出産

出産は満月の夜に多い神秘的な理由とは?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

昔からよく満月の夜は出産が多いと言われますが、本当なのでしょうか?

実際、助産院にあるカレンダーには必ず月の周期カレンダーが貼られていると聞いたことがあります。月の満ち欠けと出産は本当に関係があるようです。

では、どうして満月と出産は関係があるのでしょうか?そしてどんな、神秘的な理由があるのでしょうか?



女性の体と月の深い関係

月経周期と月の周期はほぼ同じ

私たち女性には毎月月経があり、その周期はだいたい28日周期です。

この周期と実は月の満ち欠けの周期とがとても似ています。

月は新月から満月になるまでだいたい29.5日と言われています。

そんな周期が似ているというだけで、なんだか神秘的に感じますよね。

満ちて、排出するリズムは女性特有

女性の体の中では毎月卵子をつくり、妊娠しなかった卵子は排出されます。

そのときにおこる現象が月経ですが、そういった何かが作られ、満ちて、そして排出されるリズムは月の満ち欠けとほぼ同じリズムです。

男性とちがって女性の体には四季のようなものが存在し、自然のもの、つまり月などの影響を受けやすいと言えます。

新月→満月

月の大きさが満月に向かって大きくなっていく→体は様々なものを吸収しやすくなる

つまり、この時期は栄養分を吸収し、太りやすく、ダイエットには不向きな時期と言えます。

満月→新月

月の大きさが新月に向かって小さくなっていく→体から余分なものが排出されやすくなる

つまり、栄養分を吸収しにくく、ダイエットに向いている時期と言えます。

満月が近づくと妊娠しやすくもなる

新月から満月に向けて体は妊娠に備え、栄養や水分を蓄えていきます。

そのために再び満月から新月に向かう期間は妊娠しやすいと言われます。

その期間は体から余分な毒素が排出されるため、新月の日に排卵が起こることが多くなります。

そして、空っぽになった体が妊娠に向けて栄養や水分を蓄えていくのです。

そういった変化も月の満ち欠けと密接に関係していると言えます。

月は海の潮の満ち引きにも影響している

月の満ち欠けは人間だけでなく海にも影響を与えています。

潮の満ち引きも出産に深く関係があると言われているように月と潮の満ち引きも深く関係しています。

潮の満ち引きは月のもたらす引力によって起こります。

月はだいたい1日かけて地球の周りをまわるため、12時間ごとに潮の満ち引きがかわることになります。



大潮=満月と新月

干潮の差が最も大きい「大潮」のときが満月と新月のときと重なります。

この大潮に向かって陣痛が強くなるために出産が満月の日に多くなる。

というのが言い伝えの元になっていると言えます。

つまり満月だけでなく、新月の日にもお産が多くなると言えます。

満月だけでなく、新月にも強い影響力

満月のときと同じように新月のときも出産に影響する力はあるようです。

新月はこれからスタートする始まりを表し、満月と同様に出産に影響力があると言われています。

月には自然の力があふれているようですね。

満月の出産は安産になりやすい

大潮のときは自然と陣痛が強くなるため、自然とお産も進み、安産になりやすいと言われていますが、逆に小潮のとき、月でいうと半月のときは、なかなか陣痛が強くならず、お産にも時間がかかってしまうと考えられています。

満月の光が赤ちゃんには見える?

きっと赤ちゃんも満月の光がみえるのでしょうか?

満月の光に導かれて、生まれてくるなんてとても神秘的ですね。

いかがでしたでしょうか?

出産は奇跡の連続です。

そんな月と海と命の関係はきっと深くつながっているのですね。


【電気代をもっと安くしませんか?】
業界初基本料0円の料金体系で年間1万円以上安くなるかも!(loopでんきPR)



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします