産後

産後の女性を襲うガルガル期って知ってる?我が子を夫にも触らせたくない衝動はなぜ起きる?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

女性は出産と言う人生最大と言ってもいい大きな仕事を終えた後、様々な変化が起こります。

その一つに「ガルガル期」というものがあります。

ガルガル期を上手に乗り越えた夫婦はその後定年を迎えた年齢になってもずっと仲の良い夫婦でいられるそうです。

女性にとってそして、男性にとっても大切な産後のガルガル期についてお話したいと思います。



そもそも「ガルガル期」ってなに?

ガルガル期とは、産後、急激に変化するホルモンバランスに体が付いていけなくなり、起こると言われています。

イライラしやすくなったり、赤ちゃんの親でもある旦那さんですらイライラの対象になり、細かいことでも気に障ります。

人によっては旦那さんが赤ちゃんを抱っこすることすら不快に思う母親がいるそうです。

具体的に言うと、猫の手も借りたい状態の時でも赤ちゃんを誰にも抱っこしてほしくない状態のことをいいます

赤ちゃんが取られてしまうという感覚に見舞われるそうです。

ライオンの母親が子供を敵から守るさまにたとえ、「ガルガル期」という名前が付いたと言われています。

ホルモンのバランスの変化が原因

女性の体に大きな影響を与えるホルモンですが、妊娠出産を機に具体的にはどのように変化するのでしょうか?

妊娠期は黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌が増加

プロゲステロンは赤ちゃんが成長しやすいように子宮内の状態を整えて胎盤を完成させるためのホルモンであると同時に、流産を防いでくれます。

妊娠初期にはこのホルモンは非常に重要な役割を果たすのです。

妊娠期のもう1つの重要な女性ホルモン「エストロゲン」の分泌の増加

妊娠を良い状態で継続させるために、胎児の大きさに合わせて子宮を大きくしたり、母乳を作るための乳腺の発達させる重要なホルモンの1つです。

産後、一気にホルモンが減少する

産後、一気にこれらの「プロゲステロン」と「エストロゲン」の女性ホルモンが一気に減少します。

そのため、ホルモンバランスが崩れ、心身ともに「ガルガル期」などのトラブルが発生すると言われています。

「ガルガル期」のママたちの声

では実際ガルガル期を経験したママたちの声を聞いてみましょう。

どういった感じなのでしょうか。

5ヵ月の男の子のママです 。
子供を触られたくない、預けたくない、という気持ちが強く悩んでいます。
他人だけではなく、義両親、実両親にすら。 産後そういう気持ちになるのは聞いたことがありますが、一向に落ち着きません… 元々は、実両親はもちろん、義両親も大好きで、いつまでもこんな気持ちでいるのが本当に申し訳なくて。 似たような気持ち経験した方いないでしょうか? どうしたら、こんな気持ち無くせるんでしょうか…

出典:http://tell-me.jp/q/104714

母親になった証拠と思い、悩まないことが大切

産後、多くの女性が経験する気持ちの1つに「子供を誰にも触らせたくない」などの気持ちがあります。

そんな時は自分の気持ちに反すると、産後うつに陥り、急に涙が出てきたり、体調を崩してしまったり、母乳がでなくなったりしてしまうかもしれません。

徐々に産後はホルモンの変化に順応してくるので、ゆっくりとした気持ちを心がけ、甘えたくなったら、身近な人に甘えるようにすればいいと思います。



「ガルガル期」を乗り切るための秘訣

そんなイライラした時期もいつかは終わります。

その時期を上手に乗り切るための声をご紹介します。

イヤなことあったら吐き出すのがいいと思います!共感してくれる方たくさんいますよ!

出典:http://mamari.jp/item/264170

そうですね、イライラしてしまうのは、自分が未熟だからとか、自分が悪いからなどとなやむママさんたちは多いようですが、そうではなく、前向きに「イヤなことは言葉で吐き出す」ということがとても大切です。

旦那さんにぶつけることで、旦那さんもママの変化に気が付き、心を寄り添って親身になって見守ってくれるはずです。

子育ては一人でするものではなく、夫婦でするものという考えを忘れずに、不満はためずに吐き出しましょう。

いかがでしたでしょうか?

新しい家族を迎え、誰もが不安なはず。

そんなときこそ夫婦でしっかりと向き合うことが大切だと思います。

そんな時期もあったねと笑って話せる時期がくることを信じ、乗り切りましょうね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします