出産 妊娠後期 妊婦の健康・食事

予定日になっても陣痛こないけど大丈夫?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

いよいよ臨月!さぁ早く来い陣痛!!赤ちゃん出てこーい!!…なーんて思っていても、思うように来てくれないのが陣痛。

今か今かと待ちわびて、気づいたら今日は予定日。そして何もなく予定日も過ぎていく…。

となると、予定日を過ぎたのに陣痛が来ないって大丈夫なの?赤ちゃんお腹の中でどうなってるの?どうして出てこないの?



まず知っておきたい、予定日のこと

出産予定日は、妊娠40週0日。

対して、正産期(正期産)という言葉も聞いたことがあると思います。

これは妊娠37週以降、42週未満のことを指しています。

出産予定日は丁度この正産期の真ん中あたりですね。

正産期に生まれれば問題はないとされているので、出産予定日を少し過ぎたぐらいなら大丈夫なんですよ。

どうして陣痛が来ないの?

単純に出産予定日の計算が間違っていることも考えられます。

あとはストレスや緊張感が原因となっている場合、体重が増えすぎてしまった場合、強い冷え性の場合、高齢出産の場合、陣痛が遅れやすいとされています。

また元々の体質から子宮の収縮機能が弱く陣痛が起こりにくいという人もいます。

お腹の中の赤ちゃんの様子は?

子宮や胎盤、羊水といった赤ちゃんを守り・育てる環境は妊娠38週頃に最も機能が高まり、それ以降は段々と低下していきます。

妊娠41週頃までは胎盤が正常に機能しているので、赤ちゃんにトラブルが起こる心配もありません。

これは妊娠42週を過ぎると≪過期妊娠≫≪過産期≫などと呼ばれ、羊水の減少・胎盤の機能低下といったトラブルが起きやすくなります。

こまめの健診で赤ちゃんの様子をチェック

万が一赤ちゃんの心音や羊水の量・胎盤の機能に変化があった場合に対応できるように、出産予定日を過ぎると健診も頻回になっていきます。

もしも赤ちゃんに異常が見られるようであれば陣痛促進剤を使い、早く赤ちゃんを出してあげる必要があります。

予定日を過ぎても陣痛が来ない場合の医学的な方針

医学的には、妊娠41週0日までは特に異常がない限りは特別医学的な処置はしない、とされています。

自然に陣痛が来るのを待つということですね。

ですが実際には病院の方針や設備の問題、本人の希望などにより色々なケースが考えられます。

陣痛促進剤を使用

この場合、子宮口が熟化(柔らかさ・開口度・児頭下降度)が大切です。

子宮口が開かないと赤ちゃんは外に出ることができません。

陣痛を起こしたところで外への出口が閉じていては仕方ありませんからね。

陣痛促進剤・子宮頚管拡張剤を使用

子宮口が硬く閉じている場合には、陣痛促進剤と合わせて吸湿性頚管拡張材(ラミナリア、ダイラパン、ラミセル)、子宮頚管拡張バルーンなどを用いてお産を進めていきます。

帝王切開

陣痛促進剤などを使わず、トラブルを回避するために帝王切開での出産となるケースもあります。

特に妊娠42週を過ぎても子宮口の熟化が不十分な場合には、帝王切開を検討することになります。



陣痛を促す方法

妊娠37週を過ぎれば、赤ちゃんはいつ出てきても大丈夫。

早く赤ちゃんに会いたい!と思っている人はぜひ試してみてください(くれぐれも37週以降に行うようにしてくださいね)

①軽い運動

スクワットや階段の昇り降り(特に下り)、床掃除、ウォーキングなどは陣痛を促す運動として有名ですよね。

これは運動することで骨盤周りの筋肉がほぐれ、骨盤の開閉がスムーズになるから、骨盤が開けば赤ちゃんも下に降りていきやすく、安産にも繋がります。

あまり強いお腹の張り感がある時には無理せずに休んで様子を見ながら行ってくださいね。

②ラズベリーリーフティー

安産に欠かせないハーブティーと言われているのが、このラズベリーリーフティー。

子宮収縮を促す効果があるので、結果として陣痛を促進するとも言われています。

他にも子宮口が柔らかく開きやすくなる、出産時の出血量を抑えることができる、産後の子宮の戻りが良くなる、などいいことだらけのハーブティーです。

③ツボ押し

陣痛が起きやすくなるツボに≪三陰交≫というものがあります。

これは足の内側のくるぶしの出っ張ったところから指4本分上、ちょっとくぼんだところにあります。

この部分を刺激することで陣痛が促されるといいます。また、陣痛の痛みも緩和されるとか。

また、鍼やお灸も効果があると言われています。

④医師が行う卵膜剥離術

産科の医師が子宮を刺激して陣痛を促すのがこの卵膜剥離術。

その名の通り、赤ちゃんを包んでいる卵膜を子宮壁から少し剥がします。

とっても痛いそうですが、その刺激によって陣痛が起こり、出産に繋がるケースは多いようです。

赤ちゃんのペースを待つことも大切

陣痛が来ない、予定日過ぎたのに産まれないとなると不安になることもあるかも知れません。

でも実はお腹の中で赤ちゃんは『ママのお腹の中気持ちいいからまだ出たくないよ~』と思っているのかも??
そう考えるとちょっとほほえましいですよね。

お医者様の判断にもよりますが、赤ちゃんが元気にお腹の中にいてくれるのであれば出てくるのをのんびり待ってあげるのもいいと思います。

この記事を書いたママ

mico

1歳の息子(別名:怪獣くん)相手に日々奮闘中。息子のおもちゃやら服やら色々作るの好きです。でもO型だから見えないところは大ざっぱ(笑)


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします