養が補充でき、良質なおっぱいを作るには適しているので、基本和食中心の生活をすると今後の離乳食の導入にも役立つので一石二鳥だと思います。

それでも乳腺炎になってしまったら

上記のことに注意し実行していても起こってしまうのが乳腺炎。乳房の痛みはすぐに気づくと思います。

まず思い当たる原因があったかどうかを振り返ってみてください。

食べ物によるものなのか、冷えや疲れによるものなのか、授乳の姿勢に問題があったのか。再度乳腺炎にならないためにも原因を明らかにしておくことはとても重要です。



おっぱいが真っ赤で痛い場合の対処法

乳房が熱を持っている場合にはその部位を冷やすとよいでしょう。

アイスノンや氷など使用すると冷えすぎてしまうので、キャベツ湿布を使用するといいと思います。

購入したキャベツをきれいに洗いそのまま熱を持っている部位に張るだけです。授乳するたびに張り替えるといいと思います。

高熱が出て辛い場合の対処法

軽く詰まってしまったならば、ひたすら飲んでもらい、痛い部位を冷やすなどの対応でもいいと思いますが、乳腺炎により熱が出てしまった場合にはとても授乳どころではないですよね。

授乳中に飲める薬は限られていますが、葛根湯やイブであれば内服可能です。

葛根湯は血液の循環を良くするため熱が出ていなくても詰まり気味だと判断した場合には内服してもいいと思います。

イブは痛みや、熱を下げるのには効果があります。39度近く出る場合もありますので、寝込んでしまうようであれば、解熱剤を使用するのも一つの方法だと思います。

対処方法以外でできること

起こってしまった乳腺炎に対して治すためには日頃の行動を見直すことも重要です。

授乳時の赤ちゃんの抱き方

いつも同じ抱き方で授乳をしていることで同じところばかり吸われ十分に吸えていない乳腺から詰まってくる可能性があります。

乳腺炎を起こしたと思った場合には横抱き、フットボール抱き、たて抱きと色々な方法で飲んでもらうことで、普段飲み残していた乳腺のところや飲めていなかったところ、詰まってしまったところからも上手に赤ちゃんが飲んでくれ、改善につながります。

授乳時の赤ちゃんの抱き方

授乳時間は左右5分ずつを2セットでいいと思います。

長すぎてもおっぱいはただしゃぶっているだけで、おしゃぶりの代わりになっていることもあります。長い時間吸っていることで、乳首の傷、乳腺のつぶれから、乳腺炎になることも。

適切な時間内で授乳しましょう

それでもどうしようもないときは

上記のことを試しても、何をしてもどうしても改善しない時があります。

その時は助産師さんの力を借りるといいと思います。

母乳外来に行き普段の授乳方法や、悪循環になっている原因など発見できると思います。

素敵な母乳育児を

自分で対処できることには限りがあります。

乳腺炎は起きてからでは本当につらく、母乳育児がつらく感じるほどのトラブルです。

起こらないように、普段から気を付けて行動することで、乳腺炎を起こさずに母乳育児を楽しく続けていけると思います。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします